2019/11/13 霧ヶ峰 車山肩~殿城山~南の耳~男女倉山~蝶々深山

191113.jpg
霧ヶ峰は最高峰の車山を含め8峰の山で構成されている。今まで、車山、鷲ヶ峰、蝶々深山の3峰しか歩いていなので、今回残りの峰を回ることにした。車山肩からスタート、左回りに南の耳、男女倉山、そして八島湿原へ下り、蝶々深山を経由して戻るコースだ。これで全て登った事になる。登山口へ向かう車中、大門街道の紅葉は先週より綺麗になっていた。ただ空に雲が多い事が気にかかる。白樺湖から霧ヶ峰の山域に入ると一層雲が覆い被る。この辺りだけ雲があるような感じだった。先週来た、伊那丸富士見台Pには車一台も無い。ガボッチョの山らしからぬ姿が見える。8時半頃登山口の車山肩に到着、準備をして出発する。気温が低く風も有り、姿はほぼ冬の装い。車山乗越へ、以前は石ゴロの歩き難い道だった記憶があるが今日は木道、歩き易かった。左下の霧ヶ峰湿原に一人の人が見えるだけ。約15分で車山乗越、ここから先を歩くのは初めて背の低い笹と草の高原を歩く感じ。約10分で殿城倉山分岐、ここから殿城山をピストンする。約60m程笹道を下り、ダケカンバの林を抜け、カヤト草を緩やかに登って行く。そして最後10m程ちょっと登れば殿城山、目の前に蓼科山、白樺湖、ちょっと離れて女神湖も見える。カラマツも紅葉、この時期ならではの景色だった。殿城山分岐へ戻り、南の耳へ。原っぱの中に一筋の道、そして右手て丘陵が続き、ぴょこ
っと盛り上がった場所、あれが南の耳?続く盛り上がりが北の耳?ちょっと青空も見えいい感じになって来た。約25分で南の耳へ到着。歩いて来た道とこれからの道が見える。あれが北の耳、その向こう屋根が見える、あの辺りが大笹峰。標高差30mほど下り、北の耳に、ここも25m程登り返すだけ。そしてちょっと先の分岐から大笹峰へ。ここはピストン、余り人が通らないのか道幅が狭い草原の道でほとんど高低差は無い。丁度日差しも有り風が弱く暖かかった。大笹峰の三角点はスキー場の待合室から離れた草むらの中にあった。この頃になると北アルプスの雲が取れ始め、ぼんやり見えるようになった。形からすると立山らしい姿が見える。西には蓼科山が特徴的な姿で良く見えた。来た道を戻り、大笹峰をパスしたmryaさんと北の耳で合流。ここは風が当たり寒いので昼食は男女倉山でやろうと早々に出発。ここからは標高差約90mほど下り少し登り返して男女倉山へ着くが王ヶ頭の横に白い山?どうも爺ヶ岳の様だ。12時前に男女倉山到着、ちょっと手前の東斜面で風を避けて昼食、ここではmryaさん用意の餅入りお汁粉も出た。感謝。男女倉山の標識いはゼブラ山とあった。ここから八島湿原のトイレまで標高差約130mほど下る。最後の方は道幅も狭く笹が少し伸び、湿った場所も有り、滑りやすそうな場所もあった。湿原近くだからかな?途中で王ヶ頭横に鹿島
槍が姿を現して、先程の爺ヶ岳は間違い無いことが分かった。公衆トイレでまだ車山へ登ってないsawaさんは先行することになった。我々はのんびり物見岩へ、沢の横を歩き、暫く九十九折れに登る。今日初めての本格登りだ。その後はゆっくり登って行く。約30分で岩が並んでいる場所に、ここが物見岩だ。ここからは蝶々深山の向こうに車山が一直線に見える。先行したsawaさんは?見えない。結構飛ばして歩いている様だ。蝶々深山に着く頃にはまた雲が多くなり肌寒さを感じた。風で結構重い蝶々深山の表札が飛ばされた。蝶々深山からの下りはゴロ石帯結構歩き難い。この記憶は残って居た。14時半に車山肩に戻って休憩、コーヒーを入れようとした時にsawaさんが車山を回って降りて来て全員集合。スカッとした天気ではなかったが広々とした霧ヶ峰高原を周遊、山登り的ではないが高原ハイクが出来、万歳!春先辺りもいいかもと思った。

殿城山<1800m>、南の耳<1838m>、北の耳<1829m>
大笹峰<1807m>、男女倉山<1776m>、蝶々深山<1836m>

曇時々晴 13.0Km +611m -611m
メンバ:nonboさん、sawaさん、nishiさん、mryaさん

車山肩P8:41→9:05車山乗越→9:15殿城山分岐9:18
→9:37殿城山9:48→10:03殿城山分岐10:14
→10:41南の耳10:49→10:59北の耳11:02
→11:11大笹峰11:20→11:28北の耳11:33
→11:55男女倉山12:24→12:42公衆WC12:45
→13:18物見岩13:25→13:34分岐13:37
→13:48蝶々深山13:54→14:10車山肩分岐
→14:27車山肩

8:25 先週登ったガボッチョが見える
191113_082527.jpg

8:41 車山肩 準備して
191113_084122.jpg

8:43 車山乗越へ 左 蝶々深山
191113_084324.jpg

8:57 車山
191113_085743.jpg

9:16 殿城山分岐 殿城山は見える
191113_091619.jpg

9:25 近づいた殿城山
191113_092521.jpg

9:37 蓼科山
191113_093738.jpg

9:45 殿城山にて
191113_094550.jpg

10:22 南の耳、北の耳、大笹峰が見える
191113_102254.jpg

10:46 南の耳にて
191113_104643.jpg

10:49 前が北の耳 遠く大笹峰
191113_104923.jpg

10:53 北の耳へ登り
191113_105325.jpg

11:00 北の耳にて
191113_110046.jpg

11:09 大笹峰 休憩所
191113_110924.jpg

11:12 近くの三角点
191113_111220.jpg

11:13 大笹峰から蓼科山
191113_111323.jpg

11:15 小さな大笹峰標識
191113_111528.jpg

11:24 北の耳へ戻ります
191113_112428.jpg

11:31 再度北の耳で
191113_113116.jpg

11:47
191113_114718.jpg

11:49 爺ヶ岳
191113_114913爺.jpg

11:54 南の耳と車山が見える
191113_115448.jpg

12:20 男女倉山にて
191113_122040.jpg

12:22 八島湿原
191113_122204.jpg

12:28 笹道へ
191113_122849.jpg

12:42 公衆トイレ
191113_124215.jpg

12:59 振り返れば 八島湿原と鷲ヶ峰
191113_125934.jpg

13:05 今度は鹿島槍
191113_130535.jpg

13:18 物見岩から 蝶々深山、車山
191113_131842.jpg

13:20 物見岩
191113_132024.jpg

13:32
191113_133219.jpg

13:53 蝶々深山にて
191113_135325.jpg

13:55 蝶々深山からの下り ゴロゴロ石
191113_135507.jpg

14:25 戻って来ました蝶々深山です
191113_142553.jpg

今回コース
霧ヶ峰実.JPG

霧ヶ峰実推移.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント