10/08/29 常念岳、蝶ヶ岳へ(1/2) -オー!目の前に槍-

画像

穂高連峰と槍ヶ岳を眺める最高のロケーションとあ
る常念岳、蝶ヶ岳へブルースカイの山仲間と出かけ
た。北アルプスへはブルースカイとしては初めて。
例年だと台風が気になる時期だが、常念小屋からの
蝶ヶ岳への二日目は最高の天候になり、穂高連峰と
槍ヶ岳の姿を目一杯、又常念岳からは北アルプスの
雄大な展望を満喫できた。バンザイ!
(一日目)
豊科からのタクシーで前日は雷雨で激しい雨、落雷
があった話を聞き、なるべく早く今日の泊まり予定
の常念小屋まで上がりたいなあと、思いつつ一ノ沢
のヒエ平登山口からスタート。緩やかな樹林帯の中
を沢音を聞きながら、丸太橋を渡りながら登って行
く。下山者が多く一日ずらしてのスタート正解。鳥
帽子沢手前で頭上に常念と思われる山が見え、「あ
そこまで登るのか・・・」と、しかし緑と青天、す
ばらしい展望を期待し、ワクワク!
しかし、笠原沢へ着くころには山頂からガスが下が
ってきはじめた。笠原沢からは結構花が咲いており
、花を楽しめた。胸突八丁から沢を離れ急登、15
分弱で最後の水場に着いた。そこからジグザクに高
度を上げ11時半過ぎに常念乗越へ到着。ガスで展
望ナシ。小屋の手続きに向かう時目の前のガスが薄
くなり、槍が突然姿現し。オー!誰とはなしに声が
。泊まりはグループ個室になり、夕食までの間、テ
ラスで槍ヶ岳を見ながらビール(美味しい!)、近
くを散策(昼寝、団欒、景色変化)、自分の感覚と
違う時間の進みを実感させられた不思議な時間を味
わった。仲間もソウ感じたようで、なんなんだろう
。5時半から夕食、8時に明日の天気を期待して就
寝。

常念岳<2857m>、蝶ヶ岳<2677m>
20.3Km +2471m -2511m
29日 晴れ、霧   30日 晴れ 
メンバ:minaさん、komiさん、msakaさん、hiraさん

<29日>
ヒエ平登山口▲7:17→7:31山の神→7:43池→7:54休憩1452m8:05
→8:25大滝→8:53鳥帽子沢9:03→9:31笠原沢→10:02休憩1890m10:14
→10:36最後の水場10:48→11:38常念乗越▲常念小屋(1泊)
(6.2Km,+1371m,-236m)
<30日>
常念乗越▲5:07(朝日鑑賞)5:20→6:30常念岳6:49
→7:32休憩2600m地点7:45→8:20常2512地点8:30
→5:56休憩2592m地点9:14→9:36休憩9:40→10:10蝶槍10:23
→10:40横尾分岐→11:02蝶ヶ岳ヒュッテ▲11:48→11:54蝶ヶ岳11:58
→12:00分岐12:07→12:28最終ベンチ→12:46休憩12:53
→13:25蝶沢13:31→14:07まめうち平14:11→14:55恐竜15:02
→15:08力水15:19→15:28つり橋→15:38三股→15:47三股駐車場▲
(14.1Km,+1100m,-2275m)

30日分は 常念岳、蝶ヶ岳へ(2/2)
常念岳、蝶ヶ岳へ(2/2) はこちら!!

29日
7:05 ヒエ平登山口で
画像

7:31 山ノ神
画像

7:41 
画像

8:12 沢沿いを行く
画像

8:25 水場
画像

8:45 木立の間から 常念あれかな?
画像

8:53 鳥帽子沢
画像

   休憩タイム
画像

9:26 ガスが下がってきた!
画像

9:27 キオン
画像

9:37 トリカブト
画像

9:41 オヤマリンドウ
画像

9:50
画像

9:55 花一杯
画像

9:55 クガイソウ
画像

10:00 チョウジギク
画像

10:15 沢道
画像

10:16 センジュガンビ
画像

10:18 胸突八丁
画像

10:27
画像

10:45 最後水場 量多かった
画像

10:48
画像

10:58 ハリブキの実
画像

11:23 第三ベンチ付近
画像

11:37 コウメバチソウ
画像

11:42 常念乗越
画像

11:43 一瞬槍ヶ岳が
画像

12:37 常念小屋テラスから
画像

13:11 横通岳
画像

14:52 ケルン作ってみました
画像

画像

15:19 テラスからの花
画像

15:22 ガスが
画像

15:23 槍も隠れて
画像

続き 30日分は 常念岳、蝶ヶ岳へ(2/2)
常念岳、蝶ヶ岳へ(2/2) はこちら!!

今回コース
画像

画像




"10/08/29 常念岳、蝶ヶ岳へ(1/2) -オー!目の前に槍-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント