2017/07/27 北八ヶ岳の池巡り ー二子池、亀甲池をー

画像

久々に八ヶ岳を歩く事にした。大河原峠から双子池
、亀甲池を周回するコース。次の日が雨飾山予定な
ので軽めに。ほぼ予定通り、大河原峠に到着。準備
をして出発。大河原峠から双子山へは2014年8月に
蓼科山へ登った時にちょっと寄っているが、双子池
へ下るのは初めて。双子山へはほぼ20分、見覚えの
ある道を行く。ゴゼンタチバナ、シナノオトギリ、
ハクサンフーロが咲いていた。山頂はなだらかな高
原の様で距離500mぐらいはなだらか、シロバナヘビ
チゴの花とその赤い実が同時に見られ、トンボも数
多く舞っていた。タカネサギソウ?も。双子池へは
樹林の中を標高差約200m程下る。笹が茂りちょっと
薮ぽくなっている所もあり、足元が見えずらい所も
あった。ワイワイ言いながら約30分で双子池へ到着
。双子池は2015年の5月、残雪の北横岳、大岳を経
由して双子池へ下ったことが有り、今回が2回目。
雄池と雌池がありそれで双子池。静かで雰囲気のい
い場所だ。ここで昼食休憩を取って、森の中の湖の
雰囲気を楽しんだ。雌池をぐるりと周り、テン場付
近から亀甲池へは、約70mほど樹林の中を登って行
く事になる。樹林の中は湿った八ヶ岳の雰囲気でオ
サバグサが多く咲いていた。タケシマランは実が付
いている。ズダヤクシュ、ヨツバムグラ。花を探し
て苔むした森を進む。ア! wnabeさんの声で・・・
、見るとイチヨウランが、終わりだがなんとか判別
出来る状態。イチヨウランは苔むした森にはあるの
だと少し嬉しくなった。これで3回目の対面だ。登
り切ってから亀甲池へは約60m程下る。ゴゼンタチ
バナがまだ綺麗、セリバオウレンの種子膿も見える
。両サイドに笹が見られるようになったらすぐ亀甲
池に到着。大きな岩原の中に水溜りの様な池が現れ
た。池の中に亀甲紋が見えるか?。亀甲紋らしい文
様が見えた。ここで休憩して次は天祥寺平へ。天祥
寺平へはなだらかな山間の道を歩く。草原はヘビイ
チゴの赤い実が一面、イチゴ畑の様だった。オオヤ
マフスマも少し見られた。笹が現れると天祥寺平は
近い。天祥寺平からは約100mの登りで大河原峠へ戻
る。のんびりハイキングのイメージ。最後にちょっ
と通り雨にあったが傘不用。のんびり4時間の池巡
り山歩きを終えた。ピーク狙いでなくこんな感じの
歩きもなかなか良かった。

双子山<2223m> 二子池、亀甲池
曇時々晴 6.9Km +361m -374m
メンバ:nonboさん、mkatsuさん、shimaさん、sawaさん
wnabeさん

大河原峠9:49→10:12双子山10:17→10:58双子池11:28
→12:20亀甲池12:39→13:01天祥寺平13:03→13:44大河原峠

9:49 大河原峠出発
画像

10:05 双子山を目指します
画像

10:12 あの標識が双子山
画像

10:13 ハクサンフウロ
画像

10:15 双子山山頂で
画像

10:20 シロバナヘビイチゴ 花と実
画像

10:21 広い山頂を行く
画像

10:24 途中の標識
画像

10:29 双子池へ降下
画像

10:52 下の方は笹薮
画像

11:04 双子池の雄池
画像

11:28 雌池で
画像

11:40 雌池のテン場付近
画像

11:41 雌池を離れ亀甲池へ
画像

11:50 八ヶ岳らしい森
画像

11:55 イチヨウランの散り際
画像

11:58 オサバグサ
画像

12:02 森を行きます
画像

12:07 セリバオーレンの種子膿
画像

12:20 亀甲池
画像

12:23 亀甲紋?
画像

12:41 亀甲池看板前で
画像

12:46 天祥寺平へ
画像

12:48 オオヤマフスマ
画像

12:48 ハイキング道
画像

13:02 天祥寺平
画像

13:33 大河原峠へ
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1049592

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック