山頭克の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019/04/16 栃木百の若見山へ −イワウチワが咲いたばかりー

<<   作成日時 : 2019/04/17 17:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

snoさんに誘われ栃木百名山の二座、若見山と安戸
山へ出かけた。まずは一座目の若見山、6時過ぎに
所沢を出発、一路那須へ。天気は良く、車中から男
体山や女峰山が雪を被って良く見える。こちら方面
へはなかなか出かけないので貴重な風景だ。そして
高原山が見え、那須岳が見えた。真っ白。9時前に
は登山口に到着、準備してスタート。早々に九十九
折れの急登、足が突っ張る。かなりの急斜面、真下
に道路が見える感じだ。登山口から標高差約200m弱
を登ると尾根に乗った感じになり傾斜が緩んだ。暫
く進むと尾根から外れトラバース気味に進むように
なり鉄塔に近くなる。ふと見ると足元にピンクの花
が・・・イワウチワが咲いてました。時期が早いの
では?と心配していたが、咲いたばかりのようでチ
ラホラ。綺麗で可愛い。周り一面イワウチワの葉が
見える。最盛期には一面ピンクで埋まるのでは!時
期が早かったと言えるが満足。道を進み折り返して
鉄塔の尾根に乗り、進んで行くとまたイワウチワの
葉が少し見られるがここはまだ蕾もなかった。階段
が設置されて小さなアップダウンを越えて行くとち
ょっと広いコルの広場のような場所に出た。ここは
カタクリの葉っぱが見られた。まだ早いようだった
。ここは若見山を周遊する分岐点でまずはそのまま
尾根を登った。この道はほぼ直登でなかなかきつい
。気を緩めると後に戻りそう。少し休み休み登った
。山頂は落葉樹の中、今の時期だから木々の間から
雪を被った白い日留賀岳が見えた。時期がずれると
展望がない山になる感じだ。山頂には若見山の標識
が一杯あった。あり過ぎ。山頂近くにちょっと雪が
残っており、最近雪が解けたのかな?10分程山頂で
休憩して下山は少し傾斜が緩い南東尾根を下り、少
し傾斜が緩くなる標高1045m付近から山頂を巻くよ
うに分岐点へ戻る。ちょっと崩れかけた場所があり
、そこはロープが設置されていた。山頂から20分ち
ょっとかかっており、急だが登った道を帰る方がよ
かったかなと思った。後は同じ道を下山、途中1組
の登山者に会った。やはりイワウチワが目的の様だ
った。下りの時には白いイワウチワも咲いてるのに
気が付き、ラッキー!約2時間半の山歩きだったが
目的の花が見られ良かった。簡単そうに思えた山だ
ったが登って見ると意外とハードで、気を抜くとな
にかありそうな山だった。

若見山<1126m>(栃木百名山)
晴 4.8Km +567m -568m
メンバ:snoさん、shimiさん

上塩原シェルター先駐車場所8:40→9:02休9:11→9:17休9:20
→9:39分岐9:42→9:55若見山10:05→10:27分岐→11:06駐車所

7:51 車中から高原山
画像

8:41 登山口
画像

8:56 九十九折れだが結構急坂
画像

9:16 イワウチワが咲いてる鉄塔下
画像

9:17 咲いたばかりのイワウチワ
画像

9:18
画像

9:22 鉄塔への登り
画像

9:23 鉄塔
画像

9:35
画像

9:40 分岐付近
画像

9:41 カタクリの葉
画像

9:49 山頂への急登
画像

9:54 山頂にて
画像

10:01 樹木の間から日留賀岳
画像

10:05 南東尾根を下る
画像

10:16 分岐へのトラバース道
画像

10:19 ロープ場所
画像

10:26 分岐
画像

10:42 帰りでのイワウチワ
画像

10:44 イワウチワ
画像

今回のコース
画像

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019/04/16 栃木百の若見山へ −イワウチワが咲いたばかりー 山頭克の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる