2020/01/14 鉄砲木ノ頭、高指山、石割山 -すばらしき富士山ー

200114.jpg
shima さんから「今年の初登りちょっと付き合って、富士山見たい、滝子山は?」のメール。メールに気づかず1日ずれて、どうせ行くならドーンと富士山。まだ登っていない鉄砲木ノ頭、高指山、石割山に決まり、道志道を通り8時前にパノラマ台に到着した。雲一つない空をバックの富士山、こんな景色最近無い。南アルプスも赤石、悪沢、塩見、白峰三山・・・。カヤトの中を登って行く。ほぼ直登、意外と背が高く視界を遮る。足元は霜が凍って硬い。高度が上がると徐々に景色が変わる。十二ヶ岳の辺りに甲斐駒も見え始めた。山頂には山中諏訪神社奥宮があり、ちょっと奥に三角点と明神山頂の標識があった。鉄砲木ノ頭の別名。ちょっと展望を楽しみ切通峠へ向かう、幅の広い尾根道だ。三人横に並んで話ながら歩ける。葉っぱが落ちてる樹林で左右の展望は望めないが気持ちがいい。少し前に降ったらしい雪も少し残って居た。緩やかに下り一度登り返したピークがヒモシ峰のようだ。広い山頂のようではっきりしない。そこから今までとは違う勾配の下り、ちょっと北斜面になり雪残りの道。切通峠手前のピークが日当たりが良くここで持って来たお汁粉でちょっと休憩。風もなく以外にのんびり出来た。切通峠へ下り、高指山へ登り返す。東海道自然歩道の標識が出て来て、shima さんここは以前歩いていると、懐かしがった。この辺りに来ると富士山の上
にうっすら雲が出て来た。まさかレンズ雲になるの?高指山手前はちょっと急登、樹林からカヤトに変わり再びいい展望が現れた。今度は赤石の横に聖岳も見えるようになった。ここにもちゃんと三角点。ベンチもあり休憩。ここからの富士山は鉄砲木ノ頭より左の裾野が広がり裾野が左右対称、綺麗だ。以前籠坂峠から歩いた事にある畑尾山、大洞山、楢木山、三国山が並んで見える。30分近くのんびりして下山。カヤトの中を下って行くが鉄砲木ノ頭よりカヤトの背が低く、下に広がる景色と目の前の富士を楽しみながら下った。別荘地まで下り、車道に出て車を置いているパノラマ台までは約2.5Km、最後は100mほど登り返す。三人なのでしゃべりながらで気が紛れるが一人だと少し飽きるかも。12時前に戻って来た。二つのピークで素晴らし富士の景色を見て大満足、そしての石割山登山口へ車で移動。

鉄砲木ノ頭<1291m>(中野村ニ:3等)(神奈川百)、
ヒモシ峰<1250m>、
高指山<1174m>(中野村六:3等)(神奈川百)
晴 8.2Km 544m -537m
メンバ:shimaさん、nonboさん

パノラマ台7:51→8:32鉄砲木ノ頭8:39→8:56ヒモシ峰
→9:18休憩9:35→9:43切通峠→10:14高指山10:44
→11:15車道→11:45パノラマ台

7:37 農鳥岳 間ノ岳 北岳
200114_073709.jpg

7:37 赤石岳 悪沢岳 塩見岳
200114_073714.jpg

8:03 鉄砲木ノ頭へ登ります
200114_080354.jpg

8:33 三角点
200114_083312.jpg

8:33 鉄砲木ノ頭(明神山)
200114_083334.jpg

8:53 広い尾根歩き
200114_085310.jpg

9:09 北斜面
200114_090703.jpg

9:44 切通峠
200114_094411.jpg

9:59 高指山への登りで 富士に雲が
200114_095948.jpg

10:11 もうすぐ高指山
200114_101149.jpg

10:15 三角点
200114_101536.jpg

10:27 高指山にて
200114_102722.jpg

10:28 聖岳が
200114_102838.jpg

10:29 高指山からの富士 裾野が広い
200114_102901.jpg

10:45 鉄砲木ノ頭 三国山 楢木山 大洞山 畑尾山
200114_104504.jpg

10:47 下ります
200114_104749.jpg

11:20 車道歩き
200114_112043.jpg

11:41 パノラマ台へ
200114_114146.jpg


石割山は2012年1月に平野から登り、大出山入口まで縦走したことがあるがshima さんが石割山のピークを踏んでないとの事で石割登山口から周回する事になった。まずは 403段の階段登り、流石に途中で休憩しながら登った。奥宮までは少し傾斜も緩くなり口も開く。大きな桂の木が見え、すごいなと思うと直ぐ後に大きな岩があり社が見えた。奥宮だ。大きな岩に大きな注連縄、そして後ろへ回る。ザックを背負っては通り抜けられない。ザック片手にやっと抜けた。頂上はすぐだろうと山頂に向かったが意外と悪路、土が掘れて木の根っこが邪魔をするし、段差が大きい、それに急登。なんとか山頂に到着すると霜が溶け、泥濘。靴の底に泥が付き足が重い。三角点と山梨百の山頂標識が見えるがそこに行くのがじゅるじゅるで大変だった。空はもう雲が漂い、富士の姿も朝の輝きがなくなった。こんなに変わるのかと、いつもならこんな富士でも感激するが朝の素晴らしい富士を見てると「富士だ!」ぐらい。山頂は腰も下ろせないのでカヤトの中で休憩。周回の下り道は霜が溶けじゅるじゅる下りでスッテンしそうで登って来た道を下るか悩んだがロープの設置もあるので周回コースを下った。ロープがないと幾度も転んだろう。分岐まで降りると足元も落ち着き、歩き易くなった。歩幅の小さな歩き易い階段になり喋りながらドンドン下りていると???下り過ぎ?
分岐を見落とし400m程下り過ぎ、登り返した。15分程ロス。この三人、喋り過ぎるとよくあるパターン、またやってしまった。リカバーして15時前に下山出来た。無事目的の三山を制覇、nonbo さんの希望で忍野八海を見学、温泉は紅富士の湯。残念行ってみると本日休館。石割の湯へ戻ったが混んでいそうであきらめ、道志の湯はまたも休館。しかし、最後に紅椿の湯がやっていた。バンザイ!最後は矢部の大膳で美味しい肴と酒と蕎麦で反省会。なんか最高の富士山で大満足の一日だった。

石割山<1412m>(中野村七:3等)(山梨百)
一ノ砂ノ沢ノ頭<1318m>
晴 5.2Km 496m -490m

石割登山口12:07→12:20休12:25→12:28富士見平
→12:55石割神社奥宮13:02→13:21石割山13:45
→14:03一ノ砂ノ沢ノ頭→14:12分岐→14:26分岐2
→14:30ロス分岐→14:36違い気づく→14:44分岐3
→14:53石割山登山口

12:09 石割山登山口
200114_120908.jpg

12:12 403段階段
200114_121243.jpg

12:55 奥宮
200114_125510.jpg

13:01 岩裏を回る
200114_130102.jpg

13:01 大岩と社
200114_130154.jpg

13:07 悪路
200114_130723.jpg

13:21 三角点
200114_132133.jpg

13:25 雲が多くなってきた
200114_132542.jpg

13:40 石割山にて
200114_134053.jpg

13:48 悪路の下り
200114_134843.jpg

14:03 ひと段落
200114_140357.jpg

14:31 歩き易い階段道
200114_143116.jpg

15:26 忍野八海
200114_152622.jpg

今回コース
高指山鉄砲木石割実50.JPG

高指山鉄砲木実推移.JPG

石割山実推移.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント