2017/07/28 雨飾山へ ー花が一杯咲いてたー

画像

妙高・戸隠連山の山は今回が初めて、昨年八方尾根
から連山を眺めこの山塊のいづれかに登ってみたい
と思っていた。登るなら日本海に近い雨飾山から日
本海を見てみたいと今回計画した。天気予報は芳し
くなかったがどうも朝雨が上がれば昼間は大丈夫そ
うなので決行。予定より40分遅れで雨具を着てスタ
ートした。広河原まではゆるやかに少し下り後は平
坦、道横の流れには山女魚らしい魚が泳いでいる。
オオバミゾホオズキやヤグルマソウが咲いていた。
広河原から登り始めるが樹木の根っ子の道、ちょっ
と粘土質の場所が続き、傾斜はそれなりにきつく汗
がでる。雨も上がり早々に雨具の上は脱いだ。ツル
アリドウシが目立つ、ギンリョウソウも見える。ギ
リョウソウ果実は初めて見た。約50分でブナ平へ到
着、マズマズのペースか?小休止を取って荒管沢へ
。やはりブナが目立つ。標高1450m付近で実が付い
ているサンカヨウがちょくちょく見える。咲いてる
時期に来たかったなあと思いつつ上へ。道の傾斜は
変わり緩やかになり、荒管沢へ下る場所に来ると沢
に残る雪渓と雨飾山が見える。荒管沢へ約50m程下
る途中でわずかに残っていたサンカヨウを見つけ、
嬉しかった。キヌガワソウも一輪残っていた。雪渓
を渡るとそこはサンカヨウの群生地、見事に咲いて
ました。ここで大休憩して上へ。傾斜は急になり、
足元はガレて歩き難い。晴れ間も見える様になり、
少し山頂の展望も期待して上へ。標識「7/11」を過
ぎ、標高も1600mを越えると樹林帯から出て日差し
が暑い。雲が切れ高妻山らしき山が見られた。ドン
ドン登り、岩石が有る所で?ヘビ!岩の陽だまりに
ヘビが4匹。大声を出してしまった。雨上がりの日
の当たる岩場、この条件で今まで結構ヘビと遭遇し
ている。マムシと思ったがあとから見るとヤマカガ
シだった。ヘビを追い払い登って行く。シモツケソ
ウが現れ、次から次へと花が現れる。遠く焼岳も姿
を現した。ドンドン高度感を感じる様になり、ハシ
ゴが出て来ると標高1800m付近。笹平への最後の登
り、きつい。笹平からは約700m程は平坦な山麓歩き
で最後に一気に60m程の登って山頂。歩く道も見え
、まだ遠いなあ!と思う。花を見ながら進むと意外
と早い。平坦なところはシモツケソウ、ギボウシ、
マルバタケブキ、ハクサンシャジャン、キバナノカ
ワラマツバ、イワオウギ、オタカラコウ等色々咲い
ていた。最後の急登の道も花一杯のお花畑状態だっ
た。12時前に雨飾山へ到着、残念ながら雲に覆われ
、展望は無し。しかし、山頂にもイブキジャコウソ
ウ、ミヤマオトコヨモギ、タカネマンネングサ、ハ
クサンオミナエシ、コオニユリ等色々咲いていて花
の山だった。これらの花を見る事が出来満足。山頂
で35分休憩したが、余り風も無く結局最後まで展望
は無かった。下山ではやはり上から見るので花が一
杯咲いてるのが見れた。こんなに咲いていたのかと
感激だった。下りは同じ道を下る。笹平からのガレ
た下りはより慎重に。下りでも同じ場所にヘビが3
匹、巣でもあるのかな?荒管沢で雪渓を渡る頃には
山はガスに覆われ始め、ちょっと小雨がぱらついた
が長い時間ではなくすぐに上がりホットした。15時
過ぎに無事登山口に到着した。10Km弱で累積標高も
1000m強の山だったがなかなかハードな山だった。
展望がなかったのがちょっと残念。帰りに雨飾山荘
の湯に入ろうと思っていたが日帰り入浴の時間に間
に合わず。白馬姫川温泉の天神の湯で汗を流し帰路
に着いた。

雨飾山<1963m>
雨のち晴 9.6Km +1074m -1076m
メンバ:mkatsuさん、sawaさん、wnabeさん

雨飾高原キャンプ場7:41→7:50(1/11地点)→7:55広河原(2/11地点)
→8:15(3/11地点)→8:31(4/11地点)→8:33ブナ平8:41
→9:13(6/11地点)→9:19荒管沢9:33→9:41休憩9:48→9:57(7/11地点)
→10:13マムシ10:16→10:26(8/11地点)→11:01(9/11地点)
→11:08笹平→11:16笹平分岐→11:22(10/11地点)→11:42雨飾山12:17
→12:41笹平分岐→12:47笹平→13:13(8/11地点)→13:42荒管沢13:54
→14:01(6/11地点)→14:26ブナ平→14:30(4/11地点)
→14:56広河原→15:10雨飾高原キャンプ場

7:39 雨飾高原キャンプ場出発
画像

7:47 木道歩き
画像

7:55 広河原
画像

8:02 歩き難い道
画像

8:14 木の根っ子の道
画像

8:24 ギンリョウソウの果実
画像

8:34 ブナ平
画像

8:59 登りが一段落 6/11地点へトラバース
画像

9:07 荒管沢への下り
画像

9:08 姿現した雨飾山
画像

9:08 荒管沢に残る雪渓
画像

9:21 荒管沢の雪渓に乗る
画像

9:23 雪渓渡り
画像

9:25 咲いていたサンカヨウ
画像

9:49 急登り
画像

10:11 高妻山見える
画像

10:20 焼岳
画像

10:22 高度感あります
画像

10:33 出発地点と荒管沢が見えます
画像

10:47 笹平手前
画像

10:50
画像

11:07 笹平から雨飾山
画像

11:14 シモツケソウ
画像

11:22 標識
画像

11:39 最後の登り 花一杯です
画像

11:41 山頂です
画像

11:48 山頂にて
画像

12:18 下り 花畑
画像

12:36 タカネアオヤギソウ
画像

12:58 慎重に下る
画像

13:54 荒管沢から雨飾山 ガスって・・・
画像

13:58 キヌガサソウ
画像

15:04 帰ってきました
画像

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回見られた花 54品種
ヤグルマソウ、オオバミゾホオズキ、シシウド、ツ
ルアリドウシ、ギンリョウソウ、サンカヨウ、コナ
スビ、マイズルソウ、タニウツギ、モミジカラマツ
、ミヤマカラマツ、サイハイラン、タカネサギソウ
、ツクバネソウ、ヒヨドリソウ、オミナエシ、シモ
ツケソウ、ヤマホタルブクロ、ミヤマママコナ、ク
ガイソウ、タテヤマウツボグサ、コメツツジ、ギボ
ウシ、カワラナデシコ、ヤマハハコ、アザミ、ナツ
トウダイ、ハクサンフウロ、タカネコウゾリナ、ハ
クサンシャジャン、ミヤマコゴメグサ、ヨウラクツ
ツジ、カニコウモリ、ミヤマホツツジ、マルバタテ
ブキ、カワラマツバ、イワオウギ、ニッコウキスゲ
、オオヤマボクチ、グンナイフウロ、ジャコウソウ
、エゾシオガマ、オタカラコウ、イブキジャコウソ
ウ、タカネイブキボウフ、ミヤマオトコヨモギ、タ
カネマンネングサ、ハクサンオミナエシ、ミネウス
ユキソウ、コウメバチソウ、タカネアオヤギソウ、
サラシナショウマ、コオニユリ、タカネコウリンカ

(追記)
前日夕方スズメハチに刺されてポイズンリムーバー
で吸い出し、チャドクガで処方されたステロイド系
塗り薬で処置をした。雨飾山への出発の朝は腫れも
なく計画通り登山に出かけたが降りて来て温泉へ入
った頃から刺されたところが腫れて来た。次の日病
院で見てもらった所、刺されると僅かでも炎症を起
こしており、手を使うなど運動し、身体を温めると
悪化するのが当然だと・・・痛みも無く、腫れも無
くても様子見るのがいい処置、反省した。でも登れ
たのも嬉しい。


今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1051472

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック