2015/11/26 近つ飛鳥博物館、竹内街道歴史資料館へ 

画像

saiさんが近つ飛鳥博物館、竹内街道歴史資料館の企
画展へ出かけると言うので急遽一緒に出かけた。何時
もの朝一番の新幹線、最寄り駅の近鉄喜志駅には9時
12分着。10時前には近つ飛鳥博物館に到着した。見学
後、通常は喜志駅に戻り、再びバスで竹内街道歴史資
料館へ向かうのだが我々は歩いて行くことにした。お
かげで途中、二子塚古墳、推古天皇陵、小野妹子墓等
を見る事ができた。昔古市古墳群は歩いたことがある
が太子町を歩くのは初めて、一度来たいと思っていた
。最後は竹内街道を離れ聖徳太子御廟所まで歩きバス
に乗り喜志駅に戻った。

曇時々雨 7.4Km +143m -215m

近つ飛鳥博物館
平成27年度秋季企画展は「ワカタケル大王時代-
ヤマト王権の成熟と革新ー。雄略大王に関する企画
展。中国の宋に使者を送った倭の五王の武だと考え
られ、考古学的には実在した最古の天皇。以前埼玉
の行田・稲荷山古墳を見に行った時に見た、金錯銘
鉄剣の展示があったが一時嵌って色々見に行ったの
が懐かしい。近つ飛鳥博物館は一須賀古墳群の中に
あり102基の古墳がある。至る所に古墳が見られ
、はじめビックリした。大阪と奈良の境に連なる二
上山、岩橋山、葛城山、金剛山等金剛山地の西側の
小さい小山、昔は展望もよかったのかも?と。久し
ぶりに埴輪や銅鏡、装飾品と色々味わった。

9:41 二上山が見える
画像

9:53 近つ飛鳥博物館入口
画像

10:07 一須賀古墳群地図
画像

10:10 入口にて
画像

画像

10:40 埴輪
画像

10:42
画像

近つ飛鳥博物館から竹内街道歴史資料館
近つ飛鳥博物館を出る頃には雨が降り出したが想定
ずみ、教えてもらった道を二人で色々しゃべりなが
ら歩く。まずは推古天皇陵、30分程で古墳らしき姿
が見え、近づく。こんなところにあるんだ。方墳で
竹田皇子と合葬陵とか。そこから近くの二子塚古墳
(双方墳)を見て小野妹子の墓へ。ここは金剛山地
の端に位置する場所、高台にああった。小さい塚だ
が樹林が無ければ展望がよさそうだ。ここから竹内
街道へ向かう。昔の里の感じで適度に道は曲り、懐
かしい感じがする。竹内街道歴史資料館への道は石
が敷き詰められ整備されているが上へ続く坂道も昔
の街道を思わせる。推古天皇が使節を迎えるために
置いた大道、それ以前は二上山のサヌカイトを得る
ための道の説明があった。この先にある竹内峠は以
前2008年に二上山から葛城山へ歩いた時に通ってお
り、「・・・この峠を越えて飛鳥に大陸のものがも
たらされた・・・」とあった。

12:48 推古天皇陵
画像

画像

12:55 二子塚古墳
画像

13:10 マンホール
画像

13:16 小野妹子墓入口
画像

13:20 小野妹子塚
画像

13:39 竹内街道
画像


竹内街道歴史資料館から叡福寺・聖徳太子御廟所
聖徳太子御廟所へ寄ってから帰ろうとここも歩いて
向かった。六枚橋まで竹内街道を歩き叡福寺へ太子
役場前を通り向かった。やはりこんもりとした森が
あり、古墳だと分かる。叡福寺は多宝塔・金堂等々
ありりっぱな寺院だった。


14:38 聖徳太子古墳
画像

14:44 叡福寺
画像

14:49 金剛山地
画像

今回コース
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック