2017/11/26 源次郎岳へ -静かでいいコースだったー

画像

大菩薩に登るごとに上日川峠から南へ登る尾根を歩
きたいなあと思っていた。またその尾根からちょっ
と西にずれてるが源次郎岳の名前もかっこいいと思
って、ここも登ってみたいと思っていた。今回山梨
百名山を歩き始めた kdoさんとタイミングが会い、
仲間と出かけることになった。 kdoさんとは北岳以
来、半年ぶりだ。8時半上日川峠を出発、まずは砥
山へ。登山道からは外れておりちょっと藪漕ぎ状態
、標高の高い場所に上がったが標識は無し?尾根に
沿ってヤブ歩きしていくとちょっと低いピークに三
角点があり、木に砥山の標札、ここか!登山道に戻
り、南へ。富士山の頭がちょっと木々の間から見え
る。左にダムで出来た大菩薩湖がすぐ近くにあり、
小金沢山も。僅かにアップダウンしながらもう葉の
落ちたカラマツと笹の中を歩くハイキング感覚だ。
車道を少し歩き、笹道に入り少し行くと中日川峠辺
り、そこから1621m峰へ50mほど登るが結構な直登
、アキレス腱が伸びた。そこで一息入れてカラマツ
と笹原を進む。緩やかに下って行く、ゴウロ沢ノ頭
を登山道は巻いているので、横からちょこと登った
。標識はなかったが三角点は有った。すぐ近くにり
っぱなブナの木も。登山道へ戻り少し進むと NTTの
中継局が現れ、そのために出来た林道を下って行く
。10分程でゲートが見える。ゲートで右手下へ下る
感じで降りて行き、標識に従って源次郎岳へ。穏や
かな道を進む。右手に白い雪山が見える。国師ヶ岳
辺りかな?植生が変わりブナの木が目立ち始める。
結構立派だ。緩やかに登り始め、登り切って右手に
方向を変えるが、そこがビューポイン、富士山が綺
麗だ。富士の右手に御坂の黒岳、左手に三ツ峠山。
やっと見えた。ここで暫し休憩。ここからは今まで
の道からガラっと変わり痩せ尾根を急降下。足元が
滑りそうな砂っぽい斜面、地面が凍ってる感じがす
る。慎重に下る。初めて二人の老婦人とすれ違い、
ニッカポッカのベテラン。約90m程痩せ尾根を下っ
て、少し登り返して右手へ進むとパッと開け下った
先に標識が立っている。源次郎岳だ伐採されて広場
の感じ、八ヶ岳と金峰山、国師ヶ岳が雪をかぶり良
く見えた。富士山は木々の隙間から見える。大きい
富士だがちょっと残念。昼食を食べ、静かな山頂で
30分ほど休憩して恩若ノ峰へ向かう。ここからは急
降下、落葉が一杯と下が凍ってるところも。ロープ
が設置されており少し安心だった。ロープが無けれ
ばかなり嫌な下りだ。130mほど下ってトラバース、
ここもロープがなければ嫌な場所だ。それを過ぎて
尾根も少し広くなり緩やかになった。中原分岐、そ
こからは落葉が多いが歩き易い道になった。12時46
分オッタテと思われる場所に着いた。標識は無し。
ここからの道はなだらかな下りでちょこっとアップ
がある歩き易い落葉道、鼻歌もでる。途中で1回休
憩を取り、恩若ノ峰へ到着。迷いようがない道だっ
た。恩若ノ峰の看板は墨で書かれた趣のある標識だ
った。ここは二等三角点があった。ここからドンド
ン下るが周りは落葉樹が多くなり、紅葉真っ最中。
日が当たりまぶしい感じ、さっと展望が開けると緑
と紅葉の絶妙な配色の山肌に声が出る。いい紅葉が
見れました。尾根道からトラバースして最後は沢筋
の道を下って行く。石が多くなりちょっと歩き難く
なって、最後林道へ降りた。すぐに冊に出て果樹園
に出た。振り返れば紅葉の山景色、今ここが紅葉の
ピーク、予定より早く降りて来れました。日が短い
季節、ちょっと心配だったが全く問題無し。塩山温
泉まで歩き、入浴して駅前で反省会。振り返ると基
本的に下り一色のコース、昭文社地図では破線ルー
トだが道はしっかりしており、源次郎岳手前のピー
クの下りと源次郎岳からの下りの2ケ所をちゃんと
下りれればなかなかいいコースだった。


源次郎岳<1476m>(山梨百名山)、砥山<1604m>、
ゴウロ沢ノ頭<1627m>、恩若ノ峰<983m>
晴 16.6Km +598m -1786m
メンバ:kdoさん、shimaさん、sawaさん

塩山駅→(タクシー @5680)→上日川峠

上日川峠8:36→8:53砥山→9:17車道→9:22車道離れ
→9:24中日川峠→9:35ピーク1621m峰9:42→10:00ゴウロ沢ノ頭10:09
→10:18無線中継局→10:27ゲート→10:55ビューポイント11:07
→11:26源次郎岳11:54→12:28中原分岐→12:31源次郎平
→12:46オッタテ12:52→13:10休憩13:21→13:50恩若ノ峰14:00
→14:30冊→14:46フルーツライン→15:06塩山駅
→15:19塩山温泉

8:41 砥山入口
画像

8:45 砥山へヤブ漕ぎ
画像

8:53 三角点の所に砥山の標識
画像

8:56 登山道へ戻ります
画像

9:00 歩き易い道
画像

9:06 大菩薩湖 と小金沢山
画像

9:17 車道歩き
画像

9:29 1621m峰へ直登
画像

9:34 大菩薩が見える
画像

10:07 ゴウロ沢ノ頭のりっぱな木で
画像

10:12 登山道へ戻ります
画像

10:27 無線局からの道 先にゲート
画像

10:29 源次郎岳への案内
画像

10:43 金峰山付近
画像

10:49 植生が変わる りっぱなブナ
画像

10:55 源次郎岳手前のピークへ
画像

11:01 ここは富士山のビューポイント
画像

11:08 急降下 結構やばい感じ
画像

11:19
画像

11:25 もう少しで源次郎岳
画像

11:26 源次郎岳にて
画像

11:44 くつろぎ
画像

11:59 急降下
画像

12:06 トラバース
画像

12:28 中原分岐
画像

12:31 落ち葉の道
画像

12:46 オッタテ
画像

13:06 下ります
画像

13:40 歩き易い
画像

13:52 恩若ノ峰にて
画像

14:17 紅葉してる
画像

14:18 付近の紅葉
画像

14:39
画像

15:01 塩山駅手前から
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1384885


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック