2016/05/22 大雄山最乗寺奥の院から明神ヶ岳へ

画像

御正体山からぼちぼち10日、どこかへ。仲間に連絡し
明神ヶ岳へ行く事にした。今日のメンバは4月の八方
尾根以来だ。新松田に集合、バスを乗り継ぎ道了尊へ
。大雄山最乗寺は開創以来6百年の歴史をもつ関東の
霊場、ここから明神ヶ岳へは過去2回登っているが最
乗寺へ参ったことは無かった。今回は高下駄を見るた
め参拝した。やはり大きな高下駄だった。明神ヶ岳へ
は奥の院経由で行けるとの事で、そのまま奥の院へ。
しかし奥の院手前の階段は長い階段、スタート早々に
は辛かった。山行の無事をお願いして出発。木の根が
張りつめた道を登って行く。ナツトウダイ、フタリシ
ズカがお出迎えだ。樹林の中、朝の為は空気はひんや
り気持ちがいい。30分ほど登ると林道、横断して進む
。ちょっと傾斜きつくなるところもあるが総じて歩き
易い。標高が700mを越えると落葉樹中心の明るい森の
変わり、軽やか。ヤマツツジが咲き始めておりより一
層華やかだ。標高が1000mを越える辺りから道は浸食
され、土は粘土質でちょっと歩きにくいところも出て
くる。しかし、標高1100m付近、尾根道合流のちょっ
と手前で白い花が、シロガネソウが沢山咲いていまし
た。やったー!またタニギキョウも。ここまでスミレ
すら咲いてない道だったのに、今日のご褒美?尾根道
合流点では霞んでいるが富士山に対面、正面には箱根
山、大涌谷が、以前より少し噴煙おさまってるかな?
12時過ぎに明神ヶ岳に到着、大勢の人で座る場所がな
い。写真だけ撮って明星ヶ岳方面へ昼食場所を探しな
がら進んだ。うまい具合に最乗寺方面への分岐の所が
ちょっと広く木陰、ここで昼食にした。食事後、明星
ヶ岳へ。箱那山を右手に見ながら下って行く。ウマノ
アシガタが結構咲いている。ハルリンドウも見られた
。明星ヶ岳へ最後の登り手前でちょっと休んだがふと
気が付くとハンショウズルが咲いていた。登り切って
振り返ると明神ヶ岳から歩いて来た尾根が見える。こ
こは好きな場所だ。ここからは平坦、足も軽い。宮城
野分岐を過ぎ、特徴の無い草道(ヒメジオンとウマノ
アシガタで御花畑の道)を進むと左手奥に何やら看板
、ここが明星ヶ岳。大文字焼が行われる山。当初箱根
湯本まで歩く気もあったが、ここで全員一致で宮城野
の勘太郎の湯へ下ることに決定。下山開始。下るとな
ると皆早い。1時間ちょっとで勘太郎の湯に到着した
。ゆっくり汗流し、反省会は小田原で。前半、最乗寺
奥の院から歩いたため人に会ったのは1組だけで静か
な山歩きができた。シロガネソウ、タニギキョウ、ハ
ンショウズル、キンランにも出会えたし、なかなかい
いコースと思った。

明神ヶ岳<1169m>、明星ヶ岳<923m>
晴 12Km +1013m -875m
メンバ:shimaさん、nonboさん、mkatsuさん、wnabeさん

新松田8:09→(バス)→8:31関本8:40→(バス)→8:50道了尊

道了尊BS8:58→9:15高下駄9:18→9:25奥の院→9:28登山道入口9:30
→9:38休憩9:45→10:08林道横断→10:28休憩10:38
→11:48尾根道合流11:55→12:08明神ヶ岳12:10→12:20分岐12:55
→13:48休憩13:59→14:07宮城野分岐→14:11明星ヶ岳14:20
→15:07登山口→15:27勘太郎の湯

8:57 道了尊BSにて
画像

9:16 高下駄
画像

9:22 奥の院への階段
画像

9:45 木の根子の道
画像

10:08 林道横断
画像

11:01 ヤマツツジが咲き始め
画像

11:02 浸食され根っ子をよじ登る
画像

11:34 益々深く浸食されてる
画像

11:37 突然シロガネソウ
画像

11:41 タニキキョウらしい?
画像

11:48 尾根に合流
画像

11:50 大涌谷
画像

12:09 明神ヶ岳
画像

12:10 相模湾
画像

13:26 ハルリンドウ
画像

13:59 ハンショウズル
画像

14:00 振り返り明神ヶ岳
画像

14:12 明星ヶ岳
画像

14:43 ちょっと御花畑
画像

16:27 大文字が見える
画像

会えたキンラン
画像

今回コース
画像

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック