2018/12/08 六国峠ハイク -金沢文庫~大丸山、大平山ー

画像

今年の忘年山行は金沢文庫から能見堂緑地、金沢自
然公園を通り、天園を経て鎌倉まで続く六国峠ハイ
クコースを歩くが、我々は大平山の後は覚円寺付近
で今泉台へ下り、半僧坊BSから大船に出て、昨年と
同じ観音食堂で宴の計画。昨年同様 snoさんがお膳
立てをしてくれた。金沢文庫駅に集合、総勢8人で
出発。街中歩きを約10分やってから、りっぱな六国
峠入口看板のある所からハイキング道なる。まずは
標高差40mほど階段道で登り、少し平坦になり粘板
岩のような平らな岩の道を歩く。落葉が結構多くな
かなかいい感じだ。ちょっと右下を見ると黄色と赤
色の綺麗な紅葉の場所があった。階段を上がってち
ょっと草むらに入ると三角点があった。両脇が笹の
道を進むとベンチが有り、広場が有る。能見堂跡地
だ。室町時代からの古い歴史がある場所の様だ。ち
ょっと休憩して進む。すぐ近くは人家が多い場所な
のにかろうじて自然が残ってる道、貴重な場所だ。
ほぼ平坦な道で金沢自然公園の方面に進むと約1時
間で金沢自然公園入口付近にある展望台の場所に着
いた。展望台からは海が見え、造船所らしい建物も
見え、また左手に八景島らしい建物も見えた。自然
公園に入り、ののはな館の脇からしだ谷へ、名前の
通りシダが多い谷あいの木道の上を歩く。ちょっと
異次元の場所に来た感じ、でも紅葉は有り、秋を感
じた。しだ谷からか階段で上に登る。久々の登りで
きつく感じた。ここあとは高速道横を約400m、そし
て道路をくぐり、・・・。階段が見える!そしてよ
いこら、よいこら、辛い階段を登る。標高差70mく
らいあるかも?大丸山へはもう一本階段を通らない
道もあるようだが今は通行止め。上がってからの道
は自然のいい感じの道だった。途中で丹沢方面が見
える場所があったが丹沢の上は雲がかかっていた。
下は住宅街がすぐ近くまで来ている。大丸山へは最
後は階段、ここも辛かった。山頂は結構人がいたが
うまい具合にベンチとテーブル確保出来、昼食タイ
ム。ここからも海が見えた。大丸山からは約45分で
天園へ、古い道らしく、岩を切り出して道を作った
ような場所もある。天園に来ると人はどっと多くな
り、横浜市内の最高地点。昨年もここへは来ており
二回目だ。そして大平山へここは鎌倉市の最高地点
とあった。ゴルプ場から少し行って岩場を登ると大
平山、ここも人は多かった。ここまで来ると後は下
り、約30分で半僧坊BSへ到着した。丁度いい時間で
バスで大船駅に向かった。距離は12Km弱、だが標高
が低いので疲労感はない。いいハイキングだった。
大船で観音食堂の予約時間にちょっと早く、少し待
って15時から忘年会、宴には久し振りに msakaさん
も合流。美味しい魚料理を肴にいい気分になった。
今年は夏場ちょっと天気が悪かったがそれでもいろ
んな思い出の山に登れていい年だった。

大丸山<156m>(横浜市最高峰)、天園<157m>(横浜市最高点)
大平山<159m>(鎌倉市最高峰)
晴 11.7Km +687m -592m
メンバ:snoさん、shimaさん、sawaさん、msakaさん、
wnabeさん、ingakiさん、、nishiさん、mryaさん

金沢文庫駅9:30→9:39六国峠入口→9:51三角点
→9:56能見堂跡10:04→11:06展望台11:12
→11:16金沢自然公園11:19→12:05大丸山12:30
→13:14天園13:20→13:28大平山13:30→13:49バス停分岐
→13:59半僧坊BS

9:30 金沢文庫駅
画像

9:39 六国峠入口
画像

9:45
画像

9:47 
画像

9:47 右下は紅葉
画像

9:51 三角点
画像

9:55 町はすぐそこ
画像

10:06 能見堂跡付近
画像

10:07 
画像

11:04 展望台へ
画像

11:05 展望台から
画像

11:24 しだ谷付近の紅葉
画像

11:24 しだ谷木道
画像

11:26 しだ谷からの階段道
画像

11:36 高速道路をくぐる付近
画像

11:41 階段が続く
画像

11:57 丹沢方面
画像

12:04 大丸山への最後の階段
画像

12:28 大丸山にて
画像

12:56 切通しみたいな感じ
画像

13:15 天園にて
画像

13:29 大平山にて
画像

13:45
画像

16:55 大船にて
画像

今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック