2018/07/31 花の月山へ

画像

昨年の9月に姥沢から登って紅葉を楽しんだが
wnabeさんが地元の山なのに未踏、花の月山を
楽しむことにした。朝 nonboさんに急用が出来
三人で月山へ向かう。6時半過ぎに8合目登山
口を出発。木道の散策路を歩き月山に向かうが
ここは今キンコウカが盛り、他にミツガシワ、
ミヤマリンドウ、ウラジロウラク、トモエシオ
ガマ等も見られた。池塘があるので数多くの花
が咲くのでは・・・。周遊路を離れ月山方面へ
向かう。木道は終わり整備された岩の道になる
鳥海山も同じだが歩き易い。右手に一の岳を巻
きながら登って行くがこの辺りはチングルマ、
アオノツガザクラが見られる。振り返れば遠く
昨日の鳥海山、この広がりは気持ちが良かった
。しばらく行くとニッコウキスゲ、ミヤマダイ
モンジソウ、ハクサンシャジン、ハクサンフ
ウロそしてハクサンイチゲが現れた。お花畑!
顔を上げると月山の裾野が広がり、「山大きい
!」そして広い尾根道、草原を空に向かって歩
く感じだった。仏生池小屋が見えここで休憩。
出発して約1時間半。ここからも同じような広
い尾根を登って行くヨツバシオガマ、ウサギギ
ク等も現れ、行者返しの標識がある所へ唯一ち
ょっと急な岩場だ。越えてもずっとお花畑、ト
ウヤクリンドウが現れ、アキノキリンソウ、ミ
ヤマウスユキソウも。木道があらわれるとあと
もう少し、ハクサンイチゲが増える。最後木道
が無くなるとヒナザクラが現れチングルマも。
頂上に着くころになるとガスが出始め、展望が
無くなった。まずは月山神社へ、お祓いを受け
てお参り。昨年は神社の神主はおらず入れたが
、季節はちゃんとお祓い(拝観料も)がある。
参拝済ませてほんとの月山へ。神社の北側に三
角点がある。三角点の少し下でチングルマとヒ
ナサクラに囲まれ休憩。そしてのんびり下山開
始。木道あたりまで降りて来るとまた青空が見
え始め、気持ちがいい尾根を下って行く。日差
しが暑い。仏生池小屋で登りにお預けにしたソ
フトクリームを食べ身体を冷やした。美味しか
った!その後はひたすら歩く。月山分岐へ12時
前に着き、御田原参籠所へ寄って登山口へ。途
中の池塘の淵が赤くなんだろうと思ったらモウ
センゴケの群生だった。天気は上々、花一杯の
月山で思い切り楽しんだ。この傾斜なら雪が残
ってる時期また来てみたいと思った。休暇村羽
黒で汗を流し、新庄駅に戻り、帰途に着いた。
日本海の夕焼け、暴風での撤退、酒田や羽黒山
観光を含め思い出に残る3泊4日の山旅だった


月山<1984m>(日本百名山)
晴 10.7Km +655 -656m
メンバ:wnabeさん、sawaさん

月山八合目登山口6:40→6:55月山分岐→7:42一の岳横
→8:07仏生池小屋8:14→8:39行者返し→9:22月山神社9:31
→9:35月山9:57→10:53仏生池小屋11:03
→11:55月山分岐→12:03御田原参籠所→12:13八合目

6:33 八合目駐車場
画像

6:50 木道を行く
画像

6:56 イワイチョウ
画像

6:56 キンコウカ
画像

6:58 ニッコウキスゲ
画像

7:00 八合目と 遠く鳥海山が見える
画像

7:15 一の岳を包む雲
画像

7:42 一の岳の横を抜けて
画像

7:47 鳥海山がよく見える
画像

7:54 ハクサンイチゲ
画像

8:06 仏生池小屋
画像

8:15 登ります
画像

8:40 行者返し
画像

8:42 行者返しを越えとまた穏やかな道
画像

8:43 トウヤクリンドウ
画像

8:44 ミヤマリンドウ
画像

8:54 空へ
画像

9:02 ミヤマウスユキソウとミヤマリンドウ
画像

9:05 木道を行く
画像

9:09 遠くに月山神社が見えた
画像

9:11 ヒナザクラ
画像

9:12 チングルマ
画像

9:22 月山神社参拝
画像

9:35 月山 三角点で
画像

9:44 ハクサンイチゲの横で休憩
画像

9:53
画像

10:07 月山方向はガスって
画像

10:48 下に仏生池小屋 と ニの岳
画像

10:53 仏生池小屋のソフト
画像

12:01 御田原参籠所
画像

12:07 池塘の周りの赤いのはモウセンゴケ群生
画像

12:11 八合目駐車場到着
画像

登拝認定証
画像

今回コース
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック