2019/12/11 益子 大郷戸アルプス と 高舘山(栃木百)

191211.jpg
<大郷戸アルプス>
shimi さんの誘いが有り、大郷戸アルプスに出かけた。時折自分では行きそうもない良い山へ連れて行ってもらい感謝している。今回は益子の雨巻山の西側の山塊、冨谷山の西尾根、東尾根を周回するコースだ。何時も三人だが今回はobさんも参加4人になった。2014年雪の安達太良山で一度お会いした事がある。予定より少し早くスタート地点の三ノ宮神社に到着、境内の中に駐車させてもらい、準備をして西尾根登山口に向かった。晴予報だったが雲がかかっている。畑の先に西尾根が紅葉して見える。尾根に鉄塔が二か所見えるがその先にある富谷山は見えない。荒町自然公園の標識がありそこが入口、山の方へ入って行くとトイレが有り、公園案内板、その先の小高い丘に上がると浅間神社があった。広場になっている。先の金毘羅神社は道からちょっとずれていた。修理したばかりで気の匂いがした。お参りして道に戻る。車道に出て横断し、左手に取り付き、再び山道になり、落葉の道を進む。足にやさしい山道だ。行燈峰への登りになると、やはり辛くなるが距離が短いのでなんとかなる。行燈峰は道から外れる場所、展望は無かった。手が入った青竹が複数放置されていた。なにかの行事に使うのかな?使った後なのかな?戻ってから次は鉄塔が現れる。展望はいい。周りの山の紅葉も丁度いい。雨巻山、高峯も見える。鉄塔から降りて登りになると夫婦坂の標識、傾斜も急で落葉の坂ちょっと九十九になっているが結構きつかった。二つ目の鉄塔を越えて332m峰、そこから下って登り返すと大郷戸四等三角点の場所だった。下って今度は大岩坂の登り、アップダウンを繰り返し、11時半前に富谷山に到着。富谷山山頂 360度展望地の標識があった。ここで三角点がここから100m先にあると勘違い、少し先にピークの山が見えるのでそこへ行ってみる事にした。イバラの木を避けヤブ漕ぎで、ありそうな場所を探すがが見当たらず。諦めて山頂表示のあった場所へ引き返した。すると丁度団体登山者が山頂に到着、話をしてるとこのアルプスを整備した廣澤さんご夫婦がガイドで歩いているグループだった。三角点は削り取られて今は無いそうだ。資料も頂き、いろいろ整備も
しているのでPR宜しくとの事だった。山頂からの展望を改めて見るとちょっと山頂に雲がかかっているが南に燕山、その右奥は筑波山、こんな位置にあるのかとビックリした。山頂で昼食を食べ、下山は東尾根を下る。落ち葉で敷き詰められた道を下って行く。傾斜はそうきつくない。右手は砕石場、標高差約160mほど下って100m程登り返せば回顧の峰(みかえり)に着いた。ここも展望はいい、確かに富谷山が見え回顧すると「あそこから歩いて来たんだ」と自分の足を褒めたい気分になる。ここからの下りに狸転げ坂の名前が付いていた。確かに、ロープがあって有難かった。アップダウンを来る返し、ちょっと開けた場所でふと振り返ると初めて大郷戸ダムが見えた。余り大きくなく農業用にダムかな?二つ目の鉄塔から下って登り返すと山本三等三角点、ここでobさんから三角点の面白さを教えてもらった。今後楽しくなりそう。obさんはマイナー12名山の11座も登ってるそうで、これまたビックリだった。さて行程は最終コーナー、山頂で教えてもらった新道を通り、山城跡へちょっと寄った。ここは何となく城跡かなと思えたが整備はされてなかった。下りて来ると、丁度山頂であった人達も下山、ばったり。なんか親しみを感じた。このコースは周回でき、整備された歩き易い道でありながらアルプスと言うだけにアップダウンが多く、それなりにハード、展望も
よく、いいコースだった。山好きに広まればいいなあと思った。この後ちょっと時間があるから近くの高舘山に寄ろうと言うことになった。栃木百名山だそうだ。

大郷戸(おおごうと)アルプス
富谷山<365m>、行燈峰<347m>、回顧峰<125m>
曇 13.2Km +929m -932m
メンバ:snoさん、shimiさん、obさん
三角点:大郷戸四等三角点、山本三等三角点

三ノ宮神社8:32→8:46自然公園入口→8:57浅間神社9:00
→9:08金比羅神社→9:33行燈峰分岐→9:36行燈峰9:43
→9:54鉄塔9:56→10:01夫婦坂→10:19「332m峰」
→10:29大郷戸四等三角点10:37→10:42[311m峰」
→10:57「326峰」10:59→11:03「354m峰」→11:20富谷山
→11:34三角点探し→11:45富谷山12:11→12:53回顧の峰13:03
→13:06狸転げ坂→13:14鉄塔→13:22大郷戸ダム展望
→13:31山本三等三角点13:44→13:48新道分岐
→13:52山城跡→14:06三ノ宮神社

8:25 三ノ宮神社
191211_082506.jpg

8:36 西尾根 富谷山方向鉄塔が見えるが
191211_083611.jpg

8:46 荒町自然公園標識
191211_084649.jpg

8:57 浅間神社
191211_085727.jpg

9:09 金毘羅神社
191211_090900.JPG

9:15 道路を横切 左手に取り付き
191211_091508.jpg

9:31 感じ良い道
191211_093137.jpg

9:36 行燈峰
191211_093626.jpg

9:54 一つ目鉄塔
191211_095424.jpg

9:55 鉄塔から 雨巻山 高峯
191211_095558.jpg

9:56 紅葉きれい
191211_095624.jpg

10:03 急坂の夫婦坂
191211_100314夫婦坂.jpg

10:07 落葉の道
191211_100730.jpg

10:15 二つ目鉄塔
191211_101554.jpg

10:19 332峰
191211_101906.jpg

10:30 大郷戸四等三角点
191211_103010.jpg

10:41 鏡岩
191211_104132鏡石.jpg

11:10 富谷山へのトラバース
191211_111059.jpg

11:13 富谷山への分岐
191211_111337.jpg

11:21 富谷山にて
191211_112136.jpg

11:32 三角点探しのヤブ漕ぎ
191211_113213.jpg

11:35 ヤブ探したが?
191211_113533.jpg

11:42 戻ります
191211_114259.jpg

12:05 燕山  筑波山
191211_120515.jpg

12:05 三角点を探した隣のぴーく
191211_120519.jpg

12:32 東尾根
191211_123212.jpg

12:47 砕石場
191211_124726.jpg

12:54 回顧の峰から富谷山
191211_125404回顧の峰.jpg

13:07 狸転び坂
191211_130746.jpg

13:15 東尾根一つ目鉄塔
191211_131503.jpg

13:19
191211_131925.jpg

13:22 大郷戸ダム
191211_132214.jpg

13:26 二つ目鉄塔
191211_132633.jpg

13:37 山本三等三角点
191211_133751.jpg

13:48 新道分岐
191211_134829.jpg

13:51 山城跡
191211_135120.jpg

今回コース
大郷戸アルプス実25.JPG

大郷戸アルプス実推移.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<高舘山>
shimi さん、時間があるから高舘山へ行ってみましょうかと、栃木百名山の一つとか。これで栃木百は14座目となった。駐車場の看板には西明寺城跡(高館城跡)とあり、南北朝時代の関東六城の一つ、南朝の最北端の拠点で、中世城郭の完全山城とあった。10分かからずに山頂へ。ベンチもあり、ちょっとした広場。展望はない。高舘三等三角点があった。周回して戻れるとの事でそうした。歩いていると堀切の様な場所もあり山城の様相を示していた。20分弱で栃木百名山、一つゲット。春に安戸山、若見山へ連れて行ってもらってるので今年三座行った事になる。

高舘山<301m>(栃木百名山)
曇 0.5Km +30m -43m
三角点:高舘三等三角点

駐車場14:28→14:34高舘山14:37→14:42駐車場


14:27 益子町公園案内
191211_142756.jpg

14:29 登ります
191211_142923.jpg

14:34 高舘山にて
191211_143427.jpg

14:34 高舘三等三角点
191211_143436.jpg

14:35 山頂広場
191211_143511.jpg

14:41 駐車場
191211_144156.jpg

今回コース
高舘山実25.JPG

高舘山実推移.JPG

"2019/12/11 益子 大郷戸アルプス と 高舘山(栃木百)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント