2018/04/22 奈良 若草山へ

画像

午前中時間があるので、まだ登った事の無い若草山
に登る事にした。宿泊先の新大宮を出発、佐保川沿
いに東大寺に向かう。佐保川沿いの道は桜並木、葉
が柔らかな緑、川面傍の草も柔らかな緑、流れの音
も聞こえ、町中なのに自然が一杯で気持ちがいい。
桜の時期は人も多いと思うが今の時期は静かだ。北
向地蔵尊、大佛鐡道記念公園なんかを見ながら天平
橋へ、ここで近くに聖武天皇陵があるのでちょっと
寄ってみた。聖武天皇陵のみ寄ったが光明皇后稜も
すぐ近くにある。後で知ったが松永久秀が多聞城を
築いたところで聖武天皇陵と光明皇后稜の間に堀切
が造られているとか。又、ここから東大寺大仏殿を
襲撃、大仏殿が焼失。若草山のゲートは9:00に開く
ので東大寺、二月堂に寄り、約10分前に北ゲートに
到着した。開園前に居たのは私ともう一組、一番に
簡単な説明を受けてスタート。スタートは階段道、
芝草の脇を一気に70m程登り、そこから意外や樹林
の中に入り、30m程登ると若草山一重目。若草山は
三つの笠を重ねたようなので三笠山とも言われてい
るようで、それの一段目だ。一気に展望が開け、奈
良盆地が見え、なかなか気持ちがいい。そこからは
芝山の尾根を進む。やたらカラスが多く、いい気持
ちではない。鹿はここまでで一頭見ただけ。ゆっく
り左回りの感じで尾根を進むと東大寺が下によく見
える場所に来て、二重目の看板があった。そして三
重目のピークへ行く手前に公園の門があった。この
辺りは谷筋を詰めて来たところでちょっと急峻な山
肌の場所だが人がそこに結構入ってる。ワラビだ!
すれ違った人の袋は重そうだった。気になったが今
日は山菜取の時間は無いと上へ。すぐに展望いい三
重目の標識の場所に着いた。その場所より北により
高い場所がある。鶯塚古墳の看板、そちらへ入ると
石碑で鶯陵とあり、三角点があった。ここが山頂。
北側の展望はいい。三重目へ引き返す途中でワラビ
が目につきやはりちょっと取ったがあっと言う間に
40本弱収穫出来た。三重目でちょっと休憩して下山
は南ゲートへ下った。若草山は頂上より一重目、二
重目当たりの方が展望が良くいい感じだった。暑い
時、寒い時はダメだが春のこの時期は柔らかい日差
しを受けて、芝の上でのんびりしたら最高だ。約1
時間の滞在、ワラビも取ったし満足だった。下りて
からは寄り道無しで近鉄奈良駅へ直行。この頃にな
ると大勢の観光客が一杯、やはり外人が大半。いい
様な悪いような・・・。うまく電車に乗れ大阪駅の
待合せ時間に間に合った。

若草山<341m>
晴 10.0Km +339m -319m 単独

新大宮駅7:29→7:45下長慶橋→7:46大佛鐡道記念公園
→7:55天平橋→8:03聖武天皇陵→8:13轉害門
→8:28東大寺8:35→8:40二月堂8:43→8:49公園前8:58
→9:00北ゲート→9:11一重目→9:18二重目→9:23三重目
→9:27若草山9:29→9:32三重目9:45→9:50二重目
→9:55南ゲート分岐→10:03南ゲート→10:15国立博物館
→10:25近鉄奈良駅

7:35 佐保川沿いを
画像

7:41 桜並木
画像

7:44 北向き地蔵
画像

8:13 聖武天皇陵
画像

8:13 轉害門
画像

8:29 大仏殿
画像

8:38 二月堂へ
画像

8:42 二月堂
画像

9:00 北ゲート
画像

9:02 階段道で始まり
画像

9:05 樹林の中へ
画像

9:10 もうすぐ一重目
画像

9:11 一重目から
画像

9:13 二重目への尾根道
画像

9:16 第三角点?
画像

9:18 二重目から
画像

9:19 三重目が見える 谷筋でワラビ採り
画像

9:25 あれが山頂
画像

9:26 山頂の鶯陵 と 三角点
画像

9:27 三重目へ戻ります
画像

9:33 三重目で写真を
画像

9:50 東大寺
画像

9:56 南ゲートへ
画像

10:00 南ゲート付近から
画像

今回コース
画像

画像

yamapは
https://yamap.co.jp/activity/1770895



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック