2016/01/31-02/01 金沢散策と白川郷 

画像

2日間フリーな時間が出来たこともあり、どこか雪を
見に出かけようと言う事になった。角館or金沢・・・
最終的に金沢になった。かがやき509号で13時金沢
着。市内には雪は無い。市内見物は金沢21世紀美術館
からスタート。以前一度来ているが今回は人が多かっ
た。外人が多い。目新しいものは無かった。続いて加
賀本多博物館、石川県立歴史博物館と同じかっての陸
軍兵器庫跡の赤レンガ建物の中にあった。今まで知ら
なかったが初代政重は本多正信の次男で前田家に仕え
るまでの間までに奉公先を次々に変えている。波瀾万
丈の経歴だ。ちょっと興味を引いた。石川県立歴史博
物館は加賀藩の歴史がやはり大きいテーマ、一揆の時
代とのかかわり大きい。また昔縄文時代をに興味あっ
たときこちらに足伸ばしたこと思い起こされた。その
後は兼六園、金沢城を散策しながら駅方面へ歩いた。
雪の兼六園を見たかったが残念。夜はちょっとお酒と
金沢料理でいい気持ちになった。次の日はやはり雪が
見えるところと言うことで、白川郷へ出かけた。高速
バスで近づくにつれ、車窓は雪景色に。かなりの積雪
期待したが、残念ながら思っていたほどではなかった
。合掌造りは明善寺に入ったがやはり大きい建物だ。
以前行った全体が見える展望台は冬季通行止めで行け
なかった。ちょっと残念。最後合掌造り民家園に入っ
たがここはなかなかよかった。山間近くの為か雪もあ
り、人も少なく。どうしてこんな場所に人が住んだの
か?石器や土器の出土品を展示してあった。そのころ
からここに人は住んでいた。管理している人曰く、「
人は水と少しの土地と・・・があれば生きていける」
とか。しかしこの土地には塩がなくおじいさんの時代
には遠くへ買いに出かけたそうだ。人間は水と少々の
土地で食べ物作り、塩があれば最低限、生きていける
のだと・・・。しかし、近代化の流れと過疎化・・・
いろんな事考えさせられる。最後は金沢に戻って武家
屋敷界隈を散策帰途に着いた。短かったが密度濃い旅
だった。


11:38 浅間山
画像

12:20 日本海
画像

12:33 剱岳が見えると思うが・・・
画像

13:29 金沢21世紀美術館
画像

14:14 石川県立歴史博物館
画像

14:25 加賀本多博物館 展示 自詠カルタ
画像

14:49 石川県立歴史博物館 鶏形土製品 
画像

14:50 縄文土器 6000年前 文様が細かい
画像

15:02 民俗 物相飯
画像

15:41 兼六園
画像

15:47
画像

15:59 金沢城
画像

16:04 金沢城公園
画像

9:10 白川郷への車窓
画像

11:40 合掌造り民家園
画像

11:46 合掌造り民家園展示
画像

14:10 金沢 武家屋敷
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック