2018/08/17-18 火打山、妙高山へ

画像

昨年、頸城山塊の一つ雨飾山に登ったが今年は
その東にある、火打山、妙高山へ行くことにな
った。 wnabeさんは初マイテント泊になる。今
年は雨が降らず水場は使えず、販売飲料水も売
り切れ等の事前情報もあり各人黒沢の水場から
必要水を持ち上げた。また天気の回復が遅れ、
一日目は雨具を着てスタート、天候の回復を待
ちながら登ったが、天気が良くなったと思った
ら悪くなるの繰り返し、一日目の火打山は展望
のない登頂となり残念だった。夜も雨の可能性
と気温の低下で急遽小屋泊に変更したが、結果
は朝霜が降りる寒さで小屋泊に変更して正解だ
った。二日目は前日と打って変わっていい天気
最高の天気で妙高山に登頂で来た。以前から妙
高は登りたかったのでバンザイ!

火打山<2461m>(日本百名山)、茶臼山<2171m>、
妙高山<2454m>(日本百名山)、妙高山北峰<2446m>
晴 27.7Km +2399m -2405m
メンバ:nonboさん、msakaさん、wnabeさん

<17日>笹ヶ峰登山口~火打山~高谷池ヒュッテ
笹ヶ峰登山口7:48→8:07グリーンハウス分岐→8:45黒沢9:05
→9:21(1/12曲り)→9:43(12/12曲り)9:51
→10:46富士見平10:53→11:45高谷池ヒュッテ12:45
→13:06天狗の庭→13:46ライチョウ平→14:22火打山14:41
→16:02高谷池ヒュッテ

予定より15分遅れでスタート。最初はブナ林の
木道を緩やかな傾斜で登って行く。雨の後のつ
ややかな森林歩き、ツバメオモトの青い実やカ
ニコウモリの花等が見られ約1時間で黒沢に着
いた。ここで水を積んで本格的登り、階段道も
出て来る。約15分程で十二曲りに突入。約標高
差120mを九十九折れで登って行く。久し振りに
ツルニンジンに出会った。十二曲りの終点でち
ょっと休憩して、ここからは尾根道歩き、木の
根っこに岩の道、多くの段差があり意外と歩き
にくい、約1時間で富士見平に到着した。ぼち
ぼち天候が回復してもいい時間だが雨が降った
り、上がったり。ここから高谷池ヒュッテへの道は
ほとんど標高差がないので歩き易い道かと思っ
ていたが夏草が伸びて葉っぱに着いた雨が身体
に触れるし、岩のデコボコ道ですんなりとは歩
けない道で約50分かかった。高谷池ヒュッテに着い
たが雨は少し激しくなり休憩料を払ってヒュッテ内
で休憩、天候の回復を待つことにした。残念な
がら回復の兆しがなく、ザックをデポして火打
山へ向かった。湿原の天狗の庭にはヒメウメバ
チソウ、エゾシオガマ、イワショウブ、イワイ
チョウ、ミョウコウトリカブト等が見られた。
特に火打への登り斜面にはミョウコウトリカブ
トの群落も!高谷池ヒュッテから約1時間半で火打
山山頂に到着。ガスに覆われ山頂からの展望は
無かったが瞬間、上空に青空が現れる場面もあ
りちょっと期待したが残念ながら滞在時間中も
展望は無かった。下山を始めるとまた雨が降り
出し、どうも天気予報悪い方にずれてる雰囲気
になり、テン場の様子が気になって急いで下っ
た。天狗の庭へ下る途中で妙高山が姿を現す場
面がありちょっと歓喜した。ヘリ輸送の関係で
テントを張るのは4時からと言われていたが下
山が遅れテントを張るいい場所が少なく、また
これからの雨と朝方の気温の低下を考えると小
屋泊がベター、宿泊の空きを確認したところ食
事無しなら宿泊出来るとの事。 wnabeさんの初
マイテント泊はダメになるが、小屋泊に変更し
た。早速夕食の準備、トン汁味のソーセイジ鍋
でちょこっと乾杯して食事。明日の晴を期待し
て就眠した。

7:47 登山口にて
画像

8:05 ブナの明るい林
画像

8:41 ツバメオモトの実
画像

8:45 黒沢
画像

9:09 石ゴロの道
画像

9:26 ツルニンジン
画像

10:18 十二曲りを過ぎて
画像

10:45 石の道続きます
画像

10:54 富士見平
画像

11:37
画像

11:37
画像

11:44 高谷池ヒュッテ
画像

12:45 火打山へ
画像

12:57 ヒメウウメバチソウ
画像

13:09 天狗の庭
画像

13:36 火打山への登り
画像

14:28 火打山にて
画像

15:25 火打山の帰路で妙高山が
画像

16:53 乾杯
画像

<18日>高谷池ヒュッテ~妙高山~笹ヶ峰登山口
高谷池ヒュッテ5:39→6:16茶臼山→6:49黒沢池ヒュッテ7:15
→7:33大倉乗越7:37→8:15長助池分岐8:21
→9:30妙高山北峰9:32→9:42妙高山10:03
→10:12妙高山北峰10:16→11:15長助池分岐11:29
→12:07大倉乗越12:11→12:32黒沢池ヒュッテ13:00
→13:57富士見平14:03→14:59(12/12曲り)
→15:28黒沢15:41→16:26笹ヶ峰登山口

朝起きると素晴らしい天気、小屋窓から北アル
プスが見える。食事を済ませ外へ出ると火打山
、影火打、焼山が青空に並んで見える。近くに
アルプス展望台があるとの事で行ってみると雪
倉岳、白馬三山、立山、五龍岳、鹿島槍、槍、
穂高が見え、手前には高妻山。昨日と打って変
わって素晴らしい景色だ。流石アルプス展望台
。さて妙高向けて出発、足元の木道は霜が降り
少し凍ってる場所もあり滑る。茶臼への稜線に
出ると日本海が見えた。茶臼山は通り道の感じ
で表示が無いと通り過ぎてしまう。ここから黒
沢ヒュッテへは約150m一気に下る。下に黒沢池が見
え前に妙高山でいい眺めだ。1時間10分で黒沢
池ヒュッテ到着。ここでザックをデポして妙高山へ
向かう。大倉乗越へは約150mの登りで、ここで
外輪山を越える事になる。遠く燧ヶ岳、至仏山
、白根山が見える。ここから長助池分岐へ向か
うがここは日差しがあり暑い。まず一気に80m
程下りそのあとはだらだら下るが道は歩きにく
い。約40分かかった。長助池分岐にはベンチが
ありそして日陰で涼しくほっとした。長助池分
岐からの登りは岩道の急登り、標高差400mを一
気に登る。目の前に大きな岩壁が見えてくると
標高約2300m付近、ふと振り返ると火打山、焼
山が姿を現し、ちょっと疲れが飛ぶ。標高2400
mの北峰への尾根に上がると東の展望が開けオ
ーっと言う感じ、下に野尻湖が見える。少し行
くと祠がありしめ縄も。そしてオー!富士山が
見え、妙高山北峰に到着した。北アルプスが良
く見える。そして妙高山へ約10分、富士山、南
アルプス、八ヶ岳、そして奥秩父山塊、手前に
は浅間山、四阿山、ご褒美をもらった感じでし
た。約20分休憩して下山開始。北峰へ戻り、登
って来た道を急降下、長助池分岐で長めの休憩
を取り、大倉乗越を越え黒沢池ヒュッテへ到着。サ
ブザックで水を1Lしか持たなかったので水の
量をちょっと心配したが今日は気温が低く、ま
た長助池分岐からの急登が日陰だったのでなん
とか持った。黒沢池ヒュッテからは黒沢池の高層湿
原の中を歩き富士見平へ戻り、来た道を下山、
無事距離約16Kmの二日目の長丁場を終えた。最
後は今日が誕生日の nonboさんの祝いも兼ね反
省会をして今回の山行を終えた。

5:18 鹿島槍から白馬、雪倉まで
画像

5:37 高谷池ヒュッテ
画像

5:39 焼山 裏火打山、火打山
画像

6:36 常念岳、前穂、奥穂、南・・・槍
画像

6:47 霜が
画像

6:49 黒沢池ヒュッテ
画像

7:33 大倉乗越から燧、至仏が見える
画像

7:34 火打山です
画像

8:03 長助池分岐への道
画像

9:20 妙高への登り
画像

9:28
画像

9:29 富士山です
画像

9:31 妙高山北峰
画像

9:38 穂高から白馬岳
画像

9:43 浅間山、奥秩父、富士山、八ヶ岳、南ア、中央ア
画像

9:44 妙高山にて
画像

9:57 槍です
画像

10:13 北峰にて
画像

12:57 下山前に黒沢池ヒュッテと
画像

13:14 湿原
画像

13:35
画像

14:10 もうすぐ登山口
画像

今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック