2015/02/06 雪の金時山へ -夕日の滝から金太郎コース-

画像

wnabeさん が平日の休みで金時山に登ったことが無
いとの事で金時山へ出かけた。お供はイノシシ3人
組。前日丁度雪が降って下山後の箱根地区の交通機
関の心配をしたが問題なさそうなので決行。青空と
雪景色、風も無く暖かい中地蔵堂から出発。金太郎
の遊び石、生家跡、・・・振り返ると矢倉岳がすっ
きり、いい日になりそうです。歩いて行くとイノシ
シの皮が沢山干されていてびっくり!こんなに沢山
・・・、同じ干支なので・・・。夕日の滝は初めて
、雪景色で綺麗だった。分岐まで戻り雪の登山道を
歩く、気持ちがいい。樹木に残っている昨日の雪が
融けて落ちて来る。運が悪いと落下、”ワー!”と
声が・・・。でも樹林に差し込む光でキラキラと輝
いてる、綺麗!途中の東屋で休憩。少し先で足柄峠
への分岐になるが峠への踏み跡はなかった。ここか
らは沢沿いを数回渡河しながら進んで行く、傾斜は
穏やかで歩きやすい。やはり問題は樹木の雪の落下
。沢を詰めて最後に尾根へ取り付くところで100mほ
ど登る所がちょと傾斜が急だった。登りきるとまた
穏やかな歩きになり雪景色を楽しみながら丸鉢山(
猪鼻砦跡)へ。猪鼻砦跡手前でちょっと開けた場所
があり、金時山が見える。もうすぐだ。猪鼻砦跡で
ドカンとでっかい富士山と思っていたが・・・雲が
かかっていた、残念!休憩しながら雲取れるのを待
ったがダメ。ここから金時山まで約30分頑張ろうと
スタート。階段の急登が始まり、きつい。雪も着い
ており一ヶ所滑る所も、ガイドロープ等で慎重に登
った。金時山へ12時半頃到着、やはり富士は雲がか
かっていた。ベンチで昼食を取っている間に雲が取
れwnabeさん の初登頂祝ってくれたようだ。可愛い
猫も日向ぼっっこ、いい日でした。下りはアイゼン
無しで降りようとしたが、安全サイドで装着下山し
た。下りは日当たりのいい場所は泥田状態だったが
樹林の中は雪で、あまり汚れなかった。神社手前の
林道横断場所でアイゼンを外し、金時神社に参って
無事下山した。神社前のバス停で時刻を見るとすぐ
に強羅行のバス時刻、強羅に出て登山電車で湯本へ
戻り、駅前かっぱの湯で汗流し、小田原で反省会。
やはり雪の山は良い、また行きたくなった。


金時山<1212m>、丸鉢山<962m>
晴 8.9Km +1013m -748m 
メンバ:mkatsuさん、shimaさん、wnabeさん

地蔵堂BS9:35→9:51夕日の滝分岐→9:55夕日の滝10:00
→10:04夕日の滝分岐→10:24東屋10:33→10:36金太郎コース分岐
→11:44丸鉢山11:59→12:36金時山13:47→14:03金時神社分岐
→14:30金時宿り岩→14:34林道横断14:51→14:59金時神社
→15:09金太郎神社BS


9:34 地蔵堂
画像

9:40 金太郎の遊び場
画像

9:41 矢倉岳
画像

9:46 あれ!イノシシが・・・
画像

9:47 雪景色きれい
画像

9:58 夕日の滝で
画像

10:36 渡河
画像

10:42 落下雪を気にしながら
画像

10:51 再び渡河
画像

10:54
画像

11:39 尾根をあるく
画像

11:40 開けて金時山が
画像

11:53 丸鉢山(猪鼻砦跡) 残念富士に雲
画像

12:17 階段へ
画像

12:28 もう少しで頂上
画像

12:37 残念富士に雲が
画像

13:01 頂上の子猫
画像

13:03 姿現した富士と
画像

13:47 下山
画像

14:29 樹林の中は雪残って綺麗
画像

15:01 金時神社の鉞
画像

今回のコース
画像

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック