2018/09/03 伊豆宇佐美 巣雲山へ

画像

台風21号が接近、月曜日だけが晴れ間予報。飯
豊山の前にもう一度歩いておくかと思い。仲間
にメール、出かけることになったがさて軽い所
は・・・。以前検討したことのある伊豆宇佐美
の巣雲山にした。出発したが小田急線では雨に
なり、伊豆もどうも10時過ぎまでは雨模様、ど
うするか小田原駅で仲間と相談したが、大した
雨でもないし実行することにした。宇佐美駅に
到着、やはり霧雨のような雨、笠で歩くことに
して出発。市街地を歩き仲川に近づき、川に沿
って緩やかに舗装道を登て行く。気温は比較的
低いが湿度が高く、蒸し暑い。汗がドンドン出
て来る。川沿いの道からミカン畑をゆっくり曲
がりながら登り始めるとミカンの丘に来た感じ
になる。おや!足元に白い蟹、一杯居ました。
所々に「みかんの花咲く丘コース」の看板が見
られた。汗はドンドンでる。道が枯れ葉で少し
隠れ始めると舗装道路が終了、北に方向を変え
ガレ道に変わった。幅はそれなりにあり shima
さん舞駆ならOKだ。登って行くとガスでぼんや
りだが開けて草原ぽくなり、突然薄日が差し、
ぼちぼち晴れるか?大丸山への分岐で大丸山方
面へ。ちょっと紅葉してる木も、山頂手前には
富士見展望ひろば、富士山が見えるはずが真っ
白。そしてすぐに大丸山、樹林の中だった。ま
だ雨がパラパラ。ここから巣雲山までは伊豆ス
カイラインの近くを歩く。時折車の音が聞こえ
るがやっと樹林の中を歩く自然の道になった。
少しひんやりして、さすが森は涼しい、汗が引
いていく。自然の道は雲の巣に悩まされる。ヤ
マボウシの実が赤くなってる。アケビも・・・
まだちょっと早い。ちょっと秋の楽しみも。40
分程で草原へ出た。雨は上がっているがガスで
ぼんやり、看板が見える。建物も、展望台のよ
うだ。12時半前に巣雲山到着。なにも見えない
。風があり涼しい。ガスの中で食事、結局展望
は無かった。でも草原で晴れてたら海も見え気
持ちがよさそうに思えた。さて下山少し戻って
南方向に下山を始める。雨の後でちょっと粘土
質、スベリそう。慎重に慎重に!伊豆スカイラ
インに出てすぐに左手へ。生仏の墓があり、そ
こからは水で浸食されが溝の中を歩くような感
じで道も荒れて歩きにくい。ここも滑りそう。
行者滝があり、沢を渡って降りて行く。ここか
らは比較的歩き易い山道だった。約30分程で舗
装された林道に変わり、別荘地の中へ出た。こ
の頃には青空も現れ、もう少し早く晴れてくれ
たらと思った。後は舗装道を宇佐美駅へ、約1
時間の道のりだった。宇佐美駅付近の日帰り温
泉旅館で汗流しさっぱりして、小田原で反省会
。展望がダメだったが私としては縦走前のいい
練習になった。

巣雲山<580m>、大丸山<502m>
雨のち晴 12.3Km +787m -787m
メンバ:nonboさん、sawaさん

宇佐美駅10:03→10:57舗装道終了11:02→11:22大丸山分岐
→11:35富士見展望広場→11:40大丸山11:42
→12:23巣雲山12:50→13:01生仏の墓→13:27舗装道
→13:34巣雲山入口→14:36宇佐美駅

10:00 宇佐美駅
画像

10:12 傘さして
画像

10:31 果樹
画像

10:37 カニだ
画像

10:40 ミカンの丘
画像

10:44 ミカンの花咲く丘 看板
画像

10:52 落葉が
画像

10:58 舗装道が終わり
画像

11:20 太陽が
画像

11:20 ちょっと草原
画像

11:22 大丸山の看板
画像

11:25 カエデ 紅葉?
画像

11:40 大丸山へ
画像

11:41 大丸山山頂で
画像

11:49 巣雲山へ やっと登山道らしく
画像

12:00 笹の道
画像

12:01 アケビが
画像

12:16 ヤマボウシ
画像

12:20 また草原に
画像

12:23 ガスってる
画像

12:24 巣雲山にて
画像

13:03 下山路
画像

13:12 この辺りは歩き易い
画像

13:34 巣雲山入口
画像

13:56 海に岩だ
画像

今回コース
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック