2020/06/29 梅雨の晴れ間に小仏峠~陣馬山

200629.jpg
仲間から26日に「小仏へ行こうかな?」のメールがあったが筋肉痛でそれどころではなかった。あれから3日やっと筋肉痛もおさまり2週間ぶりに天気がよさそうなので行くことにした。梅雨の貴重な晴れ間、駐車場にはもっと車があるかと思ったが僅か二台だけだった。小仏行のバスの後ろを走ったが日陰沢で数人降り、小仏まで乗った人は居なかったようだ。雨の後なので沢の水は多い。植物の葉っぱもまだ濡れて生き生きしてる。サワギク、キツネノボタンが僅かに咲いている。約20分で誰もいない小仏峠、気温も低く気持ちがいい。靄っているが都心のビルも見え、ちょっと幻想的ないい景色だった。高尾へ向かうか、陣馬山へ向かうかちょっと考えるが陣馬山へ向かう。ジャノヒゲが蕾を持って目立つようになっていた。粘土質の場所は滑りそう。景信山の登りではオカトラノオが咲き始めていた。そしてウツボグサは咲いていた。あまり花が無い道なので嬉しい気持ちになった。景信山には人影無し。丹沢は雲海が出ており高い山に来た感じがする。ラッキーだった。スカイツリーもなんとか見える。15分ほどぼんやりして、陣馬山へ。尾根道はやはり風が通り、気持ちがいい。今回は全部巻道を歩く事にしたが、雨の後なので泥濘、意外と道が悪かった。おまけにガマ蛙が飛び出してびっくり、同じ場所付近で帰りにも会っており巣が近いのかな?堂所山は巻こうかと思ったが寄ることに、一人休憩してる人が居た先行者かな?底沢峠手前の伐採地は日差しがあるのでオカトラノオが多かった。ここまで来ると陣馬方面からのハイカーもチラホラ、陣馬山は人が多いのかな?ひょっとして誰かに会うかな?とか思いながら9時半に陣馬山に着いた。一組だけの山頂、意外だった。雲が出てて富士山は見えず。休んでいる間にポツリ、ポツリ人が現れてはいなくなる。静かな山頂だった。戻ろうと下りかけるとネジバナが咲いてる。トカゲもチョロチョロ、人間以外はコロナに関係ないんだよなー!来た道をマイペースでのんびり、やはり樹林に中、風が心地よかった。雨上がりは初めてで、ここまで泥濘が多いとは。下山して窟泥を落す道具が無く手洗いちょっとしんどかった
。もちろん、足癖が悪いのでズボンの裾は泥だらけだった。もう少し暑くなったら、もっと早い時間に来る様にすればいい。遠出出来なければそうしょうと思った。

景信山(2等)<727m>、堂所山<731m>、陣馬山<855m>
晴 16.8Km 942m -926m 単独

小仏峠登山口6:37→6:591小仏峠7:01→7:30景信山7:45
→8:33堂所山→8:59明王峠→9:33陣馬山9:52
→10:26明王峠→11:53小仏峠12:04
→12:24小仏峠登山口

6:36 空いてる駐車場
200629_063638.jpg

6:54 サワギキ
200629_065417.jpg

6:55 キツネノボタン
200629_065518.jpg

6:58 小仏峠
200629_065831.jpg

6:59 小仏峠からビル群
200629_065911.jpg

7:05 ジャノヒゲ
200629_070544.jpg

7:21 オカトラノオ
200629_072142.jpg

7:29 ウツボグサ
200629_072915.jpg

7:39 スカイツリーが見える
200629_073958.jpg

7:40 丹沢方面
200629_074021.jpg

7:40 高尾山、小仏城山
200629_074037.jpg

7:44 景信山にて
200629_074459.jpg

8:26 びっくりヒキガエル
200629_082641.jpg

8:34 堂所山
200629_083408.jpg

9:33 陣馬山
200629_093324.jpg

10:09 涼しい樹林帯
200629_100902.jpg

今回コース
実50.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント