2019/12/20 生駒山縦走 -人に会わずテン?に遭遇ー

191220.jpg
奈良の実家から見え、山の上にアンテナが一杯立ってる山、生駒山、小学校時代に生駒山の遊園地に飛行塔があり、それに乗って遊んだ記憶がある。大阪の予定を一日早め、生駒山の一等三角点を見て帰宅する事にした。コースは生駒駅~生駒山~暗峠~平岡駅の予定。暗峠は以前お袋と歩いた事があり昔の石畳の道が印象に残って居る。生駒駅で降り、宝山寺参道を登って行く。参道の面影は途中から階段に脇の石碑類ぐらい階段は新しくなっている。途中に熊鷹大明神、強そうな名前の小さな神社だ。生駒駅から15分程で階段が急になって来た。階段の上に鳥居も見える。九丁の石碑がありその先から旅館等が急に現れた。門前町、ただ日本名の旅館に混じって外国名の旅館も、違和感があった。宝山寺に寄り道、ここは役行者の修験道場、江戸時代に歓喜天を祀って湛海律師が再興、商売の神で信仰されたらしい。境内は立派で上に岩場らしい小山が見える、奥の院正に修行の場に見えた。約10分程で登山道に戻り先に進む。ケーブルの脇を登って行くが、これがなかなかの急坂、我慢して登って行く。霞ケ丘駅付近で通行止め標識、う回ルート(約2Km)、え!ここで1.5Km 多く歩くの!仕方なくう回ルートへ、踏切が鳴る。ケーブルが動いている。ケーブルが過ぎた後、渡ろうとするとケーブルのワイヤーが動いているので、その上を渡る。なんかおっかなかった。今までの急登からトラバースの平坦な山道に変わり、ヒンヤリとした冷気と落葉の道、いい感じで足には楽だ。南へ約7分程歩いた所で右手にちょっと踏み跡、白い杭がありマジックで山頂表示、迂回地図の道ではないが登って見る事にした。急登、ちょっとヤブぽくなってる所もあるがアンテナ設備が二塔あり、横に作業用ケーブルもある。正解、作業道だ。10分程で遊園地外周路に出た。最小の時間ロスですんだ。遊園地は休園中、工事の車が結構入って作業している。目の前に飛行塔が見えた。記憶はあれか!遊園地に入り、高い場所の検討を付けて進む。あった!ミニ鉄道線路の中に一等三角点。柵があり閉まっていて近づけなかった。触ることは出来なかったが止むえない。写真を撮って諦めた。遊園地を通り抜け暗峠へ向かう。両サイドに電波塔が一杯立っている。額田への分岐を直進、すぐ鬼取山だが、標識は分からなかった。ここから暗峠へは下り、ちょっと湿って足元が悪い道だった。途中パノラマ台がありここからの展望は良かった。大阪の街、遠く六甲の山、奈良の方は太陽と霞が多く、よく分からなかった。ドンドン下り車道の右手に出て沿って歩き10時過ぎに見覚えのある暗峠に着いた。明治に鉄道が開通するまでは奈良ー大阪を結ぶ最短路だったそうだ。暗峠で休憩してると鳴川峠方面から男性が一人下って来た。平岡へ下る予定だったが何故か先へ進みたくなって大原山へ向かってしまった。舗装道の登り、上は広場、銀樟広場標高526mとあった。ここが大原山と思われる。ここからは緩やかに下って行く。生駒縦走歩道標識が現れ、鳴川峠へ0.5km 、鉄塔が現れてすぐに横峰山が現れた。展望は無い。ドンドン下って行くとすぐ鳴川峠が現れた。ここでも下山しようか迷ってると下から男性が登って来て十三峠へ歩いて行った。十三峠まで進むかと50m程登って行くと手書きの三国山が出て来て東屋もあった。車道脇を進み、車道から離れると府民の森の標識にきのこの様なものがちらちら。六万寺山分岐まで来たがヤブ漕ぎの様なので六万寺山はパス。ここからは車道脇をずっと歩く。車道は平坦だが登山道は小さなアップダウンが続く。車道を歩きたいが自
動車専用道路、歩く事は出来ない。ロープがあるアップダウンも出て来て大きく上がると展望台が現れた。一組の子供連れが鐘を鳴らしていた。一気に下って行くと池があり、車道を渡る陸橋を越えて十三峠に着いた。ここはサザンカが咲いていた。ここまで来ると次は高安山へ。高安山は一度訪れている。相変わらず小さなアップダウンは続く。あ!フユイチゴだ!食べ頃!そして前を小動物が通り抜けた。明るい黄土色、綺麗だ。以前見たことがあるテンに似ていた。トンネルをくぐり、お寺の脇を登って行くと記憶に残って居る高安山付近に着いた。ちゃんとした登山道はなく、小さな方向板に高安山の印、そこから登る。山頂には手造りの山頂表示が一杯、以前訪れた時には三角点しかなかったのに。二等三角点タッチ、この三角点名は峰山、方位とサイズを調べてみた。15cm、方位良し。高安城跡は白村江の戦後に作られた古代の山城跡。山を下り12時41分に高安山駅に到着。人影は全く無し、BSにバスが止まっている。信貴山山門行きのバス、すぐに出発しそうなので今日はこれで終了と思いバスに飛び乗った。客は一人乗っていた。約10分でバスは終点?ここからどうするか?何も考えず朝護孫子寺に歩きだした。途中に開運橋、バンジージャンプの場所があった。怖!仁王門をくぐり、千体地蔵を通り、信貴山BSへ。バスの時刻は14:03、約1時間待ち。うーん
、歩いて降りるか悩んだが。のんびり待つ事にした。大きな待合室に日が差し込み、そこは冬の陽だまり、数本電話しながら足を伸ばし、久し振りにぼんやり、ちょっとローカルないい一時だった。もう少しスタートが早ければちゃんと高尾山を通り、堅下駅まで歩きたかったが半分以上縦走出来たからこれで良し。王子駅までバスに乗り、電車で帰途に着いた。西風が吹いており大阪側寒く、奈良側はちょっと暖かい、殆ど人に会わない生駒山縦走路だったが気になっていた尾根の大半を制覇出来てよかった。関東の高尾山に様に結構歩いている人が居るのかと思っていたが人の少ないのは意外だった。

生駒山<642m>(一等三角点)、鬼取山<631m>、
大原山<522m>、横峰山<474m>、三国山<452m>、
高安山<487m>(二等三角点名は峰山)
晴 14.3Km +1073m -830m 単独

生駒駅8:20→8:27四丁→8:39九丁→8:45宝山寺8:54
→8:57梅屋敷駅→9:10霞ケ丘駅9:35→9:17作業道
→9:27遊園地外周路→9:32生駒山→9:43額田分岐
→9:45鬼取山→9:52パノラマ台→10:10暗峠10:18
→10:29大原山→10:37横峰山→10:44鳴川峠10:48
→10:53三国山→11:01六万寺山分岐
→11:17鐘の鳴る丘展望台→11:36十三峠11:42
→12:11トンネル→12:23高安山12:32
→12:41高安山駅BS12:43→(バス)→12:52信貴山門BS
→12:59仁王門→13:08信貴山BS

8:20 生駒駅
191220_082036.jpg

8:28 灯籠台
191220_082809.jpg

8:28 階段が見え始めた
191220_082811.jpg

8:35 鳥居が
191220_083544.jpg

8:45 宝山寺入口
191220_084514.jpg

8:47
191220_084729.jpg

8:52 境内
191220_085222.jpg

8:54 案内板
191220_085406.jpg

8:57 梅屋敷駅 ここからきつい坂
191220_085719.jpg

9:10 あれ! 通行止め
191220_091032.jpg

9:11 霞ケ丘駅
191220_091112.jpg

9:18 見つけた作業道
191220_091818.jpg

9:25 作業ケーブルが
191220_092512.jpg

9:27 遊園地外周道に出た
191220_092743.jpg

9:32 生駒山一等三角点
191220_093250.jpg

9:32
191220_093259.jpg

9;43 額田分岐
191220_094326.jpg

9:45 鬼取山付近
191220_094517.jpg

9:52 パノラマ台 六甲が見える
191220_095242.jpg

9:58 暗峠へ下る
191220_095821.jpg

10:11 暗峠
191220_101107.jpg

10:11
191220_101137.jpg

10:29 大原山付近
191220_102906.jpg

10:32
191220_103215.jpg

10:37 横峰山 表札あった
191220_103752.jpg

10:57 自動車専用道脇を
191220_105750.jpg

11:00 府民の森 きのこの建物
191220_110014.jpg

11:07 落葉が一杯
191220_110756.jpg

11:17 鐘の鳴る丘展望台
191220_111712.jpg

11:23 池が
191220_112304.jpg

11:35 十三峠
191220_113519.jpg

11:48 池が
191220_114815.jpg

11:51 フユイチゴ
191220_115129.jpg

11:58
191220_115815.jpg

12:04 立石越の標識
191220_120419.jpg

12:11 道路を横切るトンネル
191220_121106.jpg

12:20 ?建物
191220_122020.jpg

12:23 高安山にて
191220_122355.jpg

12:29 二等三角点 ”峰山”
191220_122901.jpg

12:34 高安城跡
191220_123440.jpg

12:42 高安山駅
191220_124206.jpg

12:56 開運橋
191220_125613.jpg

12:59 仁王門
191220_125948.jpg

13:07 信貴山BS
191220_130704.jpg

今回コース
生駒山実50.JPG

生駒山実推移.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント