2014/12/27 蓑毛から浅間山、聖峰へ

画像

20日忘年山鍋会をやる予定であったが当日だけ天気が
悪く中止した。そのやり取りの中でsno さんから「27
日予定が変わり空きができた丹沢のどこか行こう」と
誘いがあり出かけた。山には三週間以上出かけてない
ので、比較的楽な蓑毛から浅間山、高取山の案提示が
あってすぐにOKした。 snoさんとは5月の和名倉山以
来になる。蓑毛BSで降りたのは我々以外に一組、時間
が遅いためか以外だった。冬のきりっとした中支度を
してのんびり登り始める。ヤビツ峠への道と分かれ、
緩やかな坂道。2008年に1度この道を大山に登ってい
るが道の記憶が殆ど残ってない。14名の大人数だった
ので喋るので忙しかったのと混雑の頂上での煮込みう
どんの記憶は残っている。山にはその時その時で思い
出の趣が違うもんだ。大山分岐からはトラバース気味
に5分程歩くと蓑毛越へ到着。浅間山はそこから100m
程で登山道から左手のアンテナ塔方向に入って行くと
山頂。気にしてないとそのまま通り過ぎてしまう。浅
間山からはケーブルが設置された急坂を50m程下がり
ちょっと行くと無線局に出る。そこからの道は緩やか
な林道歩き、送電線の鉄塔付近からは富士山や箱根の
山々が眺められた。高取山までの間で唯一の場所だっ
た。送電線から5分程で大山古道の分岐、高取山への
鞍部でここから高取山へ100m程登り返す、階段が続き
結構辛い。登り切ってからは穏やかな道を行き、最後
ちょっと登れば高取山。アンテナ塔が立っている。少
し休憩して聖峰へ向かう。聖峰は200m程下るが結構な
急降下だ。聖峰の南斜面で風をよけ昼食、相模灘が見
ながら食べた。時間が早いので再び高取山方面戻り、
念仏山を経由して東海大学前のさざんかの湯へ向かう
ことにした。聖峰分岐への登りはやはりきつい階段道
登り切って今度は下り。30分程で念仏山に着いた。大
勢が休憩しており端でちょっと休憩。13時過ぎに善波
峠へ下り、弘法山方向に進むと丹沢山系が良く見え、
何時もみかん等売っている場所に、地図には東海大学
前に近い道が表示されており、この道を下ることにし
た。自興院の標識がある。あまり使われてないようで
薮ぽい、途中崩落しかけてところもあった。15分も進
むと舗装道に出て里山付近の感じになった。14時過ぎ
にさざんかの湯に到着。汗流し、反省会。久々の山歩
きで楽しかった。ただなんか今回は筋肉痛になりそう
な雰囲気、実際なってしまった。やはり3週間以上空
けると・・・。長く続けるには空けるとまずいなあと
思った。

浅間山<679m>、高取山<556m>、聖峰<380m>、念仏山<357m>
晴 13.7Km +928m -1192m 
メンバ: snoさん、mkatsuさん

蓑毛BS9:02→9:24休憩9:29→9:43大山分岐→9:49蓑毛越
→9:52浅間山9:58→10:09無線局→10:32送電線鉄塔
→10:37大山古道→10:56高取山11:02→11:05聖峰分岐
→11:26聖峰11:49→12:12聖峰分岐12:14→12:47念仏山12:56
→13:13善波峠→13:25自興院分岐→13:34舗装道→14:06さざんか湯


9:23
画像

9:41
画像

9:49 蓑毛越
画像

9:52 登山道から逸れて浅間山へ
画像

9:54 浅間山にて
画像

10:00 祠があった
画像

10:01 浅間山からの下り すべる
画像

10:07 無線局
画像

10:14 弘法山方向へ
画像

10:32 送電線から 富士山と箱根の山
画像

10:33 箱根の山
画像

10:36
画像

11:07 聖峰へ急降下
画像

11:49 聖峰
画像

12:49 念仏山
画像

13:26 自興院への道
画像

16:01 さざんかの湯から
画像


今回コース
画像

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック