2020/11/06 西丸・石保土山・菰釣山 甲相国境尾根を歩く

201106.jpg
山を始めた頃会社の先輩okabさんに甲相国境尾根歩き(道の駅道志から山中湖の平野間)を誘われたがタイミングが合わず手つかずの山域、二年前の同じ時期 wnabeさんと菰釣山から大界木山間を歩いており、紅葉が綺麗だった記憶もあり今回の歩きも楽しみ。コースは山伏峠から入り菰釣間、最近知った西丸(神奈川新聞に載った「かながわ百名山」のひとつ)にも寄ることにした。山仲間の nishiさんも同行してくれる事になり車二台、登り口と降口に配車して自由度が大きくなり有難かった。6時に「道の駅道志」で待ち合わせ、一台を寄合橋に駐車、一台で山伏峠へ。山伏峠付近は紅葉の盛り、落葉で道も隠れ正に秋山だった。先ずは大棚ノ頭へ。早々にちょっとショートカットのヤブに入り、柔らかい落葉の足元を味わい下準備完了。正規道に戻って落葉とブナ林の景色の中を歩く。大好きだ。結構な直登の道で大棚ノ頭到着。大きな富士を期待したが樹木で隠され隙間から見えただけだった。しかし、曇天の富士山の景色は味わいがある。山頂から下って水ノ木分岐へ向かう途中の送電線鉄塔付近からは南側が開けて、下に広がる大棚沢流域の紅葉は素晴らしいものだった。そして左手に見える三角錐はこれから歩く西丸、確かに姿はいい。西丸へは水ノ木分岐標識からピーク(要所小屋ノ頭)へ登ってから南東に延びる尾根を下る。昔の地図には西丸の手前から北東に進路を変え金山沢へ下る道があったようだ。西丸へは80m程下って同じぐらい登り返す。途中にヤブもあり、熊の糞らしいのも二か所あった。最後はきつい急登だった。山頂は感じのいいブナ林の中のピーク、ここから先は常緑樹の森に変わる境。明るい森と暗い森が良く分かる。西丸へは往復40分ぐらいと思っていたが約1時間結構かかった。東丸もと思ったが調べると西丸から先でダニが居る情報で止めたが時間的のも東丸へは辛そう。やめて正解だった。尾根に戻って石保土山へ向かう。ブナは葉を落とし、落葉の尾根道、小さなアップダウン繰り返し石程土山に到着。ベンチと三角点があった。周りの山にちょっと雲が降りて来てちょっと寒いが長袖で歩くにはちょうどいい。道はトレラン用に直したとの事でちゃんとしてるがビニール土嚢袋は気をつけないと滑る。下り坂は慎重に下った。西沢ノ頭を通り、喋りながら歩くので樅ノ木沢の頭・・・通り過ぎたようだ。標識に気が付かなかったのか?戻ってみると岩がある所がそうだが?標識は無かった。ちょっとテープでマークそして進むと次のピークに樅ノ木沢の頭の標識。どうも間違って設置したようだ。明らかに1306mより低い。アップダウンを繰り返し進みブナ丸、ブナの名前が付いてるだけあって立派なブナの木が多くある様な気がした。ブナ丸からちょっと下がって一登りで菰釣山手前のピーク、ここで今日初めての人に出会うった。一人は距離計を持っていた。そしてここは菰釣山西峰と教えてくれた。三角点の様なものがあり見てみると「宮」のマーク、宮標石の様だ。そして一登り、菰釣山に到着、山頂には我々を入れて5人静かな山頂だった。ここからは富士山も綺麗に見られた。雲を背景に浮き上がったような姿を現してとても素敵な富士山だった。山頂に荷物をデポして三角点へ向かう。距離的には200mをちょっと越えた辺り、やはり人は入ってなくヤブっぽい。意外と尾根は広く、三角点は?二人で探すが?仕切り直しで慎重に探そう!「あれじゃない?」 nishiさんの声の方を見ると枯れ葉に埋もれて、それだ!見つけた!ゲット!写真を撮って引上げ、山頂で昼食を食べ30分ほどゆっくりした。雲が流れて景色は刻々変わり、その変化を楽しんだ。ここからの下山路は過去に一度歩いているので懐かしかった。避難小屋、ブナ沢乗越までは尾根の下りで楽しみながらの歩きだったがブナ沢乗越からの下りはブナ沢へのガレの下りで非常に歩き難かった。ここの30分弱が気持ち的に一番気を使った。林道に降りホッとした。ここからの道は傾斜も緩く、一層喋りながらの紅葉を楽しみながら落合橋へ。もうそろそろと思っているとキャンプ場に入りビックリ、テントだらけ!エ!朝は殆ど人も車も無かったと思ったが・・・明日は天気下り坂なのに?と。紅葉目当てなのかなあー!14時前に無事駐車場に到着。車で山伏峠の車を回収して本日の予定はうまく終了した。 nishiさんに同行してもらい念願の山行が出来、感謝です。今後このスイタイルの山歩き、他コースでも考えましょうと言う事になった。楽しみだ。

大棚ノ頭<1268m>、西丸<1227m>、石保土山<1297m>、
西沢ノ頭<1299m>、樅ノ木沢の頭<1306m>、
油沢ノ頭<1310m>、ブナノ丸<1339m>、菰釣山<1379m>、
菰釣山西峰<1375m?>、要所小屋ノ頭<1250m>
菰釣山付近(世附村一三3等)、石保土山(世附一四3等)
曇時々晴 13.2Km 936m -1245m
メンバ:nishiさん

山伏峠駐車6:31→6:47登山口→7:13大棚ノ頭7:19
→7:33水ノ木分岐→7:59西丸8:13
→8:38水ノ木分岐8:42→9:01石保土山9:08
→9:33西沢ノ頭→9:45樅ノ木沢の頭9:59
→10:21油沢ノ頭10:34→10:57ブナノ丸
→11:12菰釣山西峰11:15→11:19菰釣山11:25
→11:32三角点11:35→11:43菰釣山12:16
→12:35避難小屋→12:41ブナ沢乗越
→13:06林道→13:41落合橋


6:14 山伏峠手前から富士山
201106_061443.jpg

6:25 山伏峠トンネル
201106_062547.jpg

6:48 登山口スタート
201106_064843.jpg

6:57 早々ヤブ
201106_065753.jpg

7:00 大棚ノ頭登り途中の鉄塔から
201106_070014.jpg

7:17 大棚ノ頭にて
201106_071729.jpg

7:22 隙間から富士山
201106_072242.jpg

7:26 水ノ木分岐手前鉄塔から 西丸が見える
201106_072611.jpg

7:29 水ノ木分岐標識 この上にピークが分岐
201106_072930.jpg

7:34 西丸への尾根
201106_073446.jpg

7:39 ヤブぽく
201106_073917.jpg

8:00 常緑樹の手前が西丸
201106_080039.jpg

8:01 西丸にて
201106_080124.jpg

8:14 西丸付近
201106_081438.jpg

8:51 水ノ木分岐からの尾根道
201106_085142.jpg

9:03 石保土山(世附一四3等)
201106_090357.jpg

9:04 石保土山にて
201106_090434.jpg

9:18 尾根の下り
201106_091809.jpg

9:25 ホコリダケ
201106_092156.jpg

9:33 西沢ノ頭
201106_093334.jpg

9:36 リンドウの名残
201106_093653.jpg

9:40 尾根道
201106_094010.jpg

9:46 尾根に大きな石
201106_094653.jpg

10:00 大きな石の場所が樅ノ木沢の頭
201106_100002.jpg

10:06 おそらく場所が違う樅ノ木沢の頭
201106_100622.jpg

10:18 油沢ノ頭手前
201106_101847.jpg

10:23 油沢ノ頭
201106_102300.jpg

10:55 ブナノ丸へ登り
201106_105518.jpg

10:57 ブナノ丸
201106_105739.jpg

11:08 菰釣山西峰への登り
201106_110823.jpg

11:20 菰釣山
201106_112017.jpg

11:35 菰釣山付近(世附村一三3等)
201106_113514.jpg

12:16 菰釣山から富士山
201106_121641.jpg

12:35 菰釣避難小屋
201106_123550.jpg

12:44 ブナ乗越からの下り
201106_124448.jpg

13:06 林道手前
201106_130641.jpg

13:41 キャンプ場 紅葉
201106_134148.jpg

今回コース
西丸菰釣山道志実50.JPG

西丸菰釣山道志実推移.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント