2019/06/12 念願の利尻山へ 

画像

2017年宮之浦岳へ登った後でいつか最北端の百名山利尻山へ行って見たいと思っていた。今年その機運が高まり、どうせ行くならレブンアツモリソウも見たいと6月に行く事になった。当初4人で行く予定がちょっとingakiさんにアクシデントがあり、3人になったのが残念。10日に出発、稚内観光と礼文観光を済まして3日目に利尻山を目指した。登山日までの天気はまずまずの予報だったが前日になって霧の予報に変わっ。前日礼文島の北のカナリアパークから見た利尻山は島全体が利尻山の趣で、海が底辺の二等辺三角形にうっとりしながら、ちゃんと登れるだろうかと思う。前日の夕方は山に雲がかかり姿が見えなかったが、朝ペンション窓から山頂がはっきり見れ、大丈夫の雰囲気だった。4時に野営場まで送ってもらい出発。しかし、サーっと小雨時折あり、四合目で雨具を着けることにした。四合目までアマドコロやクルマバソウが多く見られた。ツバメオモトも多そうだがもう花は終わっていた。四合目を過ぎるとウコンウツギ、マイズルソウ、ヒメゴヨウイチゴなどが現れ、この先どんな花に会えるか楽しみにしながら登った。六合目は展望があり第一見晴台の表示、残念ながらガスって、すぐ近く(海と港)だけしか見えなかった。六合目のすぐ先に初めてのトイレブースもあった。この辺りからちょっと傾斜が急で少し九十九に登って行く。石で少し歩き難い。オオバナノエンレイソウが現れ、これか!徐々エンレイソウは数も多くなり最後は少し飽きて来た。贅沢!ウコンウツギもそれなりに多かった。七合目、胸突き八丁の表示もある。九十九に登って行く。キバナノコマノツメやヒメゴヨウイチゴが見られる。傾斜は急になり岩の道、ますます歩き難い。第二見晴台で・・・周りの尾根にはまだ雪渓が残って居るのが見えるが下は雲海で展望は諦め。約15分で長官山、ここで利尻山の山頂が見えた。まだ遠い。だが山容はやはり綺麗だ。遂にここまで来たかの思いだった。ここから避難小屋へは唯一の下り、低木の道を緩やかに下った。チシマフウロやエゾエンゴサクが咲いている。利尻小屋で雨を避けて20分ほど休憩、他の登山者もやはり休憩8人ほどになっ
た。トイレブースも初めて使った。山頂を目指す。足元の土も少し赤茶けてきて火山を感じる。エゾハクサンイチゲが綺麗、エゾタカネヤナギ、ヤマガラシと現れ疲れを癒してくれるが、標識の合目間の距離が段々長く感じる。”九合目、ここからが正念場標高1410m”・・・まだ標高差300mも登るの・・・て感じだった。益々登りにくい岩の道に、傾斜も急、木があればそれを使って登る。エゾエンゴサクが群生、あ!ボタンキンバイが2輪咲いていた。綺麗だ!ちょっと疲れが飛んだ。振り返ると登って来た尾根が見える。流石に長い。ハクサンイチゲ、エゾエンゴサクは多い。ひたすら登る、崩落が進み侵入禁止のロープの脇も通りながら上へ上へ、ちらっと標識が見え、あれが沓形分岐の様だ。そこから上へまだ登りが続く。火山礫になり足元が益々歩き難い。力がすーっと地面に伝わらない。階段も混じり傾斜は益々急になった。ひょっと見るとちょっと離れてキバナシャクナゲが咲いているが近寄れない。咲いたばかりだ。なんとか頑張って9時過ぎに山頂到着、丁度5時間、長かった。山頂では雨は止み、風もなく、展望は無かったが20分ほどゆっくり出来た。下は雲海、山頂直下の荒々しい山肌は360度見る事が出来た。荒々しい山だった。下山開始、下り始めるとまた雨が、足元も危うい、慎重に!慎重に!下り始めて約1時間、利尻小屋で雨を避けて昼食
タイム。小屋が有って助かった。小屋が無いと雨の中での弁当食いは結構面倒。約30分ゆっくりした。同宿だった兵庫からの登山者がザゼンソウ咲いてるよとの情報、咲いてました。ミズバショウみたいな葉っぱだなあと思ってた葉の下に。確かにそうだ。下る途中でもよく下を探ると終りかけたザゼンソウが結構あった。七合目まで降りて来るとちょっと雨も無くなり雨具を脱いだ。すっきり!六合目を過ぎて樹林に入るともうひたすら下るが長く感じる。13時半前に野営場に到着、何事もなく下山出来た。雨模様で展望は無かったが風も無く、綺麗な花達を見られそれなりに満足出来た。万歳!下山後温泉に入りフェリー乗り場でちょっと祝杯を上げた。ここで山で会った青年と再び再会、温泉でもすれ違っておりちょっと歓談、ヒッチハイクで札幌へ向かうとの話、ヘエー!店は16時閉店その後は船着き場で17時の船を待ち稚内へ引き上げた。

利尻山<1721m>
小雨 13.9Km +1669m -1664m
メンバ:sawaさん、nonboさん

野営場4:10→4:19甘露泉4:25→4:59四合目5:05
→5:32五合目5:38→5:58六合目6:03→6:07トイレ
→6:26七合目→6:59第二見晴台7:04→7:18長官山7:23
→7:34利尻小屋7:54→8:18九合目8:22
→8:48沓形分岐8:50→9:08利尻山北峰9:30
→9:44沓形分岐→10:06九合目→10:27利尻小屋10:57
→11:09長官山→11:21第二見晴台→11:47七合目
→12:04六合目→12:23五合目→12:48四合目
→13:10甘露泉→13:17野営場

3:54 ペンションから
画像

4:09 野営場
画像

4:54 クルマバツクバネソウ
画像

5:21 マイズルソウ
画像

5:28 ヒメゴヨウイチゴ
画像

5:46
画像

6:17 オオバナノエンレイソウ
画像

6:26 七合目 胸突き八丁
画像

6:26 ウコンウツギ
画像

6:37 オオバナノエンレイソウ
画像

6:43
画像

7:05 第二見晴台付近から
画像

7:05 イワベンケイ
画像

7:07 ハクサンチドリ
画像

7:21 九合目にて
画像

8:05 エゾイヌナズナ
画像

8:11 エゾタカネヤナギ と エゾハクサンイチゲ
画像

8:17 ヤマガラシ
画像

8:25 岩の道
画像

8:27 ボタンキンバイ
画像

8:36 あそこが山頂
画像

8:48
画像

8:57 火山礫の道
画像

9:01
画像

9:06 もう少し
画像

9:11 山頂にて
画像

9:17 下を見ると絶壁
画像

9:32 キバナシャクナゲ
画像

9:38 下ります
画像

9:56 エゾエンゴサク
画像

10:56 利尻小屋
画像

10:59 チシマフウロ
画像

11:18 ザゼンソウ
画像

12:54 クルマバソウ
画像

16:51 フェリー港
画像

19:16 稚内港
画像

今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック