2015/09/15-16 穂高の展望台蝶ヶ岳へ -三股から上高地へ-

画像

Nハイキングクラブの蝶ヶ岳登山に参加させてもらっ
た。三股から長塀尾根で上高地へ歩くコース。蝶ヶ岳
は4回目になるが上高地へ下るのは初めてだ。蝶ヶ岳
から見る穂高連峰、槍ヶ岳は絶品で一番いい場所と思
われる。何回来てもいい場所だ。今回2日目昼から天
気が崩れる予報だったが帰りのバス時間まで雨は降ら
ず、参加者の日頃の行いが如何にいいかと皆で納得し
合った。一日目のスッキリした眺望と二日目朝のご来
光と雲海の穂高、槍。二種類の絶景楽しめて大満足だ
った。クラブの人達に感謝です。

蝶ヶ岳<2677m>、長塀山<2564m>
20.3Km +1647m -1420m 15日曇のち晴、16日曇 
メンバ:ingakiさん、oodtさん、kobaさん、mryaさん、
nishiさん、hashiさん、ikomaさん

<15日>
豊科駅→(タクシー45分 約@6000ー)→三股
三股駐車場7:05→7:19三股登山口7:23→7:34吊橋→7:43力水
→7:52恐竜7:56→8:42休憩8:51→9:00まめうち平9:05
→9:29休憩9:34→9:56蝶沢10:05→10:30休憩10:39
→11:29休憩11:35→11:44最終ベンチ11:49→12:09大滝分岐
→12:18蝶ヶ岳ヒュッテ
曇のち晴 6.8Km +1423m -48m

前日の松本行バスで新宿を出発し、松本市内のホテル
で前泊し一番電車で豊科駅に向かった。そこからはタ
クシーで三股に向かい、準備をして出発。林道を約30
分歩いて登山道へ。本沢に沿って河原っぽい道を歩い
て行く。吊橋が現れ、渡ってしばらく行くと力水の水
場に着く。下山時に通る時は有難い水だが、スタート
したばっかりなので素通り。ここからちょっと急登り
で有名な恐竜の場所へ。何回見ても似ているから不思
議。フユイチゴ、ツルリンドウ、ユキザサが赤い実を
付けている。ゴゼンタイバナも。この時期は花でなく
実が見られ違う面持ちだ。2時間ほどでまめうち平。
樹林の中の広場で休憩ポイント。まめうち平から少し
の間は傾斜緩やかだが傾斜が徐々に急になり始める。
登り切ってトラバース気味に沢を横切る所が蝶沢。標
高2500m蝶ヶ岳へ残り2.5Kmと表示されている。
アキノキリンソウとハリブキの赤い実が印象的だった
。ここからはガレた悪路の上り、歩き辛い。この辺り
まで来ると周りはちょっと紅葉が始まっているようだ
。またベニバナイチゴの大群生地のようで大きい赤い
実が出来ているが食べるにはちょっとまだ早いようだ
。山はガスって来て山頂からの展望が不安になってい
たが、最終ベンチで会った若い女性三人連れが「山頂
からの穂高方面は見事だ」と言ってくれた。早く着き
たい!大滝分岐まで来ると樹林帯を抜ける。明るい陽
射しと青空。紅葉も始まっているようだった。どんど
ん青空に向かって登って行く。遠くハイマツの先に何
やら△が・・・槍の穂先でした。それからは進むに連
れて山がせり上がってくる。槍から南岳、北穂が現れ
、進むに連れてドーンと穂高連峰と槍。北鎌尾根に喜
作新道、大天井岳、野口五郎岳も。穂高の左手には焼
岳、乗鞍岳の辺りも見えます。展望楽しみ昼食取っ手
いたら、急に寒くなり、蝶ヶ岳ヒュッテへ。ちょっと
暖を取ながら軽く一杯。15時過ぎに外へ出てみると雲
が増えているが日差しはあり、先ほどとは違った沸き
立つ雲が山に絡みつく様相。これも山だ!蝶槍の方向
を見ると紅葉している。手前の砂地に橙はウラシマツ
ツジかな?行かずに推測。でも紅葉だ!夕食17時半。
食後ヒータのある部屋で団欒、京都からの二人連れ、
大阪からの単独女性や香川からの男性・・・楽しく団
欒・・・大満足の一日だった。

7:19 三股登山口
画像

7:34 吊橋
画像

7:53 恐竜
画像

8:00 ツルリンドウ
画像

8:21 ゴゼンタチバナ
画像

10:00 蝶沢
画像

10:10 ガレた悪路
画像

10:52 はしご
画像

11:40 ガスってきた ちょっと紅葉
画像

12:09 大滝分岐 森林限界超えた
画像

12:18 せり上がってきます
画像

12:19 おー! 穂高連峰と槍です
画像

12:52 $回目の蝶ヶ岳山頂
画像

12:57 蝶ヶ岳ヒュッテ 遠く大天井岳も
 北鎌尾根、喜作新道
画像

15:07 蝶槍、常念方面 紅葉
画像

18:06 夕暮れ時
画像

<16日>
蝶ヶ岳6:46→7:02妖精ノ池7:05→7:31長塀山7:34
→7:53池→8:18休憩8:25→9:16休憩9:32→10:27休憩10:34
→10:46徳沢11:40→12:30明神12:41→12:51明神池13:20
→14:16河童橋
曇 13.5Km +224m -1372m

2日目天気はどうか不安な気持ちで外へ出てみると
、東は雲海の彼方に赤いすじ、ご来光は拝めそうで
す。昨日見えなかった常念岳も雲海の入り江に浮か
んでいるように見えた。日の出方向はメルトダウン
のような赤。反対の穂高、槍はほんのり赤くモルゲ
ンロートぽっくなった。下には薄ら雲海、澄んで底
の見える池から穂高連峰が飛び出ているような錯覚
に落ちる。来て良かった!食事に戻り6時半前には
出発準備を済ませ、全員集合。記念に一枚!全員の
満足顔が写っている!刻々と景色は変わり出発時に
は遠く御嶽山も姿を表した。最後の蝶ヶ岳山頂から
は薄ら富士山に甲斐駒、北岳、間ノ岳、塩見岳・・
・聖まで見えました。大満足で長塀尾根へ。紅葉が
始まり、オヤマリンドウが紫色で群生、名残惜しい
。妖精ノ池を通り、緩やかにアップダウンしながら
長塀山へ。長塀山へのちょっとの登りで少し足に負
荷を感じながら到着。展望はない。休憩して20分程
進むと池があり、その先から下り勾配が少しきつく
なり、またちょっとしたガレ道になった。標高2000
mほどのところでホシガラスが取ってきたハイマツ
の実を一生懸命食べてる姿が見られちょっと感動し
て見てたが、そのあと30分程下り標高1800m付近で
は、石が落ちて来たような音がして大きなハイマツ
の実が落ちて来た。幸い誰にも当たらなかったがビ
ックリすると同時に当たれば・・・。ヘルメット必
要か???都会のカラスは人を攻撃するがホシガラ
スも???そんあのとはないと思うが。徳沢手前は
益々傾斜は急だが九十九折れなので慎重に下れば大
丈夫。下っていくと建物の屋根が見え、やっと降り
てきました。4時間の長い下りは終了、後はのんび
り上高地へです。天気崩れる様子無く、徳沢でのん
びり。その後明神池へ周り梓川の右岸を河童橋へ。
食事後上高地から新宿行きのバスで帰宅した。今日
も良い一日でした。

5:05 朝です
画像

5:13 昨日見えなかった常念岳
画像

5:19 避けそうな空です
画像

5:20 穂高連峰がちょっと赤みを帯びて
画像

5:26 槍です 槍ヶ岳山荘の光もみえる
画像

5:30 奥穂に陽が
画像

6:27 全員で 穂高バックに いい顔で
画像

6:47 富士山 甲斐駒 北岳 間ノ岳 農鳥岳
画像

6:27 農鳥岳 塩見岳、悪沢、赤石、聖岳
画像

6:50 ハイマツを下ります
画像

6:56 オヤマリンドウ
画像

7:02 妖精ノ池
画像

7:32 長塀山にて
画像

7:53 池 ちょっと紅葉で綺麗だった
画像

10:15 事件になりかけたハイマツの実
画像

10:19 下ります
画像

11:52 徳沢の先の梓川より 大天井が見える
画像

14:49 残念、穂高吊尾根見えず 上高地にて
画像


今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック