2016/10/10 箱根湯坂路ハイキング、湯本へ

画像

「三連休は天気悪く遠征無し、月曜日箱根リベンジし
ませんか?」。 msakaさんからの嬉しい誘い。急用発
生なければ喜んで参加!!!今年3月に畑宿から歩き
始めたが、私が起こしたGPS事件の為、飛竜ノ滝ま
で歩いたところでコース変更、芦ノ湖が終着点になっ
た。そういう訳で今回がリベンジ。箱根湯本に集合し
、バスで畑宿へ。車道脇を歩き登山口へ、ここからも
暫く舗装道を歩く。道路端にはホトトギスが、蕾が可
愛い。前回も歩いてるが結構きつい傾斜だ。沢を渡る
と登山道らしくなるが、足元は石で歩き難い。九十九
折れに急登が始まる。ここは前回落とし物を探して登
り降りを繰り返した所、思い出す。飛竜ノ滝へ到着。
前回はガスって滝の全貌は見てない。なかなか立派な
滝だ。マイナスイオンが一杯。再び九十九折れで急登
、標高700m付近から植生が変わり、ヒノキの植林帯に
入ると道も階段道に変わった。車道に近い湯坂路入口
になかなか着かない。歩き始めて1時間10分で尾根の
湯坂路入口へ、ここからは歩き易ハイキングの道に変
わる。ススキの穂が両側にそよぎ良い感じ。ヤマラッ
キョウが一杯咲いていた。ワレモコウ、リュウノウギ
ク、ヨメナ、トリカブト、サラシナショウマ等、意外
と花が多い。15分程で鷹巣山、秀吉の小田原攻めに関
わる城があった所。浅間山へは一旦急勾配を下るが、
途中で木立の間から海が見えるところがあった。曇っ
ているが意外と遠望きいた。九十九に急降下、足元が
悪く滑りそうなところもあった。途中センブリ、ゲン
ノショウコも見られ、30分程で浅間山へ到着。山頂付
近には大勢のハイカーが食事休憩中。人気の道なんだ
と思った。山頂で40分ほど食事とコーヒーで雑談して
湯本へ向かう。ほぼずっと下りのコース。途中に城山
、湯坂山のピークがあるがうっかりすると見落として
しまう。なぜかワラビを発見してしまった。出たばか
りで柔らかい。異常気象の為?ツリフネソウ、オミナ
エシも見られた。送電線の下を通ってから、両サイド
の樹林にツルが多くアケビかな?と。有ります!有り
ます!アケビが一杯。笹薮に強引に入りアケビをほぼ
人数分ゲット。自然の恵みを頂きました。湯坂山を過
ぎ最後は石畳の道になり、ちょっと滑りやすく歩き難
かった。湯坂城跡の看板の先から急降下の下りになり
、箱根の車道へ下った。最後に箱根湯本のカッパの湯
で汗流し、小田原で反省会。久しぶりにみんなと会え
、しゃべくり、楽しい歩きが出来た。

鷹巣山<834m>、浅間山<802m>、城山<743m>、湯坂山<564m>
曇 10.5Km +563m -890m
メンバ:msakaさん、wnabeさん、shimaさん、komiさん、
kdoさん、sawaさん、nonboさん

畑宿BS9:43→9:47登山口→10:22飛竜ノ滝10:33→10:56湯坂路入口10:58
→11:14鷹巣山→11:41小涌谷分岐→11:43浅間山12:25
→12:37城山12:42→13:00あけび収穫13:05→13:22湯坂山13:30
→14:29登山口→14:38箱根湯本かっぱの湯


9:47 畑宿の登山口
画像

9:53 ホトトギス
画像

9:58 舗装の急坂
画像

10:24 飛竜ノ滝にて
画像

10:44 植林帯の階段道
画像

11:04 湯坂路入口からの道
画像

11:06 ヤマラッキョウ
画像

11:16 鷹巣山にて
画像

11:23 相模湾の海岸線
画像

11:29 サラシナショウマの群生
画像

11:33 センブリ
画像

12:25 浅間山にて
画像

12:35 ゲンノショウコ
画像

12:42 城山にて
画像

12:45 ワラビだ!
画像

13:03 アケビの収穫
画像

13:04 アケビ ゲット
画像

13:18 鈴なりのアケビ
画像

13:31 湯坂山にて
画像

14:08 石畳の道
画像

14:29 箱根湯本登山口
画像

標識
画像

今回コース
画像

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック