山頭克の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019/01/13 鍋割山へ ー雪景色と蝋梅ー

<<   作成日時 : 2019/01/14 11:31   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

天気予報で前日初めて雪マーク、待ちに待った雪景
色が見られるのでは・・・。鍋割山へ鍋焼きうどん
を食べに出かけた。渋沢駅で待ち合わせ何時もの様
にタクシーで県民の森へ。県民の森駐車場は一杯で
やはり雪見の登山が多いようだ。準備をして出発、
ひんやりとした空気が気持ちがいい。大倉からの道
と合流手前の直登道でやはり身体が暑くなり上着を
脱ぎ、長袖シャツになった。緩やかな林道歩きだが
早朝の登りは身体が重い。仲間と喋りながら鍋割山
荘の水置き場までゆっくり歩く。途中山の高い所が
雪が付いている様で白い。霧氷になってるか?ちょ
っと気持ちがはやる。水置き場からは沢を渡り本格
的登り、後沢乗越まで20分強ゆっくり進む。後沢乗
越で小休止。さてここから鍋割山へ後1時間頑張れ
ば鍋焼きうどんだ!標高1050mを越えた辺りで道に
ちょっと雪が残っている。標高1150mを越えるとぐ
っと雪景色に変わった。道はまだらに雪だが、周辺
はほぼ雪景色変わった。雲に遮られて日が射すのが
遅れたのが幸いしたようだ。ラッキー!鍋割山荘ま
での葯20分間の登りは雪景色を楽しみながら登った
。途中で青空も現れ、樹氷の付いた木々に日差しが
当たると、雪が輝き、いい時に登った!と・・・。
11時前に鍋割山荘に到着、早速鍋焼きうどんを注文
した。そして11時05分には温かい鍋焼きうどんを口
にした。約1年振りだ。さて下りは何処へ下るか?
今回は鍋割山へ行って鍋焼きうどんを食べる所まで
しか決めてない。sawaさん、 nonboさんが寄へ下っ
た事がないとの事で寄へ下ることになった。12時前
に下山開始、後沢乗越まで登って来た道を下る。下
りかけて雲の間に一際白いものが・・・、どうも富
士山らしい。すぐに雲に隠れたが一瞬喜んだ。後沢
乗越までは登って来る登山者と結構すれ違った。後
沢乗越から栗ノ木洞の登りは標高差100mの登り、傾
斜が急で結構辛い登りだ。調べてみるとこのコース
を下るのは2009年と2012年に下っている。しかし、
ほとんど記憶に残ってないが櫟山付近を歩いている
と突然昔、道間違いで下った場所を思い出した。記
憶がよみがえるのはひょんなことがきっかけになる
のだと・・・。寄に近づくと何か下に紅白の幕が見
える。ドンドン下るといい匂い。蝋梅でした。今年
は早いのか?三分咲きぐらいで綺麗な蝋梅だった。
思いもよらぬ蝋梅をみる事が出来、皆大満足。雪景
色と花を味わえいい山行になった。

鍋割山<1272m>、栗の木洞<908m>、櫟山<810m>
晴 12.2Km +1040m -1225m
メンバ:msakaさん、wnabeさん、sawaさん、nonboさん

県民の森8:32→8:54二俣→8:57小丸尾根分岐
→9:17水置き場9:19→9:41後沢乗越9:46
→10:49鍋割山11:37→12:30後沢乗越12:35
→12:58栗ノ木洞13:02→13:15櫟山13:31
→14:04蝋梅園14:24→14:54寄

9:13 沢を渡り
画像

9:20 水置き場の沢渡り
画像

9:36 もうすぐ後沢乗越
画像

9:50 後沢乗越からの登り
画像

10:16 雪が残って居る
画像

10:30 どんどん雪景色に
画像

10:33 いい感じ
画像

10:36 青空も見えてきた
画像

10:38
画像

10:41 日差しが差し出し綺麗
画像

10:49 鍋割山荘
画像

11:07 鍋焼きうどん
画像

11:35 鍋割山にて
画像

11:49
画像

12:29 後沢乗越
画像

12:46 栗ノ木洞への登り
画像

12:59 栗ノ木洞にて
画像

13:15 櫟山にて
画像

14:23 蝋梅園
画像

14:40 蝋梅
画像

14:42 蝋梅と
画像

14:43 ホトケノザが咲いてる
画像

16:53 松田のドンド焼きの飾り?
画像

今回のコース
画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019/01/13 鍋割山へ ー雪景色と蝋梅ー 山頭克の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる