2019/06/18 のんびり高尾山へ

画像

梅雨の時期、また天気が悪くなる。ちょっと左足に違和感があり来週の蝶ヶ岳の前に調整した方がいいかなと思い前日押し迫って仲間にメールした。「山予定の人は居ませんか?」。殆ど返信無し。一人で行こう!塔へ行く気になっていたが「のんびり山歩き」の番組が目に入り、足の調整なんだからと「のんびり高尾山を歩こう」と気が変わり高尾山に向かった。駅に向かう途中で珍しく昔の仕事仲間だったGTさんばったり、そして駅近くでTAさんにも出会った。今日は単独なのでちょっと長話をして電車に乗った。高尾山口駅に降りたが珍しく人は少ない。あれ?こんなに静かな高尾山口は初めてかも!さてどのコースを歩こうか?一号路を歩く事にした。東海道自然歩道起点の標識・・・初めて認識した。ここが起点!ゆっくりスタート、今回は意識的にゆっくり周りを見ながら歩く事にした。お地蔵さんがいる。キイチゴが真っ赤に熟れてる。童子像も今回ゆっくり眺めながら、キツネノボタンが咲いている。チゴユリに実が付いている。おっとユキノシタがもう終りかけ。舗装道を登りながら汗が噴き出る。これは先が思いやられなあーと思いながら、金毘羅社に寄って一号路を進む。リフト駅近くになるとちょっと風を感じるようになった。のんびりと一号路を進む。少しは人が増えたが今日は程よい人数に思える。薬王院の階段を上がり、ちょっとレンゲショウマの偵察も。緑の丸い蕾が付いている。今年も健在だ。薬王院の敷地を出て、歩いているとサイハイランが残骸ぽく、二三株。丁度1時間半で山頂到着。木陰で休憩、風が通り涼しい。持って来た弁当を開き、風に吹かれて食事、あとは足を放り投げ、ちょっと昼寝。周りもうるさくなく、すぐ瞼が落ちる。ずっとぼーっと居たかったが、ほどほどに降りる事にした。今日は雲がかかり富士山は見えず、丹沢山系だけがシルエット。下りはどうするか?日陰沢へ降りるか?蛇滝へ降りるか?その時の気分で下ることにした。取り敢えず四号路を歩き始めたが日陰沢?蛇滝?降りてからの平地歩きが暑そうで止め!途中から一号路を戻り琵琶滝に下ることにした。琵琶滝では滝行が行われていた。もう少し花が咲いてい
るかと思ったがこの時期花は少なかった。4時間弱ののんびりハイク後帰途に着いた。これも又良し。

高尾山<599m>
晴 8.3Km +817m -811m

高尾山口駅9:00→9:33金毘羅社→9:45リフト乗り場
→10:09薬王院→10:30高尾山11:23→11:50つり橋
→12:02一号路合流→12:25琵琶滝→12:44高尾ケーブル駅

9:02 ちょっとピンク
画像

9:02 結構水が
画像

9:07 東海道自然歩道起点
画像

9:11 童子像
画像

9:12 熟れてる
画像

9:16 凛と童子像
画像

9:16 キツネノボタン
画像

9:21 実になって
画像

9:23 ユキノシタ
画像

9:33 金毘羅社
画像

9:34 一号路
画像

9:50 
画像

9:51 アジサイ
画像

9:53
画像

9:55
画像

10:05
画像

10:13 レンゲショウマ
画像

10:25 サイハイラン
画像

10:31 高尾山
画像

10:35 助六寿司
画像

11:16 富士山は見えない
画像

11:50 つり橋
画像

12:25 琵琶滝
画像

12:37 セリバヒエンソウ
画像

12:38 お地蔵さん
画像

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック