山頭克の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019/05/05 津久井城山へ 

<<   作成日時 : 2019/05/06 11:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「おはようございます。今日は忙しいですか?」と
のメール。電話して「居るよ。・・・・・どこか行
くか?」で神奈川百名山の津久井城山へ行くことに
なった。家まで迎えに来てもらい、津久井城山へ。
ここは定年後一時発掘に携わったがその時(2009年
5月)に1ヶ月ほど応援にきた津久井城址発掘現場
、なつかしい。おもに本城曲輪、米曲輪等のコンタ
ー測量とトレンチ断面の図面書き。測量は急斜面で
足場悪く、且見通し悪く苦労した場所。城山の標高
は約375mあり、毎日山登り気分だった。パークセン
ターの駐車場に車を止め出発。結構車が来ておりも
う少しで満車、危なかった。公園遊びの人の中を昔
歩いた道で山頂へ。ジシバリ、キランソウ、オカタ
ツナミソウが咲いている。男坂女坂分岐付近まで来
るとホウチャクソウが目立つ。何時もの様に男坂を
登る。やはりそれなりにきつい傾斜だ。樹林の中風
も有り心地よい。10分程で飯縄曲輪分岐の到着。こ
こで先ずは本城曲輪へ。山頂周辺を発掘をしてたの
で懐かしい風景が・・・、あそこを発掘したなあー
!あそこも!思い出す。山頂に筑井古城記念碑の前
でまずは記念撮影をして、資材を運ぶモノレールの
発着所近くまで行ってみる。下に津久井湖が見え、
遠くに大菩薩の小金沢連嶺が見える。霞んでいるが
はっきり望むことが出来た。昔を思い出す。山頂付
近のベンチでコーヒータイムを取り、連休中の出来
事のおしゃべり、気温は暑くなく、寒くなく。下り
はまず飯縄神社、大杉に寄って女坂を下る。飯縄神
社は以前来たが記憶に残ってなかった。大杉は落雷
にあって火災跡が生々しかった樹齢 900年だったの
に・・・。女坂はやはり傾斜が緩く歩き易い。ホウ
チャクソウの道だった。これだけ見るともういいと
wnabe さん、ホウチャクソウが可哀そう。ユキザサ
が辛うじて二輪残って居た。ここにも咲くんだ!ナ
ツトウダも咲いていた。男坂女坂分岐まで下り、そ
のまま展望広場へ下った。ここでアレ!キンランが
咲いたばかりで綺麗でした。展望広場からは丹沢方
面が綺麗に見えた。なかなかいい場所だった。その
後も花を探しながらパークセンターに戻った。約2
時間の歩きだったが花も結構咲いており楽しかった
。wnabe さん神奈川百名山一つゲットで喜んでいた
。私も懐かしい場所久々に来られた良かった。

津久井城山<375m>神奈川百名山
晴 4.2Km +291m -267m
メンバ:wnabeさん

パークセンターP9:58→10:20男坂女坂分岐
→10:29飯縄曲輪分岐→10:35城山11:00
→11:08飯縄神社→11:10大杉→11:19飯縄曲輪分岐
→11:39男坂女坂分岐→11:48展望広場
→12:11パークセンター

10:06 オカタツナミソウ
画像

10:13 山道
画像

10:18 ホウチャクソウ
画像

10:19 男坂女坂分岐手前
画像

10:19 男坂女坂分岐
画像

10:27 飯縄曲輪分岐手前の岩道
画像

10:32 もうすぐ城山
画像

10:35 筑井古城記念碑で
画像

10:38 モノレール発着所
画像

10:39 遠く大菩薩が見える
画像

10:44 コーヒータイム
画像

11:07 飯縄神社
画像

11:10 大杉
画像

11:28 ユキザサ
画像

11:38 ナツトウダイ
画像

11:39 分岐
画像

11:40 展望広場へ
画像

11:43 キンラン
画像

11:48 展望広場から 丹沢 仏果山も見える
画像

11:59 津久井湖
画像

12:06 ニワショウゼキ
画像

12:10 甲冑体験
画像

12:14 展示発掘資料
画像

2009年発掘時の写真 懐かしい
画像

画像

画像

今回コース
画像

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019/05/05 津久井城山へ  山頭克の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる