2015/11/16 紅葉を味わいに陣馬山へ -温泉は・・・ミーテングOK-

画像

nonboさんからぼちぼち何処か行こうの誘い、私もそ
の気になってたところで、久々にイノシシ四人組で出
かけることになった。行き先がすぐに決まらなかった
が陣馬山から高尾へ歩き、出来たばかりの京王高尾山
温泉に入ることに決まった。朝中央線藤野駅に集合、
バスで和田へ。バス停付近から見える山の紅葉はいい
感じになっている。バス停付近が標高350m辺りだから
陣馬山辺りからの紅葉期待できそうである。今回は何
時もより一つ先の登山口から登ることにして車道を進
む。農家の軒先には干し柿が吊るされ秋の里山雰囲気
、茶畑もあり紅葉した森は昨日の雨で汚れが無く朝日
に当たり輝いている。いいなあー。生籐山への分岐を
過ぎるとすぐ右手に陣馬山登山口の表示板、九十九折
れに登って行く。展望が広がると生籐山から続く尾根
がはっきり。植林帯に入ると周りの華やかさから隔離
された檻の中を歩く感じ、ちょっと寂しく感じた。上
へ上がって行くと落ち葉が多くなり、サクサク、サク
サク。登山口から50分で尾根に合流、一休憩。そこか
らは一登りで陣馬山山頂。階段を上がり始めるとまた
展望が開け、生籐山、大岳山等奥多摩方面がすっきり
見えた。紅葉色!残念ながら南方面は雲がかかって富
士は見えず。ベンチに座り休憩。恒例の一口ビールで
喋っていると・・・なんと富士が姿を現した。下に雲
もたなびき、これもまた良し!一休み後はひたすら高
尾山へ堂所山、パス。景信山、パス。巻道、巻道!し
ゃべりながらひたすら歩き。ちょっとぬかるんでいる
場所もあったが歩き易い。13時前に小仏峠の上の茶屋
前に到着、昼食とした。食べながら「このまま歩くと
温泉到着はそれなりの時間になるなあー!」と。何時
ものように自然と「ここで小仏BSへ下山しよう」と予
定変更。今日の目的は「京王高尾山温泉とミーテング
」と大義名分があり即決!小仏峠に引返しバスへ。う
まく14時10分のバスに間に合った。バスに乗ってビッ
クリ。なんと昨年の11月比良山系の武奈ヶ岳で一緒し
たsawaさんが乗ってるではないか!こんなところで!
高尾山の方から歩かれたようで高尾山はやはり混んで
たそうでした。バスも混み始め、余り話すこと出来ず
、また我々は京王高尾へ向かうため高尾駅手前て降り
たのでそのまま別れる形になり、ちょっと残念だった
。また機会会えば一緒したい。高尾山口に着くとやは
り人は多い。温泉へ向かうが、温泉は入場制限中。こ
りゃあダメとすぐに何時もの高尾の湯「プロッピ」へ
向かった。いつもより空いてるようで、こちらはゆっ
くりできた。ミーテングでは来年は最低東北と槍に行
こうと言うことになった。頑張るぞ!イノシシ四人組


陣馬山<857m>
晴 13.0Km +738m -785m
メンバ:nonboさん、mkatsuさん、shimaさん

和田BS8:37→8:49生籐山登山口→8:50陣馬山登山口
→9:38尾根合流9:46→10:03陣馬山10:28→11:02奈良子峠
→11:10明王峠11:15→12:09景信山巻道分岐12:15
→12:45小仏峠→12:51小仏峠茶屋13:25→13:30小仏峠
→14:02小仏BS

8:38 和田付近の紅葉
画像

8:43 吊るし柿
画像

8:51 登山口
画像

8:58 紅葉の山
画像

9:57 陣馬への登り
画像

10:01 最後の階段 
画像

10:19 生籐山です
画像

10:20 奥多摩の御前山、大岳山が見えます
画像

10:21 山頂にて
画像

10:33 富士が頭出しました
画像

12:21 唯一見た花は リンドウ
画像

12:28 景信山を過ぎて 県央道、中央道と中央線
画像

12:52 小仏峠の上茶店から 相模湖
画像

14:07 ビックリでした
画像

今回コース
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック