2016/12/17 久し振りに塔ノ岳 ーやはりきつかったー

画像

久し振りに(今年の2月末以来)塔ノ岳へ出かけた
。最近山へ行く回数は増加したが標高差で1000mを
越える山歩きはほとんどやってない。 msakaさんの
「一度塔へ登っときましょう」の言葉に乗っかった
。大倉行のバスは思ったほど登山者は多くなかった
。こんなにいい天気なのにと・・・。前日の夜、気
温は低いが風はなさそうなので「おでん」をやろう
と持って来たが、体力的にちょっと不安で、元気な
snoさんに食材の半分を持ってもらい出発。絶好の
天気だ。見晴茶屋からの光る海が見える。江の島、
房総半島も、ここはこの景色だ。見晴茶屋から階段
登りが始まり、やはり階段きつい!駒止茶屋、堀山
の家と進む、時折見える富士山は青空にすっきり。
堀山の家の少し上から見える富士は眩しい富士だっ
た。今日は頂上へ着くまでこのままの姿でと願った
。階段は辛い。今日は頻繁に休憩を取った。戸沢分
岐の少し上のベンチで休憩中に、 msakaさんが。「
あれ?お兄ちゃん?」「お兄ちゃん!」「皆さん、
兄です」。偶然、兄妹の遭遇劇に立ち会った!!!
花立への階段、今日はやはりきつい。徐々に遅れる
。振り返り、振り返り下に見える伊豆半島、相模湾
の景色見ながら一歩一歩。花立山荘で元気な snoさ
んが残りのおでんと鍋を持って先行することになっ
た。これで頂上に着くとおでん準備が出来ている。
ちょっと身軽になって頂上を目指した。花立ノ頭か
らの景色は素晴らしかったが、やはり思った通り、
金冷し付近で大腿四頭筋がおかしい。やばい!ちょ
っと休憩、かろうじて持っていた塩飴を舐め、後は
ゆっくり、ゆっくり。なんとか山頂に着いた。いつ
も持ってる救急セットザックに入ってなくちょっと
焦ったがギリギリセーフだった。思った通り、山頂
に着くとおでんがもう出来ている。やはり風は無く
、日差しが有り、おでんをゆっくり味わえる気温(
計測値は4℃)だった。富士山の展望は最高、雲一
つなかった。ただ南アルプスは丁度雲がかかって残
念だった。でも大満足!約1時間ゆっくりして、下
山開始。下りはなんとか普通に降りる事が出来た。
最後まで富士山は雲に隠れず、楽しませてくれた。
下山後はいつものさざんかの湯で汗流し、反省会。
大倉尾根からの塔ノ岳は山体力がどの程度あるか分
かりやすく。よく登るが、今回の登った感じ、まだ
まだ夏前の体力に届いてないのが良く分かった。今
度は一人で来るかな?鍛えに!

塔ノ岳<1491m>
晴 14.1Km +1302m -1315m
メンバ:snoさん、mkatsuさん、kdoさん、sawaさん、
msakaさん、wnabeさん

大倉BS8:13→8:40観音茶屋→8:57見晴茶屋9:05→9:36駒止茶屋9:42
→10:00堀山の家→10:19戸沢分岐上10:31→10:54花立山荘10:59
→11:15金冷し→11:16休憩11:19→11:38塔ノ岳12:27
→12:40金冷し→12:52花立山荘12:57→13:25堀山の家13:28
→13:45駒止茶屋→14:08見晴茶屋14:20→14:58大倉BS

8:13 大倉出発
画像

8:58 見晴茶屋から
画像

10:04 堀山の家の少し上から
画像

10:19 戸沢分岐の上のベンチ  兄妹遭遇舞台
画像

10:49 花立への階段
画像

11:38 山頂より
画像

11:49 おでん
画像

画像

画像

12:25 山頂にて
画像

12:28 下山開始
画像

12:47 伊豆半島
画像

12:57 花立の階段
画像

17:32 反省会
画像


yamapは
https://yamap.co.jp/activity/616487



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック