2019/04/16 栃木百の安戸山へ -セリバオウレンが咲いていたー

画像

栃木百名山巡り本日の二座目、安戸山へ。若見山か
ら箒川沿いを「道の駅しおばら」へ戻り、そこのベ
ンチで昼食を食べ、安戸山の登山口の蟇沼へ向かっ
た。道の駅からは丁度安戸山の山容が見える。安戸
山は植物を愛した昭和天皇が皇太子の頃登られたそ
うだ。蟇沼登山口近くに駐車してスタート、すぐに
小さな神社があった。神社を過ぎて歩いていると小
さなエンレイソウの葉っぱが目立つ、そして咲いて
ました。今年初のエンレイソウ、いつも見てるより
小さいエンレイソウだった。そして小さな橋を渡る
とニリンソウにキクザキイチゲが・・・。キクザキ
イチゲは咲いたばかりであちこちに咲いている。思
いもかけなかったので嬉しくなった。高尾山に比べ
てひと月遅いかな?小さな橋を渡ってからは本格的
な山道になった。若見山に比べて傾斜は緩く、歩き
やすい道だった。30分程で石の祠があった。そして
そのまま進むと安戸山と1010mのピークの間のコル
部へ到着、約1時間だった。ここは幅が広い林道の
終点のような感じの所だった。ここで休憩して、安
戸山へ向かう。初めは笹の原っぱのような中を進み
、安戸山を巻くように北西の尾根に向かう。この場
所にはちょこっと雪が残っており、歩いていると足
元に白い小さな花が見える。屈みこんでみると一面
のセリバオウレン、え!「セリバオウレンが咲いて
いる」と声が出てしまった。可愛い、初めて見たの
は八ヶ岳の森の中で、妖精みたいな感じがしたが、
今回は明るい日差しの中なのでちょっと雰囲気が違
った。でも可憐で好きな花だ。安戸山の北東尾根に
着くと方向を変え最後の登り。この辺りにはイワウ
チワの蕾が見られる。また、カタクリの葉も。徐々
に傾斜が強くなり、設置されているロープを少し使
いながら登る。登り切って、さあ頂上だと思ったら
、先があった。笹原を歩いて約200mで山頂に着いた
。二等三角点があり、展望は無いが今の時期、葉が
落ちた木々に中に白い那須岳が見えた。少し休憩し
て下山、先程の急坂を下る。ロープがあるが固定し
ている間隔が長く、複数でロープを持つと振られる
ので極力使わずに下った。急坂を下った後の道は非
常に下りやすい傾斜で比較的早く下れたと思う。帰
路でカタクリの蕾を一輪見つけた。もうすぐ一面に
カタクリが咲くのだろう。15時に登山口に到着、約
3時間の安戸山登山を終了した。この山は山頂直下
の急坂以外はほんとに歩き易い、花の多い、いい山
だった。

安戸山<1151m>(栃木百名山)
晴 7.3Km +667m -672m
メンバ:snoさん、shimiさん

蟇沼登山口12:01→12:08橋→12:29休12:33→12:38祠
→13:03安戸山分岐13:19→13:32尾根→13:45安戸山13:59
→14:20安戸山分岐14:22→15:04蟇沼登山口

11:47 道の駅から安戸山
画像

12:02 神社横を
画像

12:06 小さなエンレイソウ
画像

12:08 小さな橋渡り
画像

12:09 ニリンソウ
画像

12:09 キクザキイチゲ
画像

12:23 歩き易い道
画像

12:38 途中の小さな石の祠
画像

12:57 陽だまりの中分岐に向けて
画像

13:01 前方は分岐
画像

13:20 笹の道を
画像

13:25 ちょっと雪が残ってる
画像

13:27 セリバオウレン
画像

12:28
画像

13:31 方向を変えて尾根を
画像

13:31 イワウチワの蕾
画像

13:35 最後に急登
画像

13:37 
画像

13:45 安戸山にて
画像

13:51 樹木の間から那須岳
画像

14:17 カタクリの蕾
画像

15:03 駐車場所に到着
画像

今回のコース
画像

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック