2018/03/02 雪の大菩薩嶺へ ートレースが無かったー

画像

nonboさんと火曜日辺りに大菩薩へ行こうと話をし
をしていたが、都合がつかず、今日になった。大菩
薩は今回で10回目、雪の時期に来るのは3回目だ。
風で電車が徐行運転塩山からのバスに間に合うか危
ぶまれたがバスが発車を遅らせてくれたので間に合
った。予定通りで峠登山口のバス停に到着。乗客は
我々だけ。準備をしてスタート、丸川峠分岐の駐車
場には車が2台。こんなに少ないのは初めて。丸川
峠の手前、道が平坦になる所からは残雪で凍結。ア
イゼン梨では道は歩けない。この時期ここの道は雪
解けで水溜りで歩けないか、凍結であるけないかだ
。今日の富士は綺麗だった。ここでアイゼンを付け
た。sawaさんは新調したアイゼンの初装着。やはり
アイゼン付けると足元の神経を使う必要がなくなり
楽だ。まずは雪とアイスバーンの坂道、足元は心地
よい。急登が終わり樹林の中へ。積雪は余りないが
、踏み跡も無し。初めの内は、トレース無しの雪道
、いいな!いいな!の感じだったが、それでも30cm
ほどの雪、吹き溜まりはそれ以上でツボ足状態。先
頭は疲れる。3人で先頭を交代しながら進んだ。コ
ースタイム1時間半の所を2時間20分、疲れた。で
も楽しかった。山頂で写真を撮り、雷岩へ。踏み跡
が1つ有っただけ。雷岩では大展望。富士山、南ア
ルプスが澄んで良く見えた。我々の後を来た登山者
が一人と4人の静かな雷岩だった。岩の上は流石に
風が冷たく、長いできないので下の樹林の中で風を
避け食事を取った。40分ほどのんびり食事をして下
山。唐松尾根は雪と融けた岩と凍結部の三種の登山
道。何時もながら歩き難い。福ちゃん荘から上日川
峠までは車道歩きにした。上日川峠からも凍結場所
は続き結局アイゼンを外したのは第一展望台のすぐ
下標高1230mだった。最終地の大菩薩の湯に着いた
のは予定の1時間半遅れだった。温泉で汗を流し、
反省会に予定してた温泉の食事処へ。「本日は終了
」の看板、電気が消えてる。え!「やってない!」
・・・女性が出て来て、目が合った。「終りですか
?」「電気消したばかりなのでいいですよ!!!」
店を開けてくれました。バンザイです。雪の大菩薩
と富士山、南アルプス、奥秩父、八ヶ岳の絶景、そ
れに反省会をやらせてくれた店に感激でした。この
店では5年前にも yさんにお世話になっており有難
い。

大菩薩嶺<2057m>
晴 16.3Km 1319m -1433m
メンバ:nonboさん、sawaさん

塩山7:35→(山梨交通バス@300)→8:02大菩薩峠登山口

大菩薩峠登山口BS8:07→8:28丸川峠分岐8:32→8:47登山口8:50
→10:15丸川峠10:33→12:54大菩薩嶺12:59→13:07雷岩13:52
→14:33福ちゃん荘14:46→15:02上日川峠→15:42休憩15:52
→16:02登山口→16:17丸川峠分岐→16:32大菩薩峠登山口BS
→16:42大菩薩の湯

8:17 -1℃
画像

8:17 赤石と悪沢が見える
画像

8:47 登山口
画像

9:43 ちらり凍結場所が
画像

10:15 丸川峠手前 下は凍結してます
画像

10:17 丸川峠にて
画像

10:34 丸川峠から富士山
画像

10:38 丸川峠から大菩薩へ
画像

10:47 樹林へ入ります
画像

10:56 聖から北岳まで 見えます
画像

10:58 白峰三山
画像

11:10
画像

11:47
画像

12:00 仙丈と甲斐駒がよく見えます
画像

12:54 山頂です
画像

12:55 大菩薩嶺で
画像

13:47 雷岩から
画像

14:34 福ちゃん荘前で
画像

16:17 丸川峠分岐のゲート
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1613231


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック