2020/06/10 高尾山~小仏城山へ 小仏城四等三角点あった!

200610.jpg
4月の初めに塔ノ岳に登って以来、ちゃんとした山歩きはやってない。梅雨の前に一度登りたいなあーと思ってはいたが色々あってなかなか実行出来なかった。ニュースではもう梅雨に入るとか。慌てて行くことに決めた。塔ノ岳辺りに登りたいと思うがちょっと足に自信がない。先日 shimaさんと話した小仏先の駐車場に車を置き、景信山辺りを歩いてみようと出かけた。しかし、駐車場に着くともう車が一杯で駐車できそうにない。諦めて高尾山口の駐車場に車を止め、高尾山に行くことにした。上手くするとセッコクがみられるかもと思いながら、9時前に高尾山口を出発。登山者はそう多くないがそれなりに居る。六号路に入り、セッコクは・・・咲いていた。何時も写真を撮るが望遠がないので何時も綺麗に写真は撮れない。しかし、今年も撮った。何時もと一緒でやはりダメだった。以前、毎年ワンカップを持って来てセッコクを見ながら飲むの楽しみと言ってた爺さんが居たが、今年も来たのかな?なんて思いながら山頂へ向かう。前から人が降りて来て「え!」 nonboさんだった。何でここで会うの?約3ヶ月振りに山へ登りたく来たそうだ。混んでない早朝電車で来て、ラッシュが済んで混んでない時間に帰宅するそうだ。なるほど今はこれしかないだろう。私はずーっと公共交通機関は使ってない。早く自由になりたいものだ。別れて山頂へ。高尾山結構来てるが三角点の印象ないので探したら山頂表示のすぐそばに有った。日差しは暑い。夏だ。小仏城山へ向かう。登山者はぐっと少なくなる。この先はのんびり行ける所まで。花もあまりない。サイハイランがちょこちょこ咲いているだけ。11時過ぎに小仏城山到着。売店はやってない。木陰は風が通り涼しい。ここへ来ても富士山は雲の中。丹沢山系はまあまあだった。昼食を食べ景信山まで行くかとも思ったが、余りにも風が心地良く。そのままぼんやり。もう少し居ようかと思ったが朝と違い丹沢山系を雲が越えるようになってきたので天気があまり変わらない内に降りようと戻る事にした。気温は上がってるようだ。風が無いと暑い。下りは舗装道だがダラダラ下れる一号路にした。下りながらsanoさん、mryaさんと電話でおしゃべり、山頂ではykさんと、のんびり一人気儘歩きはいいもんだ。また来るかな!帰宅して高尾山の三角点写真探してみると過去の写真がった。初めての写真は小仏城山の小仏城四等三角点、今回ちゃんと写真を撮った。

高尾山(2等)<599m>、小仏城山(小仏城4等)<670m>
晴 14.3Km 731m -744m 単独

高尾山口駅8:52→9:02六号路入口→9:18セッコク見物
→9:26遭遇9:52→10:23高尾山10:29→10:56一丁平
→11:14小仏城山12:13→12:51裏高尾入口
→13:19山門13:33→14:13高尾山口

8:55 高尾山ケーブル駅
200610_085534.jpg

9:00 サイハイラン
200610_090005.jpg

9:02 六号路入口
200610_090218.jpg

9:19 セッコク やはりちゃんと写真撮れない
200610_091952.jpg

9:30 誰かと思えば
200610_093047.jpg

10:09 またもサイハイラン
200610_100927.jpg

10:24 高尾山二等三角点
200610_102413.jpg

10:24 山頂標識と三角点
200610_102449.jpg

10:25 富士山は雲の中
200610_102559.jpg

10:34 丹沢山系
200610_103431.jpg

11:04 すっかり夏
200610_110447.jpg

11:09 もうすぐ城山
200610_110932.jpg

11:14 城山山頂標識
200610_111443.jpg

11:15 初めて三角点認識
200610_111536.jpg

11:19 昼食
200610_111916.jpg

12:13 都心方面
200610_121350.jpg

12:29 丹沢山系を雲が越える
200610_122901.jpg

13:10 高尾山山門
200610_131051.jpg

13:36 都心方向
200610_133637.jpg

14:01 一号路もうすぐ到着
200610_140134.jpg

今回コース
実50.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント