2019/10/09 蔵王の刈田岳と仙台観光

191009.jpg
2年前栗駒山の紅葉を見にaki さん、秋田の仲間と出かけたが天候が悪く果たせなかった。今年再度挑戦、9月末日帰りで一旦行こうと思ったが、日帰りはもったいないと思い直し、蔵王の屏風岳or熊野岳と併せて実行することにした。初日は蔵王、天気予報では風が強い予報。最悪は山域の変更も考えたが白石蔵王駅でレンタカーを借りており、行くだけは行こうと蔵王の刈田岳へ向かった。途中コマクサ平の展望台からは、不帰の滝を見物しようと寄ったが強風で展望台の手摺りにしがみついて見る状況だった。やはり!ここで今日は熊野岳、屏風岳は無理と判断、安達太良山か一切経山へ変更と思ったが他の仲間が蔵王が初めてなので、せめてお釜だけでもと思い駐車場のある刈田岳へ向かった。刈田岳は駐車場からすぐの場所でお釜が見える。行ってみると駐車場には結構車が止まっており、観光客がお釜見物はやっている様だ。防寒対策をしてレストハウス脇の刈田岳へ、雲が流れ風でさっとお釜が見えた。刈田岳の山頂には神社があり、そこの温度計は氷点下2度を指していた。この風で体感温度は当然氷点下10度以下、外人の観光客が多く、軽装で、ビックリだろう。登山客もいるがこの風で馬の背を越えて熊野岳へ行くのは危険と思われた。約30分で引上げ、強風体験とお釜が見られた事で仲間は満足、後は仙台観光に変更と言う事になった。途中コマクサ平上の大黒天で再び五色岳やそこからの渓谷を眺め、火山の荒々しさとその周辺の紅葉を楽しみ、その後不動滝、三階の滝を見物して青葉城址に着いた。ここは初めてで騎馬に乗った伊達政宗像とご対面、地図に青葉山とあるのでそこへ行きたいと色々探したがフェンス等があり行くことは出来なかった。その後正宗公の菩提寺の瑞鳳殿へ。戦災で焼失したが昭和60年に再建されている。建物の豪華さや遺跡発掘時のビデオも鑑賞で、夕暮れのライトアップ等含めなかなか見応えがあった。

刈田岳<1758m>
晴 0.9Km +67m -69m
メンバ:shimaさん、nishiさん、sawaさん

刈田岳駐車場11:06→11:11刈田岳11:17→11:32駐車場

8:15 新幹線から那須岳
191009_081532.jpg

8:43 新幹線から一切経山
191009_084344.jpg

9:05 白石蔵王駅
191009_090525.jpg

10:45 コマクサ平にて
191009_104517.jpg

10:47 コマクサ平から五色岳
191009_104731.jpg

11:14 刈田岳にて お釜も
191009_111408.jpg

11:44 紅葉
191009_114425.jpg

11:55 屏風岳 宮城県の最高峰が見える
191009_115535.jpg

12:06 大黒天にて
191009_120644.jpg

12:11 大黒天からコマクサ平を見る
191009_121156.jpg

12:40 三階の滝
191009_124052.jpg

14:10 伊達政宗像
191009_141045.jpg

14:13 青葉城址にて
191009_141300.jpg

15:33 瑞鳳殿にて
191009_161221.jpg

191009_161839.jpg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント