2016/01/21 雪の塔ノ岳へ 

画像

18日に雪になり平地でも雪が積もった。丹沢山系も雪
景色に変わり、やっと丹沢でも雪が楽しめる。すぐに
も出かけたいが24or25日に奥多摩の松生山を歩く予定
でちょっと我慢していたが、前日に予定が変わり中止
になった。途端に気持ちは雪の塔ノ岳へ傾き、朝意を
決して塔ノ岳へ向かった。相模線の車窓から雪景色の
丹沢山系が穏やかな青空の下に朝日が当たり始め、静
かな朝を迎えている。ひときわ蛭ヶ岳が白い。雪はど
の位あるかなーと思い、アイゼンの感触を思い出す。
大倉へのバス、遅いバスの為か登山姿は疎らだった。
大倉には全く雪は無い。準備をして出発。塔までの道
は、もう通い慣れた道、今回は一人なので気ままにの
んびり。見晴茶屋はトイレ工事で小屋前を通らない迂
回ルートになっていた。いつも見る光る相模湾は今回
見れなかった。見晴茶屋から階段を上がり、木道付近
までくると雪が少し残っている。一本松あたりで雪が
ボチボチあるなあーと思うぐらいになってきた。駒止
茶屋手前の階段はちょっと凍結、まだ階段は見える。
いつもは駒止茶屋あたりからアイゼン付けるが、なん
か雪少なそうでそのまま進む。駒止茶屋から堀山の家
の間は雪がない所も多かった。堀山の家から上も雪は
まだら模様。花立山荘前にも雪は無い。金冷し手前の
馬の背にも殆ど無い。結局雪らしい雪は塔ノ岳の手前
のみだった。それもまだ階段が少し見える程度。結局
アイゼンは使わず山頂へ着いた。山頂には大勢の、そ
れも今回は結構若い人は多いように思えた。今回も、
いい景色でした、年明けに見た富士は雪が少なかった
が今回は冬の富士山。こうじゃなくては美しさが半減
する。つらつらつらと南アルプスが聖岳から甲斐駒ま
でよく分かる。八ヶ岳も真っ白、権現、赤岳、横岳、
硫黄まで見える。大菩薩の白谷丸はやけに白い。やっ
と丹沢は冬になったようだ。風も少なく山頂で過ごし
やすい。ベンチで景色見ながら昼食、おにぎりとソー
メン。ここまで来て初アイゼンやらずに帰るのもと思
い、ちょっと丹沢方面に行くことにした。やはり裏(
丹沢方面はしっかり雪)アイゼン感触を味わいながら
下った。少しで引き返したが気分は良かった。今度は
早く出かけて来て丹沢山へ行こうと思った。山頂に人
も少なくなり、今日はここまで、1時間弱だが白い景
色を味わい、満足して下山開始。下りは駒止茶屋で残
ってたパンとコーヒーで休憩して大倉へ戻った。今回
は何時もなら泥田でスパッツ、靴がドロドロで降りて
来るのに、泥田のところが泥田になってなく、綺麗な
ままで戻ってきた。こんなことも初めて。雪が無いの
と有っても気温が低く凍ったままだったから。今年初
めての雪山、思ったより雪少なかったが、まあ楽しめ
た。

塔ノ岳<1491m>
晴 14.4Km 1303m -1296m
メンバ:単独

大倉BS8:06→8:29観音茶屋→8:44見晴茶屋→9:15駒止茶屋
→9:33堀山の家→9:52天神尾根分岐→10:15花立山荘10:22
→10:39金冷し→10:56塔ノ岳11:41→11:57金冷し→12:13花立山荘
→12:48堀山の家→13:05駒止茶屋13:18→13:43見晴茶屋
→14:16大倉BS

7:00 相模線から丹沢
画像

8:44 見晴茶屋
画像

8:50 見晴茶屋上の木道 雪まばら
画像

9:28 堀山の家手前 雪無し
画像

9:54 天神尾根分岐の上
画像

10:12 花立山荘の手前階段
画像

10:16 花立山荘
画像

10:31 花立ノ頭から塔ノ岳
画像

10:32 富士山です
画像

10:36 馬の背雪無い所も
画像

10:42 金冷しから先
画像

10:51 塔ノ岳へ階段
画像

10:54 相模湾
画像

10:54 塔への最後の階段
画像

10:57 塔ノ岳から
画像

11:06 昼食のソーメン
画像

11:20 権現 赤岳 横岳
画像

11:29 丹沢山 蛭ヶ岳
画像

11:39 塔ノ岳にて
画像

11:40 大山 表尾根
画像

11:41 箱根
画像

12:04 花立ノ頭から
画像

14:13 大倉の蝋梅
画像


今回コース
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック