2018/10/17 霧ヶ峰、八子ヶ峰 -紅葉の盛りにー

画像

本来なら今日は赤岳から編笠山へと向かってる
はずだが昨日天狗岳から下山。やはりどこかへ
寄って帰えらないと。昨日瑞牆山に登っていた
nonbo さんと夜に合流、三人になった。このメ
ンバ、計画豹変、ハプニング満載、言語意味不
明瞭に支離滅裂のグループ、どうなることか?
朝のスタートは鼻戸屋山の紅葉を見て、入笠山
に登って帰宅と出発したが・・・。鼻戸屋山、
紅葉に気配なし、入笠山マイカー規制・・・。
で霧ヶ峰へ変更、11時半に車山のリフト駐車場
に着いた。やはり寒い。防寒服を着て、リフト
へ。あっと言う間に山頂駅に到着。雲がかかっ
ており展望は下だけ。下は日差しがある。山頂
写真で引返そうとしたらshima さんに「車山の
肩まで歩こう」と言われ、行ってみる事にした
。草原の広がり、八島湿原が下に見え、鷲ヶ峰
が見える。この景色見たらずっと歩いて見たい
気になるが今日は見るだけ、引返した。道端に
は高山植物のドライフラワーが少しあった。そ
れにオトギリソウの葉っぱの紅葉なども。1時
間弱山頂で楽しみ、冷えた体を途中の喫茶店で
温めながらコーヒーとピザでくつろいで駐車場
へ戻った。帰って調べてみると車山の肩は標高
1817mで車山から1Km、標高差-100mあるよう
だ。

車山<1925m>
晴 1.3Km +53m -53m
メンバ:shimaさん、nonboさん
 
リフト駅10:59→11:02車山11:06→11:19肩
→11:32車山→11:41リフト駅

10:20 白樺湖
画像

10:38 リフトで
画像

11:04 もう山頂
画像

11:20 八島湿原 と 鷲ヶ峰
画像

11:23 ドライフラワー
画像

11:28 ヤマハハコ
画像

11:32 車山山頂のドーム
画像

12:05 おしゃれに
画像

車山を離れ、今度は八子ヶ峰へ寄ることににた
。この辺りはshima さんの得意な行動範囲、あ
ちこち説明を受けながら女神茶屋駐車場へ到着
。女神茶屋からは以前蓼科山へ登っている。そ
の反対側が八子ヶ峰への登山口。約100m登ると
信濃自然歩道と合流し、八子ヶ峰ヒュッテへ続
く尾根道になる。八子ヶ峰から蓼科湖へのハイ
キングコースだ。草原の道を進むとなにやら標
識が立っており、八子ヶ峰_東峰頂上とあった。
ここが八子ヶ峰の最高峰、東峰だった。八子ヶ
峰の本峰は見えず、そのまま一ピークを越えて
みたら遠くにリフトが見える、あの辺りの様だ
。このコース草原の尾根を歩くのでなかなかよ
さそうだった。三人で機会があれば又来ようと
帰ることにした。八子ヶ峰は最近ラジオ深夜便
で高山植物のドライフラワーと展望の話を聞き
出かけたかった所、よかった。この辺りのカラ
マツは紅葉しており、北横岳をバックにした紅
葉は綺麗だった。

八子ヶ峰_東峰<1925m>
晴 2.1Km +197m -182m
メンバ:shimaさん、nonboさん
女神茶屋駐車場13:14→13:35八子ヶ峰ヒュッテ
→13:40八子ヶ峰_東峰13:43→13:56八子ヶ峰ヒュッテ
→14:19女神茶屋駐車場

13:36 白樺湖から八子ヶ峰 紅葉だ
画像

13:16 登山口
画像

13:31 八子ヶ峰ヒュッテ
画像

13:36 草原を進む
画像

13:41 八子ヶ峰_東峰
画像

13:46 二つ目のピークにリフト あれが八子ヶ峰の本峰
画像

14:10 北横岳をバックに紅葉の盛り
画像

14:12 紅葉バックに
画像

14:27 女神の展望台より
画像

14:29
画像

今回コース
画像


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック