2019/04/06 信濃大町 鷹狩山と入笠山へ  ー八方尾根は強風で歩けずー

画像

天気は良いが風が強い予報、八方池山荘までのゴン
ドラが動くか心配だったが行ってみるしかない。八
方のゴンドラ駅に9時頃到着予定で出発した。安曇
野ICを降りると常念岳、蝶ヶ岳辺りの尾根、やはり
風が強そう。しかし、雪の山は綺麗。どんどん北上
、特徴的な爺ヶ岳、鹿島槍が近づき、「風が収まっ
てくれ」と願う。五龍岳の五龍菱が見える、白馬も
・・・スキーを滑ってるのが見えるが白馬付近は風
が舞ってる!うーん!やはり、ゴンドラは動いてな
かった。1時間ほど喫茶店で様子を見たがダメそう
。諦めて近くで北アルプスを眺められる展望場所を
探すと信濃大町に鷹狩山、山頂から北アルプスが一
望とあり、そこに寄って、まだ雪が楽しめそうな入
笠山へ戻ることになった。鷹狩山は山頂近くまで車
で行ける。10時半過ぎに駐車場到着、すぐに階段道
が上へ伸びている。上がると神馬の像と社、神社の
参道だった。5分で着いた。そして、ワー!白馬か
ら餓鬼岳までの雪景色が目に飛び込んで来た。すご
い。山頂から少し前に下がった場所がより展望がい
い。餓鬼岳の左手に大天井岳、常念まで視野が広が
った。正に北アルプスの展望台だった。たった20分
の行程だったが大満足して車に戻り、一路入笠山へ


鷹狩山<1164m>
晴 0.5Km +45m -51m
メンバ:sawaさん、msakaさん、wnabeさん、mryaさん

登山口駐車場10:40→10:45山頂10:57→11:01登山口駐車場


7:38 車から 蝶ヶ岳 常念岳 表銀座 風が強そう
画像

7:56 車から 爺、鹿島槍 五龍
画像

8:36 白馬辺り
画像

8:37 五龍岳 武田菱がちらり
画像

8:52 八方尾根 風が舞ってる
画像

9:45 フクジュソウ
画像

10:03 帰路 五龍岳
画像

10:41 鷹狩山の階段
画像

10:45 祠と神馬
画像

10:46 蓮華岳から北 爺、鹿島槍、五龍、白馬
画像

10:47 蓮華岳から南 餓鬼岳まで
画像

10:48 前の展望所へ下がると
画像

燕岳 大天井岳
画像

10:48 遠く 蝶ヶ岳 常念岳まで
画像

10:51 爺、鹿島槍、五龍、白馬 バックに
画像

10:56 鷹狩山にて
画像

鷹狩山コース
画像


13時過ぎに富士見パノラマリゾートに到着、準備し
てゴンドラに乗った。前回2月に来た時よりも雪は
少し多かった。アイゼン感覚を楽しむためアイゼン
を着けてスタート、入笠湿原への下り斜面にも前回
よりは雪があった。wnabe さん滑ってみるがもう午
後雪は軽くなく滑れなかった。マナスル山荘近くの
斜面の雪も前回より多く、歩くとボソっと落ちる所
がある。取り敢えず縦横無尽に歩ける量、ギリギリ
の時期だった。今年は関東雪が少なく、ほとんど雪
を味わえなかったのでこんな雪でもいい気持ちだ。
1時間弱で山頂に到着、午後で霞み始めていたが、
それでも北アルプスは見られた。午前にはあそこに
居たのに・・・、と思いながら諏訪湖越しに鹿島槍
辺りを眺めた。中央アルプスは太陽を背にしてるの
で霞んだシルエット、逆に鳳凰、甲斐駒、仙丈はク
ッキリ青空の中に見える。八ヶ岳は何時も通り綺麗
な山容で。mryaさん自家製の甘酒を飲みながら約20
分、展望を楽しみ下山開始。マナスル山荘への下り
は入笠湿原の傾斜よりきついので wnabeさん再度雪
滑りに挑戦、うまく滑れた。そして仲間も次々とス
ベリ下りた。景色と雪遊びを楽しみ15時半にゴンド
ラ駅到着。約2時間手軽な雪山を楽しみ帰途に着い
た。いつも思うが入笠山はホント手軽で色々楽しめ
る。

入笠山<1955m>
晴 4.3Km +376m -365m
メンバ:sawaさん、msakaさん、wnabeさん、mryaさん

ゴンドラ山頂駅13:26→13:43山彦荘13:48
→14:30入笠山14:49→15:16山彦荘→15:32ゴンドラ山頂駅


13:38 入笠湿原へ
画像

13:58 マナスル山荘脇の花畑
画像

14:18 標識埋まってる
画像

14:19 女坂登ります
画像

14:41 山頂から乗鞍岳 穂高岳 槍ヶ岳 鹿島槍 見えます
画像

14:41 甲斐駒です
画像

14:42 八ヶ岳
画像

14:44 山頂にて
画像

15:02 滑ります
画像

画像

今回のコース
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック