2017/01/15 京都の最高峰 皆子山へ ー初めてのスノーシューー

画像

昨年の10月に初めて関西のツアーに参加、雪彦山へ
登ったが、一月にはスノーシューで「冬の皆子山」
のツアーが有るのを知った。一月の関西行きに合わ
せて参加した。スノーシューは初体験で一度やって
見たかった。コースは平BSから東尾根をピストンす
るコース、安心して登れるのはこのコースだと説明
があった。集合場所の京都は前日からの大雪、ツア
ーが開催されるかちょっと不安だったが、たまたま
近鉄電車で一緒になった女性が同じツアー参加の方
で、中止はないですよと、言われホッとした。京都
に近ずくに連れて、雪は多くなり、間違いなくスノ
ーシュー、嬉しくなった。平BSへは10時頃着いたが
、除雪車との行き違いで時間かかり、スタートが遅
れた。雪が多く、バス停からスノーシュー装着。や
はり勝手が違い装着に時間がかかった。バス停から
異動ちょっと広い橋の手前で装着確認と練習してス
タート。ワカンより歩きずらい。正教院を通過して
樹林の中へ。踏まない様に気を付けて歩くが曲がる
時には無意識に交差して、突っかかりそうになる。
慣れるまで大変だ。徐々に傾斜が急になり、スノー
シューの後を上げる指示、なるほど歩き易い感じ。
標高550mを越える当たりから傾斜は徐々に急になる
。650mを越えると、より急になり道も九十九折れ、
きっちりスノーシュー扱わないと滑りそうになる。
また、違う足で踏んでしまい、つっかけそうになる
。大変!標高700mを越えるとやっと傾斜が少し緩く
なり、ちょっとホットした。平らな所で先行してい
た団体が休んでいた。団体を抜いたがまだトレース
があり、まだ先行者がいる。雪は降り止まず、雪の
量も多い。しかも湿っ雪で重たい。周りの景色を楽
しみたいが、ツアー・・・好きな所でなかなか止ま
る訳にいかないのが残念。先行者は若者三人、休ん
で居る時に抜き、こちらが一時ラッセルを余儀なく
された。スピードは落ちる。12時を過ぎ、標高837m
地点で昼食、雪の上に座るつもりでドスンと尻を落
とすと、深く落ち込んでコントロールを失い、雪ま
みれ、スノーシューを履いてるので起き上がれない
。周りの人に引き上げてもらい立った。こけるとこ
んな事になるんだ気を付けないと・・・。食事後、
登り始めると日が差しが出てきた、暗い雪景色がパ
ッと明るい雪景色に、上には青空も。オー!歓喜が
・・・。平坦な雪道に、倒木が、それを越えるのは
スノーシューは大変だった。足を上げるとブラブラ
とぶら下がってる部分の感覚が分からないので引っ
かけてしまう。帰りには下りでひかかり、雪まみれ
になった。他の人もやっている。今度は標高941m地
点からの下りは傾斜が急で、滑りそうで嫌な感じだ
った。降りてから緩やかな登りになる。その尾根道
はどうも風の通り道、雪が顔に吹きつけるし、雪煙
が上がる。バラクラバが欲しい所だったが持って来
てない。標高950m付近の休憩時にガイドさんから「
ここから山頂までは、まだ1時間ぐらいかかるかも
、その場合は帰りの温泉入れなくなることもありま
す」と、ここまで来たら温泉無くても頂上踏みたい
と・・・。しかし、意外と15分ぐらい進むと突然山
頂、アレ?!確かに山頂デシタ。バンザイ!先行で
到着してた若者三人のおかげです。7割は若者がラ
ッセルしてくれた。展望は無いが大満足。写真撮り
で10分ほど頂上に居て下山。下山は同じ道を帰るの
で踏み跡が残っていると思ったが風が強い所はぼん
やりの踏み跡になっしまっている。登りでがきつか
った所もスノーシウーで下ったが結構滑りそうで慎
重に降りた。これ以上の傾斜ではスノーシューは難
しそうだった。またアイゼンも6本アイゼンではき
つそうな雪の量にだった。おそらく積雪は60cmぐら
いで、一日中雪の中を初めてのスノーシュー、楽し
かった。慣れてないこともあるが、私にはワカンの
方が向いているように思った。安達太良山でワカン
を使った時、スノーシューの方がトラバースの場所
で引っかけて転げ落ちたのを見たこともあり、スノ
ーシューは雪原での使用かなと・・・。帰路は琵琶
湖大橋を渡った「みずほの湯」で汗流し京都へ。

皆子山<971m>
雪 7.4Km +856m -848m
メンバ:ツアー参加

平BS10:17→10:21橋10:34→10:38正教院→10:52休憩10:57
→11:26休憩11:29→11:36平な尾根→12:06標高837地点・昼食12:26
→12:55標高941地点→13:35休憩13:42→13:58皆子山14:09
→14:53標高837地点15:00→15:39休憩15:46→16:04平BS

10:19 平」BSから登山口へ車道歩き
画像

10:38 前方は正教院
画像

10:45 標高500m付近 登ります
画像

11:17 標高670m付近
画像

11:22 標高700m付近 きつい傾斜
画像

11:35 標高750m附近 やっと緩やか 前方に団体
画像

12:36 標高900m弱付近
画像

12:46 青空です!
画像

12:49 
画像

13:01
画像

13:32 標高940m付近 風が強い
画像

13:45 標高960m付近
画像

14:02 山頂です バンザイ!
画像

14:03 頂上付近
画像

14:10 撤収 頂上から100m進み左折点から
画像

15:09 標高780m付近
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/656312


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック