2016/02/12 雪の金時山へ 

画像

Nハイキングクラブの金時山山行に久しぶりに同行
した。昨年10月の天城山以来。新松田の駅前で待合
せ、地蔵堂行きのバスに乗車。車窓からは結構雪が
有るような景色、楽しめそう。だだ曇空で富士山が
見えるか?地蔵堂からのんびりスタート。思ったよ
り雪は無い。東屋を過ぎ、金太郎コース分岐から左
手へ。標高650mを越える辺りから雪がしっかり残っ
ている。沢を登って行く形になり、進んで行くと踏
み跡が少なくなり、ちょっと探す場面も出てきた。
昨年も同じ雪の時期に来ているがその時はすんなり
登ったので、今回はコース余り気にせず。また皆さ
んにくっついて行くだけのつもりだったのでGPS だ
け持参のお任せスタイル。しかし、踏み跡が不明瞭
になり途中からGPS 地図で道を歩くようになった。
地図には登山道が掲載されているが踏み跡がない。
ただ尾根を外さずに登って行く。足柄峠からの尾根
にぶつかるばずだ。最後ちょっと藪漕ぎになったが
踏み跡のある登山道に合流、丸鉢山に到着した。家
に帰り調べて見ると途中から右手の尾根に上がる道
を見落としたようだ。ただ我々は忠実に地図記載の
尾根を上がっていた。昔使っていた道なのかな?バ
リルートの感じで楽しかった。丸鉢山からは平坦な
雪道を最後の急登が始まる場所までゆっくり。階段
が始まると、後30分の我慢の登りだ。ガチガチに凍
ってないのでアイゼンは付けずに頂上まで行くこと
が出来た。頂上はガスって吹き曝し、風が強く外で
食事どころではない。急遽金時娘小屋へ避難、きの
こ汁を頼んで小屋中で食事を取った。金時娘さんが
居て、温かい大きなキノコの入った味噌汁を作って
くれ、美味しかった。下りは仙石原へ下るが、念の
ためアイゼン装着。最初は凍結してたがすぐ雪はな
く、やはり南面。北面との差は歴然だった。途中泥
田状態に場所もあり、1時間程で登山口に到着。最
後は車道のトイレ脇で泥を落として、仙石BSへ。バ
スは中国の観光客が多いようで、満員。湯本まで乗
車、なつかしのカッパの湯で汗を流した。おばちゃ
んが居てエダマメ、とサツマアゲのつまみを出して
もらた。ラッキー!今後は事前に連絡するとつまみ
用意してくれる約束になった。流石、Nクラブやる
なあ!金時山の北面はそれなりに雪があり楽しかっ
た。

金時山<1212m>、丸鉢山<962m>
晴 8.9Km +1013m -748m 
メンバ:ingakiさん、oodtさん、mthaさん、nishiさん

地蔵堂BS9:31→9:46夕日の滝分岐→10:02東屋→10:07金太郎コース分岐
→11:20休憩11:24→11:35丸鉢山11:37→12:12金時山12:49
→13:24矢倉沢峠→13:44登山口13:48→13:55休憩13:59→14:06仙石原BS


9:31 地蔵堂スタート
画像

10:02 東屋 ちょこっと雪
画像

10:07 金太郎コース分岐
画像

10:20
画像

10:26 標高650m付近 しっかり雪が
画像

10:40 この手前に左手へ上がる分岐があったと思われる
画像

10:53 この尾根を進む
画像

11:06 
画像

11:11 藪漕ぎで登山道に出た
画像

11:27 丸鉢山へ
画像

11:35 着きました丸鉢山
画像

11:54 最後の急登
画像

12:04 よいしょ!ヨイショ!です
画像

12:32 金時娘小屋でキノコ汁
画像

12:46 強風の中 とりあえず山頂写真
画像

13:08 仙石原が
画像

今回のコース
画像

画像

間違った箇所  青が現在の登山道と思われる。(昨年登った時のログ) 今回の我々の軌跡は赤
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック