2019/02/09 縞枯山・茶臼山でスノーシュー

画像

寒波の来襲で関東は雪警戒予報、八ヶ岳はどのくら
い影響が出るか?気にはなるがまずは行ってみる事
にした。9時過ぎに北八ヶ岳ロープウェイへ到着、
スノーシューを借りてロープウェイに乗り込んだ。
あっと言う間に標高1771mの山麓駅の銀世界へ。準
備をしてイザ!私は3回目のスノーシュー、足慣ら
しを兼ねゆっくり雪の上へ、良い感じだ。まずは雨
池峠へ、ここまでは平坦な道、周りの樹木に樹氷が
付いている、ちょっとした谷間のような窪地を進む
。周りの銀世界、人もほとんどいなくて素敵。曇で
太陽の日差しがなくサングラスが要らない。これも
景色を邪魔しない、いい天候だった。仲間達も初ス
ノーシューを楽しんで歩いている。さっと谷間の場
所から開け縞枯山荘が見える。開けたところはそれ
ほど雪の量はない、下草の頭が見える。約30分で雨
池峠へ到着、ここまではずっと木道の上の雪道。こ
こから縞枯山への登りが始まる。樹林の中の登り道
、雪があるので足元を気にせずマイペースで登れる
。スノーシューの爪もしっかり雪を掴んでくれて不
安感無し。実際は登山道以外の道を踏みたいがちょ
っと傾斜が出て来て止めた。約30分で縞枯山山頂に
到着。コースタイムより早い、歩き易いのだ。山頂
の木は風にさらされるのでエビノシッポが大きく伸
びて美味しそう。山頂からは少し雪の尾根道を歩く
。周りはガスって何も見えない。縞枯山の展望台ま
では緩やかな下り道だが、展望台は岩の道なので今
日は全く視界が無く、パスして茶臼山へ。五辻分岐
まで約70m一気に下った。ここも下り易い。樹林の
中の道から立ち枯れた木々の為に明るくなった場所
に来ると分岐だ。前に茶臼山が木々の隙間から見え
る。約80m程登れば茶臼山山頂標識がある。昼は茶
臼山の展望台で取る予定で展望台へ向かった。そか
し、吹き曝しの場所はやはり風があり顔を向けられ
ない。展望もなく、体感温度がドンドン下がり無理
。早々に樹林の中に退避して食事にすることにした
。さて樹林の中で座る場所をスノーシューで固めて
スノーシューを外し、足を動かした途端に片足がズ
ボ!膝上まで雪の中、木に掴まって足を抜き、次に
足を動かすと又膝上まで・・・。これはこれはスノ
ーシューの威力を実感した。結局立ったままでの食
事。ここでもmryaさん手造りの餅入りお汁粉が振舞
われ暖かくて美味しかった。20分ちょっとの立食事
後、茶臼山を五辻分岐まで下り、そこから五辻まで
標高差約160mの下った。傾斜は徐々に緩やかになり
ちょっと開けた場所が五辻でここからロープウェイ
山頂駅へは緩やかな登り。途中から雪が降り始め、
一層ガスって来た。もう少し激しく降り、風が出る
とホアイトアウト状態になる?安達太良山で一度ホ
アイトアウト状態を経験しておりちょっと思い出し
た。約40分でロープウェイ山頂駅へ到着、約3時間
半の雪山ハイク楽しかった。ロープウェイで下に降
りて来ると駐車場は真っ白、我々は丁度いいタイミ
ングで来て、うまく帰れた。


縞枯山<2403m>、茶臼山<2384m>
晴 6.2Km +586m -580m
メンバ:sawaさん、nisiさん、mryaさん

ロープウェイ山頂駅9:42→10:04縞枯山荘→10:11雨池峠10:15
→10:45縞枯山10:50→11:13五辻分岐11:19→11:33茶臼山11:35
→11:37茶臼山展望台12:00→12:10五辻分岐→12:28五辻
→13:10ロープウェイ山頂駅

9:43 出発
画像

9:44
画像

9:48 縞枯山荘へ
画像

9:51 いい感じ
画像

9:54
画像

9:58
画像

10:03 前に縞枯山荘
画像

10:09 雨池峠へ
画像

10:21 雨池峠から登り
画像

10:47 縞枯山にて
画像

11:05 下ります
画像

11:20 立ち枯れた場所 五辻分岐近く
画像

11:24 茶臼山へ
画像

11:34 茶臼山にて
画像

11:39 展望台近く エビノシッポも
画像

11:46 お汁粉と昼食
画像

12:02 茶臼山から下ります
画像

12:28 もうすぐ五辻
画像

12:58 雪が降り始めた
画像

13:07 ロープウェイ駅近く
画像

今回のコース
画像

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック