2020/07/16 一月振り高尾山へ イワタバコが咲いていた

200716_094751イワタバコ.jpg
ずーっと天気が悪い、もう半月も山を歩いていない。昨日天気予報の曇で歩こうかと思い、朝起きると小雨・・・、諦めた。今日は・・・曇っているが降ってない。スタートが遅いから高尾山かな?前回から一月経ってるし、・・・高尾山にしよう。決まり!道が混んでおり9時半出発になった。コースは?何も考えず六号路へ。花は?アジサイにヤブミョウガ、クサノオウ、タマアジサイ・・・、結構咲いている。六号路に入って早々にうむ!イワタバコ?想定外の足元にイワタバコが二株。うつむいているので写真がうまく撮れない。こんな所に咲いていると言うことは琵琶滝辺りはいいかも!途中ダイコンソウが残ってる。チゴユリは緑の実が大きい。琵琶滝到着、探してみるがまだ花は少ない。それに上の方に数輪見えるだけ、滝の方は?ここもまだだ。昨年蛇滝でイワタバコを見たのでそちらも回ってみるかと六号路を止め、琵琶滝から一号路方面へ登ることにした。ここはきつい登り、汗が出る。うむ!ホコリダケがあった。ホコリダケは久し振りだ。最後の階段へ、人の声が聞こえてくる。上がった所の広場には人が休んでいる。そして大きなユリが咲いたばかりで綺麗だ。豪華だ。ギボウシ、そしてキキョウも咲いていた。ここから蛇滝に下る。約標高差150mの下り、咲いているかな?静かな下りだったが蛇滝に近づくと10人ほど登って来た。降りて行くと一人
カメラを構えている。咲いている。結構多く咲いていた。ここは斜面に結構咲いていて、花にも近づけるのでいい場所だ。でもいい場所はいいカメラを持った先行者に抑えられている。こちらは会えればいい。満足して一号路へ戻る。イワタバコの成果があったので「ここで下山する」とかちらっと思ったが、歩きが目的、高尾山へ。一号路を歩いているとホトホギスが咲いている。ジャノヒゲも。11時半に高尾山到着。人は余り多くないがそこそこ。買って来たおにぎりを食べて休憩。丹沢は全く見えなかった。20分程山頂に居て、下山開始。稲荷山コースにしようと思ったが六号路にした。ひょっとしたら何かあるかもと思ったのだが、何もなかった。残念。六号路の下り、階段部分は雨で濡れおり、歩き難かった。3時間半ほどの短い時間だったが、久々でストレス解消になった。今回は仲間と会わず。

高尾山<599m>
晴 9.9Km 939m -935m 単独

高尾山口駅9:27→9:42六号路入口→9:54琵琶滝
→10:18一号路合流10:22→10:40蛇滝10:45
→11:03一号路合流→11:14薬王院
→11:32高尾山11:53→12:01六号路口
→12:47琵琶滝→13:09高尾山口

9:34 ヤブミョウガとアジサイ
200716_093439ヤブミョウガ.jpg

9:42 コロナ対策(イノシシ親子が入れる間隔)
200716_094211.jpg

9:47 足元にイワタバコ
200716_094759イワタバコ.jpg

9:53 琵琶滝のイワタバコ  まだちょっと早い
200716_095341.jpg

9:56 琵琶滝
200716_095652.jpg

10:10 ホコリタケ
200716_101034ホコリダケ.jpg

10:17 一号路合流
200716_101757.jpg

10:18 合流地点から
200716_101838.jpg

10:21 豪華なユリ
200716_102119.jpg

10:38 蛇滝へ
200716_103853.jpg

10:42 蛇滝のイワタバコ
200716_104221.jpg

11:03 一号路へ戻って来た
200716_110303.jpg

11:06 山門 人は少ない
200716_110606.jpg

11:27 オカトラノオ
200716_112733オカトラノオ.jpg

11:32 高尾山
200716_113255.jpg

11:36 今日は・・・
200716_113600.jpg

11:59 キンミズヒキ
200716_115901キンミズヒキ.jpg

12:13 ぬかるんで
200716_121332.jpg

12:47 琵琶滝に戻った
200716_124737.jpg

12:59 お地蔵さん
200716_125951.jpg


今回コース
実25.JPG

実推移.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント