2014/10/01-03 燧ケ岳、至仏山へ(1/2) -大清水~燧ケ岳~見晴-

画像

今春、 nonboさんとの山年度計画に上がっていたが
、登山道の崩落で見晴コースが歩けなくなっており
、来年へ計画をずらせるつもりであった。しかし復
旧するのが長期化しそうな気配、ふとツアー案内を
見てみるとこのツアーまだ満席で無く、急遽出かけ
る気になって nonboさんと相談、参加した。参加申
し込み後に台風が発生、心配したが、3日間天気に
恵まれ、紅葉の燧ケ岳、至仏山、尾瀬沼、尾瀬ヶ原
を満喫できた。

燧ケ岳_柴安嵓<2356m>、燧ケ岳_俎嵓<2346m>、至仏山<2228m>、
小至仏山<2162m>
35.4Km +2452m -2050m 1日晴、2日晴、3日晴
メンバ:毎日のツアー参加

3日目はこちら!!

<初日>大清水~長蔵小屋
大清水10:55→11:52一ノ瀬休憩所11:59→12:24岩清水12:30
→12:57三平峠13:05→13:19三平下13:30→13:46長蔵小屋
晴 7.7Km +560m -115m

朝、新宿をバスで出発、大清水で食事をしてから出
発。車が通れる林道を緩やかに登って行く。約1時
間、木々の先端部が少し黄色になってるなと思うぐ
らいの紅葉の中を歩いて行くと一ノ瀬休憩所。軽食
が食べられる。登山道に入るとすぐに紅葉のトンネ
ルのような場所を抜けで沢沿いを進む。赤い紅葉の
葉っぱが幾分多くなり、シャッターを押す回数が段
々増えていく。小さな滝が見え、木橋で沢(冬路沢
)を渡り、歩きやすい階段道を登って行くと岩清水
、美味しい水だった。その上がちょっとした広場風
で視界が広がり、前に見える山肌はいい紅葉だった
。休憩後九十九折れぽっく登って行くが、歩き易い
。標高1700m程で尾根に出ると上はガスってるが、
紅葉は益々がすばらしくなった。木道が多くなり、
20分程で三平峠に到着、標高は1762mとあった。三
平峠からはなだらかに下り始める。少し行くと木々
の間に湖面が見え隠れ、三平下の尾瀬沼山荘に到着
。そこからの眺めは尾瀬沼の先に燧ヶ岳見える場所
であり、静かな湖面に映る燧ヶ岳が撮れそうであっ
たが山頂に雲がかかっていて、ちょっと残念だった
。しかし、あそこに明日は登るのだと思うと、少し
ワクワク!ここから宿泊地の長蔵小屋へは湖面を左
に見ながら、紅葉を楽しみながらの、のんびり木道
歩き、20分程で到着した。紅葉のわりには宿泊者少
なく、お湯にも入れゆっくり出来た。

10:59 大清水登山口
画像

11:52 一ノ瀬休憩所
画像

12:04 沢沿いを進む
画像

12:09 見事な紅葉
画像

12:27 向うの山肌も紅葉
画像

12:31
画像

12:40 標高1650m付近の尾根
画像

13:19 三平下 尾瀬沼山荘
画像

13:27 明日登る燧ケ岳バックに
画像

13:33 草紅葉が綺麗
画像

13:47 長蔵小屋到着
画像

5:09 長蔵小屋食堂
画像


<二日目>長蔵小屋~長英新道~燧ケ岳~ナデッ窪~見晴
長蔵小屋6:53→6:57沼山峠分岐→7:08長英新道分岐
→7:20休憩7:24→7:48一合目→8:09二合目→8:21三合目
→8:33四合目→8:42五合目8:55→9:01六合目→9:11七合目
→9:20尾根9:27→9:33ナデッ窪分岐・八合目→9:44九合目
→9:54俎嵓9:58→10:11燧ケ岳_柴安嵓10:17→10:30俎嵓10:51
→11:04ナデッ窪分岐・八合目→11:22休憩11:28→12:08休憩12:14
→12:47沼尻休憩所13:10→13:26白砂田代→13:51休憩13:57
→14:11イヨドマリ沢→14:24見晴新道分岐→14:34見晴
晴 13.5Km +891m -1126m

尾瀬沼の朝は、見たいと思っていた湖面に霧がたた
ずんだ景色を見ることが出来た。霧の中に浮かぶ燧
ヶ岳が水墨画のような雰囲気から、日の光で少しづ
つ景色を変えて行く。湖面に映る紅葉も霧との光の
刻々の変化の中で、声が出てしまいそうになる風景
に変わる。いい時間を持てた。バンザイ!食事を済
ませ出発する頃には日もすっかり上がり、沼の草紅
葉が黄金に色付いた。素晴らしい。風景を楽しみな
がら燧ケ岳へ向かう。長英新道に入りてからは樹林
の中を歩く。入って30分ちょっと歩いて突然一合目
の標識、新しい感じだ。心配した泥濘も無かった。
二合目、三合目、良く整備されて歩きやすい。頭上
の木々の間からは青空とダケカンバの紅葉、山頂の
展望が楽しみである。四合目を過ぎると樹木が低く
なり時折尾瀬沼も見える。六合目あたりは紅葉まっ
さかり、山頂付近も見え、森林限界も近い。七合目
を過ぎると笹原の道、遠く雲海の上に日光白根山が
よく分かる、左手のちょっと低いが大きい山が平ヶ
岳だそうだ。結構近いなあー。一登りして尾根に飛
び出ると絶景、ミノブチ岳の端になるのかな?沼も
見え、日光連山の山々が雲海の上に顔を出している
。俎嵓も青空の中。5分も歩くと8合目、ナデッ窪
分岐下りはここからナデッ窪を下る。左手の山を巻
ながら進んで行くと目の前に俎嵓がそそり立ち、左
手奥にこんもり丘みたいな山が、これが燧ヶ岳の柴
安嵓のようだ。ちょっとガレた坂を100m程一気に詰
めると俎嵓、標識は無く、祠があり先行者が休憩し
ていた。希望者だけが柴安嵓へ行くことになりザッ
クをデポして出発。一気に下り、一気に登る。15分
かからずに到着。立派な表示があった。写真を撮り
、俎嵓へ戻り休憩。下山はナデッ窪コース、最短で
あるが難路とかちょっと心配したが、傾斜がきつい
だけでそう悪い道とは思えなかった。ただ沼尻が見
えてから結構長かった。沼尻からは約1時間半、ハ
イキング気分で紅葉楽しみ宿泊地見晴へ。ここでも
風呂が使え、夕食までの間デッキでちょい宴会。夕
食後も盛り上がった。


5:24 朝靄の燧ケ岳
画像

5:41 尾瀬沼の朝
画像

6:54 燧ケ岳
画像

6:55 尾瀬沼
画像

7:43 長英新道を行く
画像

8:21 三合目
画像

8:39 四合目と五合目の間
画像

9:24 尾根から 下に尾瀬沼 遠く日光白根山 男体山も
画像

9:25 平ヶ岳
画像

9:26 俎嵓
画像

9:39 あれが燧ケ岳_柴安嵓
画像

9:46 俎嵓への最後の登り
画像

10:01 俎嵓から柴安嵓
画像

10:14 燧ケ岳_柴安嵓にて
画像

10:20 柴安嵓からの下り 前方俎嵓
画像

10:40 俎嵓の山頂にて
画像

11:04 ナデッ窪分岐
画像

11:14 ナデッ窪 下ります
画像

12:48 降りて来た燧ケ岳
画像

12:24 木道
画像

14:11 イヨドマリ沢
画像

14:17 赤い紅葉
画像

14:24 見晴新道分岐
画像

14:34 見晴到着
画像

16:13 第二長蔵小屋デッキにて
画像

画像


今回コース
画像

画像


3日目はこちら!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック