2018/07/10 会津駒ヶ岳へ ー天候すぐれず残念ー

画像

佐渡の金北山縦走時に会津駒ヶ岳の話があり、
実行時には参加したいと申し入れてあった。こ
の7月実行の案内があり仲間4人と参加した。
以前ツアーに参加した時会津駒は好きでよく登
ると言っていた人がおり、いつか登って見たい
と思っていた。今回は駒ノ小屋へ一泊して会津
駒ヶ岳に登り、最終日は田代山・帝釈山の縦走
する。花が楽しみである。

会津駒ケ岳<2132m>(日本百名山)、中門岳<2060m>
雨、霧一時雨 18.3Km +1506m -1505m
メンバ:nishiさん、ingakiさん、mryaさん、
kobaさん、nonboさん、mkatsuさん、sawaさん、

<10日>
雨 6.6Km +1124m -21m
駒ヶ岳登山口BS12:51→13:24滝沢登山口13:26
→13:37雨具装着13:50→14:05休憩14:09
→14:19山頂4.1km標識→14:43山頂まで3.7Km標識
→15:12休憩15:17→15:22休憩15:33→15:35水場15:37
→15:39休憩15:49→16:43展望→17:13休憩所ベンチ
→17:29駒ノ小屋

朝、北千住8時12分発の東武特急で出発、会津
高原尾瀬口駅に向かい、そこでバスで駒ヶ岳登
山口BSへ着いたのが12時半。登山口まで家を出
て約6時間半、遠い所だ。BS近くに立派なトイ
レがある。沢に沿って舗装道を登って行く。ホ
トトギスやキツリフネ、トリアシショウマなど
が見られ、約35分で駐車場の先の滝沢登山口に
着いた。車道をずっと歩いたが地図見るとショ
ートカットがあったようだ。登山道は階段から
スタート、そして木の根っこが多い道を九十九
折れに登って行く。樹林の中標高1200m付近で
雨具を着用した。まだ行程の1/3、辛い歩き
になりそう。14時過ぎに休憩後に左手からの尾
根合流しちょっと傾斜が緩くなった。黙々と歩
く。山頂まで4.1Kmの標識、目印になる。雨具
を着て1時間、雨はやむ気配がない。遠く雷の
音も聞こえる。雷だけは寄って来て欲しくない
。山頂まで3.7Kmの標識のころには登山道はち
ょっと小川ぽく流れる場所も出て来た。水場手
前でmkatsuさんの体調が悪くなりスピードダウ
ン、まだ行程の6割。荷物を分散してゆっくり
登る。水場で予定40分遅れになる。16時10分を
過ぎたところで二手に分かれて小屋を目指した
。 nonboと私はmkatsuさんに同行。ちょっと雨
が上がり、このまま歩けるかとホットした。標
高1850m付近でちらり展望があり、雲海も見え
た。標高1900m付近でも展望があった。右手に
駒ヶ岳から東に伸びる山頂に端のピーク2098峰
と思われるが・・・。登山道はぬかるみが多く
なる。イワカガミ、ミツバオーレン、アカモノ
、ゴゼンタチバナ等花も現れだした。階段から
木道に変わりベンチのある休憩所が現れ、小屋
まではあと700mぐらい。先行してたsawaさんが
小屋到着引返してきて残りのザックを背負った
。17時半には小屋に着きそうでほっとした。イ
ワイチョウ、バイケイソウが霧の中に浮かぶ幻
想的な中を小屋へ。17時半に無事小屋へ到着。
雨具や濡れたものの始末をして夕食の自炊を始
めたのが18時20分、ランプの自炊室での食事ワ
イワイガヤガヤ楽しい時間になった。キャラブ
キ、コンブ、ホイル蒸し、トッポギ入りトン汁
、ゆでソーセージ・・・にビール・・・。20時
にランプも消灯、明日を楽しみにお休み。

12:42 駒ヶ岳登山口BS
画像

12:53 沢沿いの舗装道を
画像

13:25 滝沢登山口
画像

14:03 九十九折れに根っこの道を
画像

14:19 山頂4.1km標識
画像

14:41 登山道を水が流れ
画像

15:35 水場のベンチで
画像

16:19 アカモノ
画像

16:53 ちょっと展望
画像

16:54 駒ヶ岳から東に伸びる端のピーク2098峰
画像

17:08 木の階段になり
画像

17:13 木道になり休憩所
画像

17:14 イワイチョウ
画像

17:24 もう少しで小屋
画像

17:29 小屋到着
画像

18:21 夕食
画像

18:30
画像

18:30 ランプの光で
画像

18:49
画像

<11日>
霧一時雨 11.7Km +377m -1484m
駒ノ小屋5:22→5:35駒ヶ岳登口→5:43巻道分岐5:45
→6:26中門大池6:33→6:40中門岳→6:50中門大池
→7:28巻道分岐→7:36会津駒ヶ岳7:42
→7:49駒ヶ岳登口→8:03駒ノ小屋8:38→9:29休憩9:34
→10:07水場10:20→11:13山頂4.1km標識11:20
→11:54滝沢登山口11:56→12:28駒ヶ岳登山口BS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜中にトイレに行った時は満天の星、6月の八
ヶ岳よりすごかった。朝の4時になると上空は
雲に覆われ日の出方向だけオレンジ色の隙間、
天気は?予定の1時間半前に小屋を出発、まず
は中門岳へ。霧の草原を進む。ちらちらハクサ
ンコザクラのピンクが足元に、そして盛りのイ
ワイチョウが白、バイケイソウも咲いたばかり
の白色、幻想的。駒ヶ岳登口を通過、再び草原
へ出ると木道の横に雪が残って居る。雪渓を二
ヶ所ほど歩いて、池塘の横を歩く。チングルマ
もまだ残って居た。約1時間で中門岳の標識、
大きな池塘があるので中門大池だ。やはり地図
上の中門岳へ向かう。木道はずっと続いており
先はぐるっと小さく円を描くようになっていた
。標識は無かったがGPS上2060m点があった
。ガスって周りははっきりわからない。これも
又良し。中門大池へ戻り、来た道を会津駒ヶ岳
へ。雪渓を渡ったところでちょっと道を間違っ
たがすぐ気がつき修正、北側から駒ヶ岳へ登っ
た。残念ながらガスって展望なし。山頂にはパ
ノラマガイドがあり、それによると男体山、日
光白根山、富士山、燧ヶ岳、苗場山、平ヶ岳と
南の展望がいいようだがお預け!山頂から南西
に下って駒ノ小屋に戻った。今年は花が早く、
中門岳付近のハクサンコザクラの群生地はもう
終わったそうで残念だった。駒ノ小屋で撤収作
業を済ませ計画だとキリンテへ下り予定だった
が展望が望めそうにないので滝沢登山口に降り
ることになった。下りも花を撮りながら下り、
12時半にBSへ到着。ここで昼飯を食べながら
13時22分のバスを待ち、湯の花温泉へ向かった
。予定より2時間早く民宿に着き、濡れた衣服
の洗濯をさせてもらい次の日の山行大いに助か
った。また夕食もイワナの刺身、塩焼き、郷土
料理をおいしく頂いた。天候に恵まれなかった
が雨、霧の山行幻想的な雰囲気を楽しめたのと
花が楽しめて、それなりに良かった。計画、手
配等すべて nishiさんにお任せで楽チンな山行
だった。感謝です。


3:59 夜明け
画像

5:25 中門岳へ
画像

5:44 ガスの中
画像

6:04 
画像

6:12
画像

6:15 チングルマ
画像

6:22 イワイチョウ
画像

6:23 ハクサンコザクラ
画像

6:30 中門岳(中門大池)
画像

6:40 中門岳付近
画像

6:50 バイケイソウ
画像

7:11 帰りの雪渓
画像

7:30 ミツバオーレン 透きとおってる
画像

7:40 会津駒ヶ岳にて
画像

7:44 ヨウラクツツジ
画像

8:54 ワタスゲ
画像

9:06 コヨウラクツツジ
画像

11:05 アクシバ
画像

11:56 滝沢登山口(戻ってきました)
画像

18:16 民宿の食事
画像

見られた花39品種
トリアシショウマ、タマガワホトトギス、キツ
リフネ、キツネノボタン、ツルアリドウシ、マ
イズルソウ、アカモノ、ユキザサ、ギンリョウ
ソウ、ヤグルマソウ、ミツバオーレン、ゴゼン
タチバナ、バイケイソウ、ベビサラサドウダン
、イワイチョウ、ハクサンコザクラ、ミヤマキ
ンホウゲ、ショウジョバカマ、チングルマ、イ
ワカガミ、ワタスゲ、ハクサンシャクナゲ、ツ
マトリソウ、ナナカマド、ベニバナイチゴ、オ
トギリソウ、ヨウラクツツジ、アズマシャクナ
ゲ、コヨウラクツツジ、ハリブキ、ヨツバムグ
ラ、ハナニガナ、アクシバ、コフウロ、クルマ
ムグラ、ツクバネソウ、キランソウ、キケマン
、ヤナギラン

今回コース
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック