2014/11/07 矢倉岳、金時山へ -残念ながら富士山に会えず-

画像

ここの所、天気や別件で3週間ほど山歩きが出来ずに
居た。shima さんから冬ごもり?のメールがあり、そ
れをきっかけに矢倉岳、金時山へ。金時山は久し振り
だ。天気予報は晴れで雪を抱いた大きな富士の姿を期
待して出かけた。電車の中から箱根の山の上に真っ白
の雪をかぶった富士が見え、期待通りと思いつつ新松
田からバスに乗り込んだ。矢倉沢BSで下車、歩き始め
る。今まで知らなかったが矢倉沢は丁度ざる菊祭りの
最中でここは菊園があり、1本の株に4000個ほどの小
菊が重なり合い、大きな丸い形を作っているざる菊が
盛りだった。白、赤、ピンク、黄色と色を組み合わせ
綺麗だった。柵のゲートを入ってからは急登りで半袖
なのにどっと汗が出る。久し振りの山なので足への負
荷が心地よい。途中は殆ど展望がなく樹林の間から時
に相模湾が見えるが、朝の時と違い雲が多い。山頂に
近づくと落葉樹が華やかさは無いが紅葉を初めている
。急登の道をを登り切り矢倉岳の山頂に立った時は、
金時山、箱根の神山は見えるが、残念ながら富士山は
すっかり雲の中、雪を被った姿は見えなかった。コー
ヒーを入れ休憩、次はかなり遠くに見える金時山へ。
矢倉岳からみると金時山へ続く尾根は紅葉が綺麗で山
の秋を感じた。矢倉岳から清水越まで一気に150m程下
る。前回もそうであったがスベリそうになった。清水
越からすこし傾斜緩くなり100m弱下ってからなだらか
に登って行く。40分程で万葉公園に着き、東屋で昼食
を取った。食後金時山へ向かう。ここからは4kmちょ
っとで200m上がるだらだら登り。富士山も見えず長く
感じた。丸鉢山(猪鼻砦跡)で休憩後、金時山への最
後の登り、250mを一気に上がる。梯子が12個、干支が
付いている。最後は猪。14時半に到着、曇り空で薄暗
く感じる。shima さん持参のやきとりで頂上ビール。
日差しが恋しい。30分程居て下山。芦ノ湖側の山肌は
いい紅葉、残念ながら日差しが無い。矢倉沢峠からの
下りで樹林に入るとかなり暗く感じる。16時に仙石へ
降り、バスで湯本へ。箱根湯寮で汗流し、反省会をし
て解散。なかなかいい紅葉の金時山であったが曇で鮮
やかさが欠けたのは残念だった。

金時山<1212m>、丸鉢山<962m>、矢倉岳<870m>
晴 13.5Km 1274m -866m 
メンバ:mkatsuさん、shimaさん

矢倉沢BS9:24→9:43ゲート→9:57水槽10:00→10:14休憩10:19
→10:37休憩10:42→11:04矢倉岳11:30→11:44清水越
→11:56鉄塔下11:59→12:18地蔵堂分岐→12:24万葉公園東屋12:47
→13:00足柄峠→13:14金時林道入口→13:28駐車場→13:47丸鉢山14:00
→14:06登山道→14:35金時山15:04→15:38矢倉沢峠→15:57登山口
→16:08仙石BS


9:31 矢倉沢のざる菊祭り
画像

9:44 ゲートの上
画像

9:58 水槽
画像

10:14  きつい登りです
画像

10:47 階段
画像

11:04 矢倉岳から金時山
画像

11:04 矢倉岳の祠
画像

11:30 矢倉岳にて
画像

11:32 リンドウ
画像

11:33 金時山への尾根の紅葉
画像

12:11 鉄塔下あたりからの矢倉岳
画像

12:47 万葉公園の東屋
画像

12:59 足柄峠 金太郎像
画像

14:01 尾根から見える金時山
画像

14:12 急登りスタート
画像

14:18 梯子
画像

14:26 下に紅葉
画像

14:41 金時山からの海
画像

14:58 金時山にて
画像

15:14 箱根の紅葉
画像

15:25 仙石原、芦ノ湖、大涌谷、神山
画像

15:35 明神への尾根
画像

今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック