2017/08/11 竜ヶ岳へ ーガスってなにも見えずー

画像

このお盆休みはどうも天気がはっきりしない。仲間
四人と天気を見ながら登る山を見つけて登ることに
した。初日はダイヤモンド富士で有名な竜ヶ岳へ。
秦野に集合、東名を使って行く予定が渋滞で下道を
使う事になり、予定より約1時間遅れで本栖湖に着
いた。日差しもあり、夏休みのキャンプ客が大勢。
こんなにも人が来る所なのだとビックリした。10時
過ぎにキャンプ場を出発、約800m程平坦な道を歩き
、登山口に到着。登りはここからで九十九折れに登
って行く。道はガスに覆われ、湿度が高く蒸す。時
折階段が出て来て、30分弱でベンチがある場所に着
いた。ベンチがある場所が尾根の小ピークで、後は
なだらかに少し下り、そして登り返して行く。笹が
多くなり、下草付近にオトギリソウが咲いていた。
笹の間の道を登って行くと建物(東屋)が現れた。
ここで軽い昼食を取った。ここから先の道も笹の道
で、九十九に折れながら約200m程登って行くと緩や
かな道になり分岐の標識が現れた。湖畔登山口への
分岐だ。この辺りもやはりガスって展望は無し。こ
こからの笹は登山道に覆いかぶさり、背丈も結構高
く、歩き難い。半袖姿では腕に当たり、両手を上げ
たバンザイスタイルで進んだ。足元も分りづらく、
自分の踏んだ笹に片足を取られ慌てた。10分程でぼ
んやり広場風の場所に着き、少し行くと山頂標識が
ぼんやり現れた。山頂到着。何も見えない!別の標
識には駿河湾、八ヶ岳、北岳、赤石岳と方向を示し
た標識がある。ガスがなければ富士山以外に全て見
えるのだろう。残念!風も無くまったくガスが退く
様子もないので、すぐ下山することにした。湖畔分
岐までは、又もバンザイ状態で進む。遠くから見て
いたらおかしい恰好だろうなあー!!分岐からは歩
き易い道に変わった。下りの半分位の所に来ると日
差しも出て来て、森の霧はちょっと幻想的雰囲気。
なかなかの雰囲気だ。天気が悪くて何も見えないの
も困るが、悪い方がちょっとのことで普通見られな
い風景も見られる。風さえなければ天気が良くない
時もこれら予想外の景色に会いたく、出かけたいも
のだ。約1時間で湖畔登山口に到着。湖畔は日差し
があり、水遊びで賑わっていた。しかし、竜ヶ岳は
下から見る限り、ガスの中。先程と余り変化してい
ないだろう。雨に遭わないだけよかったと思った。
下山後上九の湯で汗流し、今度は天気のいい日に来
て、大きい富士山と周りの景色も見ようと皆で話を
して、帰路に着いた。


竜ヶ岳<1485m>(山梨百名山)天子山系
霧 7.3Km +610m -601m
メンバ:mkatsuさん、sawaさん、wnabeさん、msakaさん

本栖湖P10:08→10:12準備10:18→10:27登山口→10:52ベンチ
→11:14東屋・石仏11:32→12:02湖畔分岐→12:12竜ヶ岳12:18
→12:26湖畔分岐→13:14湖畔登山口→13:25本栖湖P

10:17 キャンプ場を
画像

10:27 登山口
画像

10:28 
画像

10:45 九十九に登って
画像

10:52 ベンチ手前
画像

10:58 蝶?
画像

11:08 イヌゴマ
画像

11:10 オトギリソウ
画像

11:12 笹
画像

12:02 湖畔登山口分岐
画像

12:05 笹薮
画像

12:06
画像

12:13 山頂で
画像

12:46 下山途中 日差しが
画像

13:03
画像

13:05 案内板
画像

13:20 本栖湖
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1084628

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック