山頭克の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019/04/28 セーメーバンから宮地山へ ー私の平成最後の山行ー

<<   作成日時 : 2019/04/30 03:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

大菩薩連嶺の一角にセーメーバンと言う山があり以
前から気になっていた。近辺の雁ヶ腹摺山、姥子山
、吹切峰、野脇ノ峰、大樺ノ頭、大峰、水無山等は
歩いているがここは空白地帯、昨年個人的に宮地山
から大垈山、セーメーバンそして稚児落とし、岩殿
山の計画を立てたが台風で岩殿山がダメになり延期
していた。4/21何気なくツアーのパンフレットを見
てたら距離は短いが行きたい山が全部入っているツ
アーが有り、まだ参加枠が残っていて、急遽申し込
んだ。前日雪が降り丹沢は真っ白になったので、ち
ょっと心配したが集合場所の大月駅から見える山は
雪の兆候は無なかった。念の為に軽アイゼンを持っ
てきたが必要なさそうだった。大月駅でメンバー待
ちの間に愛媛から来ましたの声が聞こえ、その人に
声をかけてみると、なんと新居浜の方。こんなマイ
ナーな山で会うなって・・・、びっくりです。電車
事故で出発は遅くなったが、まずはタクシーで金山
登山口へ、そこからサクラ沢峠へ向けて出発。山道
に入り約10分歩くと、沢筋を横り切る所が道が細く
、崩れ易そう。そこをクリアして尾根に乗ると比較
的広い尾根道で約15分でサクラ沢峠へ着いた。サク
ラ沢峠からセーメーバンへは尾根をずっと登って行
く。結構広い尾根で新緑の尾根道、日差しが明るく
良い尾根だった。登って行くと鉄塔があり、そこは
展望が良かった。ふと見ると遠くに雪を被った独立
峰が見える。どこだろう?高度を上げると周りも見
え初め、ふむ!あれが大室山見たいなので・・・、
あんなに三角に見える山は?丹沢で高い山は蛭?蛭
ヶ岳のようです。ここから見ると立派な姿だった。
ここからは鉄塔に沿って登って行くので展望がいい
。富士山が姿を現し、昨日の雪で光るぐらい白い。
手前の鹿留山もちょっと白い。右の三ツ峠山の間に
いいバランスの富士山だった。標高900mを越える辺
りから樹林が邪魔して富士山は視界から消えた。急
登を2回繰り返してセーメーバンの山頂に着いた。
樹木に囲まれ展望は無いが今は若葉の時期で透けて
周りが見える。三等三角点があった。セーメーバン
から宮地山分岐までが落葉樹の明るい尾根道、そん
なにきつくなく、いい尾根道だった。約40分で到着
。ここで昼食休憩を約20分とり、大垈山へ向かった
。あっと言う間に到着、東肩だと思うが「大垈山標
高1179m」の標識があった。ここで写真を撮り引返
した。分岐からは下り、まずは60m程、ふかふかの
広い尾根を下る。そのあと小さなピークを二つ越え
て進むが、結構広い尾根でちゃんと地図見ながら歩
かないといけない場所。尾根を外しかけた歩きもあ
り、なんかコースの取り方が甘い様な気がした。特
に二つ目のピークを越え方が不自然?風景的にはい
い雰囲気の場所だった。宮地山の肩への最後の約40
mは急登だった。宮地山も落葉樹の中の山頂、石が
欠けた?等三角点があった。頂上から7分くらい行
ったところに山神の石があり、そこからの下りは急
坂だった。ゆっくり慎重に下る。落葉が溜まってる
急坂は苦しい。350m程下ってちょっと一息付ける穏
やかな痩せ尾根に入るがその手前で一人転んだが木
に引っ掛かり事なきを得た。用沢分岐で最後の休憩
を取り、宝鏡寺薬師堂登山口へ16時前に降りた。今
回のコース当初思ってたより明るくていい雰囲気の
尾根道、綺麗な富士山も見れて良かった。これなら
一度、大峠から一気に下って見たい気になった。

今回が平成最後の山行になるが山を意識してから11
年、山行回数は713回、山行日数が798日、登
った山の数が1060山が平成の私の記録になった。

セーメーバン<1006m>、大垈山東肩<1179m>、
宮地山<1112m>
晴 10.0Km +898m -1005m ツアー参加

販岡町金山登山口9:36→9:42山道→9:56休9:59
→10:16サクラ沢峠10:21→10:40鉄塔10:45
→10:56休11:00→11:24セーメンバン11:27
→12:08宮地山分岐12:25→12:31大垈山東肩12:34
→12:38宮地山分岐12:43→13:35休13:40
→13:53宮地山14:01→14:08山神→14:55休14:59
→15:08用沢分岐15:15→15:54宝鏡寺薬師堂登山口

9:35 東沢、土沢合流点
画像

9:53 沢筋横断
画像

10:04 尾根を登って
画像

10:22 サクラ沢峠の祠
画像

10:30 明るい尾根
画像

10:41 雪被ってる三角の山 蛭ヶ岳
画像

10:45 丹沢の蛭ヶ岳 大室山 に雪
画像

10:50 富士山
画像

10:52 左に鹿留山 右に三ツ峠山
画像

11:08 明るい尾根歩き
画像

11:19 セーメーバンへ最後の登り
画像

11:25 セーメーバンにて
画像

11:37 大垈山へ
画像

11:49 ブナの芽が
画像

12:06 登ります
画像

12:25 宮地山分岐
画像

12:27 大垈山へ
画像

12:33 大垈山にて
画像

12:44 大垈山からの下り
画像

12:59 広い尾根道
画像

13:45 宮地山への急登
画像

13:54 宮地山にて
画像

14:08 宮地山の祠
画像

14:11 急降下
画像

14:50 葉っぱが一杯
画像

15:15 用沢分岐
画像

15:31 ここも葉っぱが
画像

15:46 最後の下り
画像

15:54 到着
画像

今回コース
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019/04/28 セーメーバンから宮地山へ ー私の平成最後の山行ー 山頭克の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる