2016/03/17 御岳山から大岳山へ ー綺麗な富士、標高900mから少し雪ー

画像

関西からの帰り、新幹線の中で nonboさんからメールを受け取った。内容は「木曜日、どこか行く?大岳山?」。金曜から八ヶ岳方面予定だったので「うーん!」。状況が変わり、天気もいいと言うことで前日に急遽同行連絡。御岳駅で待合せてバスでケーブル駅へ。着いてみると「運休」の赤い文字、巻上設備の全面更新で3月末まで・・・。好きではない舗装道路を御岳山まで歩く事になった。この舗装道は初めて登った時
下りに使い、疲れた足に堪えた経験が有り、その後一度も使った事が無かった。仕方なく登ったが上の集落の生活道路も兼ねてるようで軽自動車が時折行きかう。約50分で登り切ったが結構な急坂だ。上はケーブルが運休の為か人は少ない。御岳神社にお参りして、さてこれからどうするか?日の出山へ方向転換し、つるつる温泉か?やはりここは大岳山へは行こうとになり大岳山へ向かった。雪は殆ど無い。綾広の滝の上部で
沢を橋で渡ってからの北斜面は流石に雪はしっかり残っていた。気温が高く雪が緩んでいるのでなかなか登りにくい。ゆっくり滑らない様に登って行く。標高は860m付近からサルギ尾根分岐の990mまでの150m弱の間が雪。その後は日当たりが良く、ぐっと雪は減る。岩場でちょと多い所もあるが慎重に行けば特に問題はなかった。11時半に大岳山荘に到着、神社に参拝して一気に山頂へ登った。気温が高い為かちょっと春霞ぽいが富士山ははっきり。大岳山は今回で5回目だがここまで展望があるのは初めてだ。丹沢山系は、大山、丹沢三峰、丹沢山、不動ノ峰、蛭ヶ岳、袖平山、檜洞丸、大室山、加入道山、ずっと来て御正体山まで。富士山から右は三ッ峠山、本社ヶ丸、御坂黒岳、滝子山、雁ヶ腹摺山、黒岳、小金沢山から大菩薩嶺、国師ヶ岳、甲武信ヶ岳あたりまではっきり見えた。こんなにいい展望の場所なのを初めて知った。やはり時期変え来ないといろんなことが見えない。これも山歩きの楽しみだ。結局帰り道は同じ道を帰り、早く河辺温泉へ行く事にした。やはり舗装道の下りは嫌だったが温泉の魅力の方が勝った感じだ。また、舗装道路を散策して落ちている枯れ葉の中から着生ランを採取していた年寄りが居て、その楽しみ方を聴き一度やってみたいと思った。久々の大岳山満足だった。

御岳山<1828m>、大岳山<1685m>
晴 15.5Km +1114m -1114m

メンバ:nonboさん

御岳山ケーブル駅8:42→9:49御岳山10:13→10:58サルギ尾根分岐11:01
→11:32大岳山荘→11:49大岳山12:30→12:46大岳山荘
→13:17サルギ尾根分岐13:20→14:04御岳山入口→14:58御岳山ケーブル駅

8:42 運休中のケーブル
画像

8:43 鳥居を抜けて
画像

9:19 舗装道路を登ります
画像

9:34 やっと上集落へ
画像

9:42 御岳神社へ
画像

9:50 御岳神社にて
画像

10:18 大岳山へ向かいます
画像

10:42 綾広の滝の上 橋を渡ると雪
画像

10:49 登って行きます
画像

10:50
画像

10:58 サルギ尾根分岐
画像

11:15 岩場
画像

11:26
画像

11:32 大岳山荘前 上に神社が見える
画像

11:41 岩場
画像

11:49 大岳山山頂にて
画像

12:21 大山から蛭ヶ岳
画像

大山三峰から大室山
画像

御正体山から三ツ峠山
画像

三ッ峠山から本社ヶ丸、御坂黒岳、滝子山
画像

滝子山から雁ヶ腹摺山、黒岳、小金沢山
画像

黒岳、小金沢山から大菩薩嶺
画像

12:41 大岳山下で団体とすれ違い
画像

13:21 もうすぐ雪は終わる
画像

13:53 キジムジロ?
画像

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック