2017/09/09 夕焼小焼けBSから北高尾山稜を堂所山へ

画像

ぼちぼち何処かへと思っていたら仲間からも「ぼち
ぼち」連絡があり、昨年歩いた北高尾山稜の残り半
分を歩くことにした。夕焼小焼けBSから黒ドッケへ
登り、堂所山を経由して景信山から小仏BSへ下るコ
ース。久々に晴れて湿度も低い予報、電車には登山
姿が多い。高尾駅で待合せてバスで夕焼小焼けへ。
ふれあいの里入口を入るとヤマボウシの実が赤くな
りかけている。もうすぐ食べれそう。黒ドッケへは
前回キャンプ場脇から登ったので右手のコースを登
った。雲の巣が多く余り歩かれてないようだ。いろ
は坂より九十九折れが大きいようで距離も長かった
。花は無いと思ってたがヤブラン、ヤマジノホトト
ギス、コウヤボウキが咲いていた。黒ドッケまで約
1時間半、最後の標高差100mの登りが結構きつい。
黒ドッケからは20m程下って湯ノ花山同じくらい登
り返すがもっと下った感じだった。湯ノ花山は表示
がないが春には一面ヤマツツジで覆われるらしい。
ここから緩やかに50m程下って30m程登り返せば大
嵐山。ここへは夕焼小焼け大嵐山北尾根から登れる
ようで何時か登ろうと思う。大嵐山からは緩やかに
下り、下り切ったところに鉄塔がある。そこから60
mの登りは直登できついが登り切ると三本松山の表
示があった。標高は600m弱で実際の三本松山は標高
611mなのでこれより西にあるピークが三本松山のよ
うに思えるが・・・。関場峠で昼にしようと思って
たが関場峠は場所が狭いとのこと、ここで昼食にし
た。食後関場峠へ下る。そこからはなだらかに1.5K
m歩いて標高差約170mほど登って堂所山へ到る。食
事後でもあり約30分黙々と歩いた。以前一度歩いた
のは2月なので道の雰囲気が違う。今回シモバシラ
の花が結構目に着いた。堂所山には数人登山者が居
た。今回ここにある御料局三角点なるものに初めて
気が付いた。明治時代、国有林の中でも皇室の財産
であった森林は、宮内庁御料局というところが管理
しており、その基準点として設置されたものが御料
局三角点だそうだ。知らなかった。ここから下って
景信山へは高尾山から陣馬山へのメイン通り、一気
に人が増える。まき道があり、全て巻いた。景信山
も巻こうと思っていたがsawaさんが折角だからピー
クにとの事、反対しる理由もないので景信山へ。こ
こで今日初めての展望らしい展望に会った。ちょっ
と霞んでいるが午後のこの時間、まずまずの展望だ
った。休憩して一気に小仏BSへ下山。いつもの高尾
の湯で汗流し、反省会。6人になると話題も色々、
この秋の予定、忘年山行、来年の山と盛り沢山。さ
て酔いが醒めてどのくらい記憶に残っているか・・
・。尾根での風が秋を感じる山歩きだった。


黒ドッケ<620m>、湯ノ花山<615m>、大嵐山<583m>、
三本松山<611m>、堂所山<731m>、景信山<727m>
晴 11.4Km +884m -860m
メンバ:shimaさん、sawaさん、minaさん、wnabeさん、snoさん

夕焼小焼けBS9:25→9:33ふれあいの里入口→10:00いろは坂分岐
→10:08休憩10:24→10:39分岐→10:54黒ドッケ11:01
→11:06湯ノ花山→11:23大嵐山11:29→11:37鉄塔
→11:43三本松山12:05→12:21関場峠12:28→12:56堂所山13:15
→14:14景信山14:31→14:59小仏登山口→15:11小仏BS

9:27 出発
画像

9:35 ヤマボウシ
画像

9:36 二手に分かれて
画像

9:44 写真を撮って
画像

9:45 ヤマジノホトトギス
画像

11:00 黒ドッケにて
画像

11:22 大嵐山への登り
画像

11:28 大嵐山にて
画像

11:37 鉄塔
画像

11:40 三本松山への登り
画像

11:46 三本松山にて
画像

13:07 堂所山にて
画像

13:01 御料局三角点
画像

13:21 堂所山からの下り
画像

13:24 ツルリンドウ
画像

14:16 景信山にて
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1167968

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック