2015/05/07-09 奈良散策 -古木と自然の中の寺院-

画像

<7日>
お袋の様子見を兼ねて奈良に出かけた。珍しく近鉄を
使い奈良市内へ入った。大和西大寺からの車窓に平城
京址、緑の野原に大極殿が見え、やはり広いなあと思
った。食事後早々に猿沢池、興福寺周辺を散策。ライ
トアップされた興福寺五重塔に見入った。この五重塔
はどっしり、大きく綺麗で好きだ。

18:12 平城京址 車窓から
画像

19:35 興福寺五重塔 ライトアップ
画像

<8日>
今日の予定は、室生寺と長谷寺。朝食前に昨夜見た興
福寺へ向かう。人通りは少ないが道の掃除を至る所で
やっている。奈良の町が綺麗なのは地元の人の朝掃除
活動の為か・・・感心。歩いていると鹿がじっと見つ
める。不思議な感じ。朝の興福寺、境内は砂利を踏む
音が響く。東金堂と五重塔は朝日を浴びる前で静寂。
暫くすると徐々に朝日を浴び、赤みを帯びてくる東金
堂の屋根、屋根の一の鬼、二の鬼と五重塔の相輪が空
に引き締まってスッキリと見える。振り返ると南円堂
が朱色でちょっと華やかだ。猿沢池は・・・え!テン
トが張ってある!・・・なんだ!誰だ!・・・。仮金
堂付近ではお坊さん二人が仮金堂に向かってお経をあ
げている。読経のハーモニーが境内に響く。奈良の朝
、良かった。

5:29 鹿さん 怪訝に
画像

5:43 一の鬼、二の鬼と五重塔の相輪
画像

5:47 南円堂
画像

5:56 猿沢池  テントが・・・
画像

5:59 読経
画像

奈良から近鉄で室生口大野駅に到着、バスで室生寺へ
向かう。シャクナゲが有名で期待したが終わっていた
。女性の参詣が許されていたことから別名「女人高野
」と呼ばれている。奥の院までは結構長い階段が続く
。まず山門を入り金堂へ、建物は平安初期の建物で国
宝。なかには釈迦如来立像、十一面観音菩薩像の国宝
と重文の薬師如来、地蔵菩薩、文殊菩薩に十二神将、
すごい。弥勒堂にも釈迦如来坐像の国宝。ここで好き
になったのは杮葺きの金堂の屋根と十二神将。続いて
現れたのが国宝の五重塔、小さい!法隆寺五重塔に次
ぐ古塔だそうだ。四国八十八箇所に関係する石仏も可
愛い。ここから奥の院へ階段は続く。両側はりっぱな
杉木立、ゆっくり登って行くと、常燈堂を支える柱が
見え、すぐに奥の院。思ったより短かった。御影堂は
厚板段葺で見たの初めて。石造りの露盤が置かれてい
るのが珍しいそうだ。もと来た道をゆっくり降りたが
、秋も紅葉で綺麗だろうと思った。帰りに室生口大野
駅近くの磨崖仏を見るため大野寺に寄った。宇陀川沿
いの約30mの岩壁に高さ11.5mの魅力如来を線刻して
あった。


10:12 室生寺境内にクリンソウ
画像

10:13 シャクナゲ ちょっと残っていた
画像

10:42 金堂の杮葺き 綺麗
画像

10:43 五重塔
画像

10:44 ふくよかな石仏
画像

10:56 奥の院への階段
画像

11:10 御影堂は厚板段葺
画像

11:28 金堂の杮葺き うっとり
画像

11:29 金堂と青紅葉
画像

12:22 大野寺の磨崖仏
画像

次は長谷寺、昔一度来た記憶があるがよく覚えてない
。電車を降りてずっと下り、初瀬川を渡って参道を歩
いて15分。もう遅いかと思っていたがまだ牡丹が咲い
ていた。ここも階段、登廊を上って行く。これはちょ
っと記憶に残っていた。本堂では本尊大観音尊像春季
特別拝観が行われていて、拝観した。足元から見ると
声が出るような大きさ、これは!御足に触れてお祈り
をした。貴重な体験だった。ここも自然に中に溶け込
んでいる。


13:24 登廊
画像

13:35 牡丹
画像

13:38 最上部の登廊
画像

13:57 舞台
画像

13:59 舞台から
画像

14:00 本堂
画像

奈良に戻り楠木の巨木があると言うので飛火野へ出か
けた。ここも以前来たかどうかはっきりしない。夕暮
れ時で巨木があると言うことで鬱蒼とした森を想像し
ていたが、実態は違った。広々とした草原、鹿の群れ
が餌を食べている。陸軍の大演習が行われ、飛火野で
休憩をされた玉座の跡に植えられた楠木で樹齢約10
0年だそうだ。

18:31 クスノキ
画像

18:37 飛火野 鹿
画像

18:40 クスノキ 玉座の跡
画像

18:51 浮身堂
画像

<9日>
朝の散歩は東大寺、南大門。ここは修学旅行で記憶あ
るが早朝の静かな時は初めて。近所の散歩人と挨拶し
ながら・・・雰囲気が違っていい感じだった。食事後
メインの奈良豆比古神社へ。ここの古木「楠木」に会
いに来た。正面からは良く分からない。裏手に案内板
があり回り込むと・・・、あった。樹高30m、目通り
幹回り7.5m、土際幹回り12.8m、樹齢1000年以上。奈
良豆比古神社の歴史からして1300年以上も昔の出来事
、世の移り変わりを見て来た樟ノ木と説明書きがあっ
た。巨木、古木はすごい。なんとも言えぬ何かを感じ
る。この巨木もちょっと離れると存在が分からなくな
る。この感じからすると日本の山にはまだ知られてな
い巨木が一杯あるのではと思った。もう一泊して飛鳥
辺りを散策しようかとも思ったが今回はこれで帰るこ
とにした。最後に興福寺の阿修羅像に会うため興福寺
へ立ち寄ったが、外人の多い事。特に中国系、ゆっく
り見たいため団体をやり過ごし、やり過ごし。今回展
示方法が変わっており、ガラス越しでなく見やすかっ
た。阿修羅は中学時代から何故か引きつけられる。

5:36 東大寺
画像

5:42 南大門
画像

9:25 奈良豆比古神社近くの高札
画像

9:26 奈良豆比古神社
画像

9:37 奈良豆比古神社巨木 クスノキ
画像

9:38 
画像

昔から奈良と京都を比較して、奈良の方が好きなので
すが、今回ゆっくり回って見て奈良は自然が間近かに
あり、いろんなものが自然に溶け込んだでいるのが分
かった。おそらく、これが私の奈良好の所以であろう



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック