2019/02/10 山梨百名山 帯那山へ

画像

今回の最終日どこへ行くか?雪が無い山梨百名山の
帯那山へ行くことにした。ヤマレコを見ると太良峠
から登ってる人がおり、ここから登ることに決め出
発。太良峠からは林道を歩き途中から登るようだが
尾根にも踏み跡があり尾根を歩くことにした。右手
下には大弛峠へ続く林道が見える。ちょっと木立が
切れる左手の遠くに白い山が見える。お!農鳥岳と
それから伸びる広河内岳、白河内岳辺りの様だ。尾
根に沿て歩くと一旦林道付近に降りる。そこから一
気に上がる余り歩かれて無い様な踏み跡とはっきり
したトラバース道があり距離は長いがトラバースを
歩いた。この道もメインではないようで倒木が結構
あった。10分弱で馬込方面から来る登山道と合流、
正規の登山を登った。先程ではないが枯草と倒木が
散見する道、途中でnisiさんが「あ!山繭だ!」と
初めて見ました。ヤママユから採取した糸は黄緑色
を帯び、丈夫で光沢があるそうだ。一旦林道を横断
、登り続けると途中でまたヤママユ、今度は木に付
いていて綺麗だった。そして石仏が現れた。下積翠
寺からの登山道と合流地点だ。暫く登って行くと無
線中継局の建物が現れ、そばに東屋があり暫し休憩
を取った。ここから先は幅が広い林道で東側が伐採
地。伐採地からは富士山がよく見える。また左手に
は大菩薩嶺から滝子山まで小金沢連嶺が一望できた
。そしてお坊山、三ツ峠山、黒岳、富士山と東側の
展望台だった。ここから標高1347mのピークへ登る
が林道は大きく九十九に続く途中で南アルプスの絶
景ポイントがあった。聖岳、赤石岳、悪沢岳、農鳥
岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、鳳凰、甲斐駒の南ア
ルプスオンパレードだった。そのまま林道を歩いて
行くとちょこっと帯那山山頂の矢印表示、カヤト原
のようなところを登って行くと山頂だった。山頂原
っぱからは目の前に富士山、北側は雪が付いた金峰
山、甲武信ヶ岳が見える。日差しがあり暖かくポカ
ポカ感があり気持ちが良かった。ここで昼食を食べ
た。さて奥帯那山へ、尾根伝いに約10分で到着、二
等三角点があった。帰路は同じ道を帰るが徐々に気
温が下がり上着を着て歩いた。同じ道を帰る予定だ
ったが最後は尾根道を外して車道歩きで大良峠へ戻
った。この山は登山道多いのと、林道が近くを取り
巻いていて山の感じが薄いがいい展望の場所が結構
あり手軽に楽しめそうな感じがした。約4時間弱の
歩きだったがよかった。

帯那山<1375m>(山梨百名山)、奥帯那山<1422m>
晴 8.1Km +465m -481m
メンバ:sawaさん、nisiさん、mryaさん

太良峠10:05→10:18林道→10:26登山道合流
→10:30休憩10:33→10:43林道横断→10:58石仏
→11:11東屋11:17→11:23伐採地11:25→11:28展望所
→11:42山頂入口→11:47帯那山12:18→12:29奥帯那山12:34
→12:45山頂入口→13:11石仏→13:20林道横断
→13:27尾根道分岐→13:31車道→13:43太良峠

9:59 太良峠
画像

10:06 尾根道
画像

10:07 農鳥岳だ
画像

10:14 尾根道
画像

10:20
画像

10:23 倒木が多い
画像

10:36 ヤママユ落ちていた
画像

10:43 林道横断
画像

10:47 カヤトの道
画像

10:57 木に付いていたヤママユ
画像

10:59 石仏
画像

11:17 無線中継所
画像

11:22 大菩薩嶺から小金沢連嶺
画像

11:23 富士山
画像

11:28 南アルプス展望所から聖、赤石、悪沢
画像

11:28 農鳥岳から北岳
画像

11:28 北岳 仙丈 甲斐駒
画像

11:43 山頂へ
画像

11:46 山頂から富士山
画像

12:03 山頂にて
画像

12:03 金峰山
画像

12:18 帯那山にて
画像

12:19 甲武信ヶ岳
画像

12:30 奥帯那山にて
画像

13:11 帰路の石仏
画像

13:31 車道の登山口
画像

今回のコース
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック