2018/09/16 高尾山へ -金毘羅台コースと金毘羅山ー

画像

飯豊山から帰り、天気がいい時久し振りに仲間
と山歩きと思って shimaさんに連絡、6月以来
なので軽く行こうと言うことになり一旦金曜日
で決まったが直前天気が変化日曜日になった。
mryaさん達も金曜日の山が流れたこともあり、
我々と合流、佐渡の金北山、会津駒以来のメン
バーで総勢9名での高尾山になった。賑やか!
コースは shimaさん選定の初めてのコースが含
まれる。登りに金毘羅台コースで一号路に合流
、かすみ台で混雑を避け、3号路を進み、5号
路から高尾山へ。下りは稲荷山コースを下り、
清滝駅から南高尾山稜の四辻へ向かい、そこか
ら金毘羅緑地の金毘羅山を経由して高尾へ下る
コース。高尾山口駅で待ち合わせ、7月の会津
駒以来約2ヶ月振り、皆元気そう。高尾山口は
人が多いが我々が向かう方には人は来ない。静
かな道に我々の声だけが響く。ヒガンバナ咲い
ている。今年初めて見る。ゲンノショウコも咲
いている。人家の脇を通りながら10分ちょっと
で登山口に、ここからすぐに細い登山道、ヤブ
ラン、ノブキ、ホトトギスの咲く道を登るが意
外と急登、ちょっと蒸して汗が結構出た。皆で
「風、風が欲しい!」と。30分弱で以前来たこ
とがある金毘羅台園地。以前 shimaさんと二人
で高尾山のバリ探索時を思い出す。ここから蛇
滝経由で高尾山まで4時間近くかかったことが
ある。ここから一号路に合流あっと言うまに賑
やかな道に。そしてかすみ台から人に少ない3
号路へ進む、高尾山のぬしの shimaさんがずっ
と先頭。3号路は確かに人は少ない、涼しくい
い道だ。何時も新鮮に感じる。5号路に合流、
山頂へ。山頂は大人数。山頂標識での写真撮影
は順番待ち。我々は旧山頂標識で。昼食を食べ
、稲荷山コースを下る。登ってくる人が多く、
雨の後で道がぬかるみ、すれ違いが大変だった
。約1時間で清滝駅に下山、少し休憩して、後
半の金毘羅山へ向かう。以前南高尾山稜を高尾
へ下ったことのある道を逆に四辻まで登り、左
手へ進む。すると右手に高尾霊園が見え、意外
と展望がいい尾根道になった。小さなアップダ
ウンを繰り返し進むが結構キノコが多かった。
一旦住宅地の舗装道にでるが金毘羅山は左手の
山道へ。二つ小さなピークを越えると浅川金毘
羅宮の鳥居と階段が現れた。金毘羅宮が山頂の
ようだ。途中歩く人が少ないのか少しヤブぽか
ったが無事到着。後は下って高尾山駅近くの舗
装道に降りた。そこからは5分ちょっとで高尾
駅に着いた。約13Km、意外と歩きごたえのある
コースだった。八王子の稲荷湯で汗を流し、さ
っぱりして何時もの反省会。楽しい反省会にな
った。またやろうと約束して帰路に着いた。

高尾山<599m>、金毘羅山<256m>
曇のち晴 13.0Km +774m -788m
メンバ:shimaさん、nonboさん、mkatsuさん、
sawaさん、ingakiさん、nishiさん、mryaさん、
kobaさん

高尾山口駅8:33→8:45金毘羅台登山口→9:10金毘羅台園地9:18
→9:201号路合流→9:32リフト→9:39かすみ台
→9:413号路分岐→10:13休憩10:15→10:395号路合流
→10:45高尾山11:26→12:05東屋12:14
→12:46清滝駅13:02→13:06登山口→13:20四辻13:22
→13:25休憩13:29→13:31休憩13:38→14:22金毘羅山
→14:31登山口→14:37高尾駅

8:37 登山口へ
画像

8:38 ゲンノショウコ
画像

8:38
画像

8:44 ヒガンバナ
画像

8:45 なごやかに
画像

8:47 登山口
画像

8:51 ホトトギス
画像

8:51 ヤブラン
画像

8:55 結構急坂
画像

9:22 一号路を
画像

10:13 三号路
画像

10:46 高尾山頂にて
画像

12:41 稲荷山コース
画像

13:03 高尾の店前
画像

13:15 四辻へ
画像

13:20 四辻
画像

13:25 展望が開けた
画像

13:38 アップダウンの尾根道
画像

14:04
画像

14:17 シュウカイドウ
画像

14:17 人家脇を
画像

14:21 金毘羅宮階段
画像

14:22 金毘羅山山頂
画像

14:29 小さい祠
画像

14:32 登山口
画像

今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック